ダルビッシュ有の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値とカッコイイ学生時代の画像

 

野球選手のダルビッシュ有さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。MLBでも大活躍のダルビッシュさんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のカッコいい画像なども併せてご紹介いたします

 

ダルビッシュ有(だるびっしゅ ゆう)

 

 

1986816日生

身長195.6㎝ 体重99.8kg

血液型はA型

 

大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手

本名はダルビッシュ・セファット・ファリード・有

 

以下ではダルビッシュ有さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

3人兄弟の長男で、弟はダルビッシュ翔と元俳優のKENTA 

2004年のドラフト会議で、日本ハムファイターズからドラフト1位で指名されて入団。 

日本ハムでは入団2年目からエースとして活躍し、最優秀防御率2回と奪三振王3回、最高勝率1回のタイトルを獲得。 

2009年のWBCでは決勝戦の勝利投手になる。 

2012年にMLBのテキサス・レンジャーズにポスティング移籍。

MLBでも入団以来3年連続二けた勝利を記録していたが、2015年に右ひじの故障でトミー・ジョン手術を受ける。

20177月にロサンゼルス・ドジャーズにトレードで移籍。 

私生活では2007年にタレントの紗栄子と結婚し、2人の息子ができたが2012年に離婚。 

後に格闘家の山本聖子と再婚し、長男が誕生した。

 

ダルビッシュ有の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:宮城県 東北高校 スポーツコース 偏差値42(容易)

 

 

 

ダルビッシュ有さんの出身高校は、私立の男子校(当時)の東北高校です。

 

この高校は1894年開校の私立の伝統校です。

 

また同校はスポーツが盛んで、硬式野球部やゴルフ部、陸上部などが全国的な強豪として知られています。

 

加えてこの高校は以下の5つのコースを設置していますが、ダルビッシュさんはスポーツコースに在籍していました。

 

創進:偏差値57

文理:偏差値46

スポーツ:偏差値42

総合:偏差値40

文教:偏差値40

 

ダルビッシュさんは大阪府羽曳野市出身ですが、中学時代に世界大会で活躍したことから複数の全国の高校野球の強豪校からスカウトを受けていますが、この高校に進学しています。

 

 

そのため高校時代は3年間にわたって野球部の寮で生活していました。

 

同校での野球の練習についてインタビューで次のように話しています。

 

「東北高では、いわゆる強豪校の練習をみんながしていたけど、僕はしませんでした。納得がいかない練習は絶対にしたくないと強く思っていたので、ウサギ跳びとかそういう類いの練習は一切しませんでした。」

 

ダルビッシュさんはこの頃は膝の成長痛もあり、できない練習メニューも多かったようです。

 

高校時代は誰にも染まらずに自身で考えて行動する力がついたそうです。

 

また高校生の頃は変化球で遊びまくっていたそうで次のように話しています。

 

「遊びまくっていた時代だったので。変化球で。縦スラで何種類も遊びで投げて、カーブでもナックルでもありとあらゆる球を投げていました」

 

また高校時代の楽しかった思い出についてインタビューで次のように話していました。

 

「寮でみんなで話しをしたり風呂に入ったり。その思い出のほうが大きいです。真壁(=賢守・東北福祉大)ともよく遊んだなぁ。楽しい思い出ですね」

 

野球部では1年生の秋からエースで背番号1番をつけていました。

 

 

高校2年生だった2003年の春の選抜ではじめて甲子園に出場しましたが、3回戦で埼玉県の花咲徳栄高校に敗れています。

 

またこの年の夏の甲子園にも出場して決勝まで進出しましたが、茨城県の常総学院高校に2-4で惜敗しています。

 

 

ただしこの準優勝で大きな注目を集めたことから、将来のドラフト1位候補になっています。

 

高校2年生の秋からは野球部のキャプテンを務めました。

 

優勝候補として出場した2004年の春の選抜では、準々決勝で愛媛県の済美高校に6-7で競り負けています。

 

またこの年の夏の甲子園では1回戦で熊本工業高校を相手に、ノーヒットノーランを記録しています。

 

 

しかし3回戦で千葉経済大学附属高校に1-3で敗れています。

 

 

最後の大会では肩を痛めていたことから納得のいく球を投げることが難しかったようですが、高校生ながら150kmも計測しています。

 

このようにダルビッシュさんは高校時代に4度甲子園に出場していますが、目標としていた優勝はできませんでした。

 

甲子園についてはインタビューで次のように振り返っています。

 

「甲子園はいまもすごくいい経験として残っています。何より、普段対戦出来ないような強豪校と戦えるのがうれしかった。より強いチーム、よりいい打者と対戦したいという思いは、あの頃から持っていた。」

 

このような活躍から高校3年生の時には、ドラフト1位で日本ハムに指名されています。

 

 

キャンプ中に未成年だったにも関わらずパチンコ店で喫煙をして高校は無期停学処分となっています。

 

 

そのため卒業式には出席することができずに同級生より1週間遅れて卒業をしています。

 

 

【主な卒業生】

羽生結弦(フィギュアスケート選手)

荒川静香(フィギュアスケート選手)

宮里藍(プロゴルファー)

 

高校卒業後は日本ハムファイターズに入団しているので、大学などには進学していません。

 

以降の活躍は周知の通りで、日本ハムファイターズ時代は絶対的エースとして君臨しています。

 

またWBCで侍ジャパンの優勝にも貢献しています。

 

 

2012年にメジャー移籍後もエース級として活躍しています。

 

私生活では2007年に女優の紗栄子さんと結婚しましたが、2012年に離婚しています。

 

 

その後は総合格闘家の山本聖子さんと事実婚をしていますが、後に入籍しています。

 

 

2017年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

こちらはチャンネル登録者数が50万人を超えるほどの人気になっています。

 

スポンサードリンク

 

ダルビッシュ有の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大阪府 羽曳野市立峰塚中学校 偏差値なし

 

 

 

ダルビッシュ有さんの出身中学校は、地元大阪府羽曳野市内の公立校・羽曳野市立峰塚中学校です。

 

中学時代も野球に打ち込んでいますがこの中学校の野球部ではなく、ボーイズリーグ全羽曳野に所属していました。

 

中学2年生から、本格的に投手に専念しています。

 

 

すると中学3年生の時には全国大会でベスト8になっています。

 

また日本代表として世界大会にも出場しており、3位になっています。

 

そのため当時からプロ注目の逸材と報道されています。

 

ちなみに中学時代のダルビッシュさんは清原和博さんの大ファンでした。

 

加えて中学時代の活躍から50以上の野球の強豪校にスカウトされています。

 

その際には「親元から離れて寮生活できること」と「上下関係が緩いこと」を条件に、東北高校と上宮太子高校(大阪府)、広陵高校(広島県)、東海大学菅生高校(東京都)、前橋育英高校(栃木県)の5校に絞っていますが、最終的には東北高校に進学しました。

 

【主な卒業生】

角田信朗(空手家)

 

スポンサードリンク

 

ダルビッシュ有の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:大阪府 羽曳野市立羽曳が丘小学校

 

 

 

ダルビッシュ有さんの出身小学校は、地元羽曳野市内の公立校の羽曳が丘小学校です。

 

家族構成は両親と2人の弟の5人家族です(3人兄弟の長男)。

 

 

イラン人の父親は元サッカー選手だったそうで、母親は英会話教室を経営しているようです。

 

そのため自宅では英語で話していた時期があるそうです。

 

母親からは「あんたは小さな頃からとにかく変わっていた」と言われたそうで、自身でもちょっと変わった子だったと自覚しているそうです。

 

 

常識にはとらわれないような子供だったようで、インタビューでは次のように話しています。

 

「誰かから怒られる時とか、誰でもそうなんですけど、自分たちの常識で怒ってくるじゃないですか。なんの根拠もない常識、自分たちの価値観だけでワーッと言われるのが小学校の頃からすでに疑問に思っていて、フラストレーションになっていたのは覚えています。」

 

またダルビッシュさんは幼少期から野球に興味を持っており、地元の野球チーム「羽曳野イーグルス」に所属をしていました。

 

アイスホッケーもやっており、小学校の低学年までは野球と掛け持ちの状態でした。

 

 

以上がダルビッシュ有さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

野球選手としてはもはや説明不要で、日本のプロ野球のほかMLBでもエース級の投手として活躍しています。

 

 

またたびたびツイッターなどで情報発信をおこなって話題になっています。

 

今後の大きな活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ