村上宗隆の学歴と経歴|出身高校中学校や小学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

プロ野球選手の村上宗隆さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。プロ野球界を代表するスラッガーの村上さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時の画像なども併せてご紹介いたします

 

村上宗隆(むらかみ むねたか)

 

 

2000年2月2日生

身長188㎝

血液型はO型

 

熊本県熊本市出身のプロ野球選手

本名同じ、愛称は「村神様」

 

以下では村上宗隆さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

村上宗隆の学歴~出身高校(九州学院高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:熊本県 九州学院高校 普通科 偏差値59(中の上)

 

 

 

村上宗隆さんの出身高校は、私立の共学校の九州学院高校です。

 

この高校は1911年開校のキリスト教系のミッションスクールです。

 

また部活動が盛んで剣道部や柔道部、硬式野球部、サッカー部などが県内では強豪として知られています。

 

この高校には一般受験ではなく、スポーツ推薦で入学した可能性が高そうです。

 

同校は以下の2つのコースを設置していますが、村上さんは普通科に在籍していました。

 

特進:偏差値62

普通:偏差値59

 

村上さんは高校に進学する際には、県外の複数の強豪校からも誘われています。

 

しかし自分が一番成長できる場所や環境を考えたときに、地元のこの高校が一番だと思い九州学院高校に進学を決めました。

 

 

ちなみにこの高校の野球部は他校のように授業料免除の制度などはありませんでしたが、あえて進学しています。

 

高校時代は野球部に在籍をしており、入学後すぐにレギュラーとなり、4番を任されるようになりました。

 

高校1年生だった2015年には夏の甲子園に出場を果たしていますが、4打数無安打で一回戦敗退という結果に終わっています。

 

 

プロ入り後の活躍からすれば意外に感じますが、村上さんは高校時代に甲子園に出場したのはこの1度きりです。

 

当時はライバルの秀岳館高校が非常に強く、高校2年生、3年生の夏には地方大会の決勝で秀岳館高校に敗れています。

 

村上さんは監督の坂井宏安さんから勧められたため、高校1年生の秋から捕手に転向をしています。

 

 

坂井さんは村上さんに野球に関しての頭脳を磨いてほしいという思いより、捕手に転向をさせたと語っていました。

 

このことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「仕事量が多いポジションなので、バッターとしては一番きついことをさせたのかもしれませんが、結果的には成功でしたね。」

 

村上さんは高校2年生の秋からはキャプテンを務めていました。

 

前記のように高校2・3年生の時には夏の地方大会の決勝で負けてしまっており、あと一歩のところで甲子園に出場を逃しています。

 

村上さんにとって高校時代は悔しい思い出の方が多いとのことですが、ライバルの影響でさらに上を目指して、成長することができたと高校時代を振り返っています。

 

 

また村上さんは高校時代に熊本地震を経験したことで、「熊本のために何かしたい」との思いが芽生えたことから復興支援活動をおこなっているそうです。

 

高校3年生だった2017年10月のドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから1位指名を受けました。

 

ちなみにその際は北海道日本ハムファイターズに入団した清宮幸太郎さんの外れ1位でした。

 

 

【主な卒業生】

勝野洋(俳優)

高良健吾(俳優)

杉本青空(お笑い・からし蓮根)

伊織(お笑い・からし蓮根)

FUJI(ミュージシャン・WANIMA)

 

村上さんは高校卒業後は大学には進学しておらず、東京ヤクルトスワローズに入団しています。

 

 

高校卒業後の進路については悩んだとのことで、インタビューで次のように話していました。

 

「いろいろと悩んだ末に、プロ志望届を提出することになりました。『一番上』で勝負します。」

 

村上さんは大学進学も考えたとのことですが、最終的には子供の頃からの自身の夢を諦めることができなかったと語っています。

 

またこの決断は周囲に流されることなく、自分で下したことを明かしていました。

 

プロ入り後の活躍は周知の通りで、東京ヤクルトスワローズの不動の4番打者になっています。

 

 

 

また2021年には侍ジャパンの一員として、東京オリンピックで金メダルを獲得しています。

 

将来はMLBも視野に入れており、今後の活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

村上宗隆の学歴~出身中学校(熊本市立長嶺中学校)の詳細

 

出身中学校:熊本県 熊本市立長嶺中学校 偏差値なし

 

 

 

村上宗隆さんの出身中学校は、地元熊本市内の公立校・熊本市立長嶺中学校です。

 

中学校に進学後はシニアリーグの熊本東リトルシニアに所属をして、硬式野球をはじめています。

 

 

そして後にこのチームのキャプテンを務めています。

 

当時練習で使用していたグラウンドの右翼が約80mほどと少し狭かったため、隣の民家や小屋にボールが当たることがありました。

 

しかし村上さんはこのことで一度も怒られたことはなかったと語っており、地元の人々から温かく見守られていたというエピソードを明かしています。

 

また当時から負けず嫌いだったため、野球の練習が終わった後でも1人でグラウンド残り納得するまで素振りを繰り返していたこともありました。

 

そして村上さんは中学校2年生のときには九州選抜に選ばれており、台湾遠征なども経験しています。

 

【主な卒業生】

谷口彰悟(サッカー日本代表)

車屋紳太郎(サッカー元日本代表)

 

スポンサードリンク

 

村上宗隆の学歴~出身小学校(熊本市立託麻南小学校)の詳細

 

 

出身小学校:熊本県 熊本市立託麻南小学校

 

 

 

村上宗隆さんの出身小学校は、地元熊本市内の公立校・熊本市立託麻(たくま)南小学校です。

 

家族構成は両親と兄、弟の5人家族です。

 

村上さんは物心ついた頃からすでにボールを握っていたとのことで、キャッチボールをはじめたのは4歳の頃でした。

 

兄がクラブチームに所属をして野球をしていたため、その影響を受けています。

 

村上さんも小学1年生になると兄と同じチームに入って、本格的に野球をはじめました。

 

小学4年生のときから託麻南小野球クラブに所属をしています。

 

 

なお村上さんは中学に入学するまでは特別体は大きくなかったと話していました。

 

以上が村上宗隆さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

プロ入り後は順調に成長を遂げて、日本のプロ野球を代表する強打者になっています。

 

 

また将来的には大谷翔平さんのようにMLBで活躍できるポテンシャルも秘めています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ