吉田正尚の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

プロ野球選手の吉田正尚さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。日本を代表する強打者の吉田さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

吉田正尚(よしだ まさたか)

 

 

1993年7月15日生

身長172.7㎝

血液型はB型

 

福井県福井市出身のプロ野球選手

本名同じ、愛称は「マッチョマン」

 

以下では吉田正尚さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

吉田正尚の学歴~出身大学(青山学院大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:青山学院大学 社会情報学部 偏差値58(中の上)

 

 

 

吉田正尚さんは高校卒業後は、私立大の青山学院大学に進学しています。

 

吉田さんは高校卒業後にプロの道に進むという選択肢もありましたが、早い段階からこの大学の監督から目に止めてもらっていたこともあってこの大学に進学をしています。

 

恐らくは一般受験ではなく、野球のスポーツ推薦での入学でしょう。

 

この大学に入学後の入寮式での挨拶では、吉田さん1人だけ「プロになるために来ました」と断言をしました。

 

 

大学の野球部では大学1年生の春から4番を打っており、東都大学野球春季リーグでは指名打者としてベストナインに選出されています。

 

また大学2年生の7月には第39回日米大学野球選手権大会の日本代表として選出されました。

 

大学3年生の時には第27回ハーレムベースボールウィークの日本代表に選出されており、大学4年生の6月に2015年ユニバーシアードの日本代表に選ばれています。

 

 

吉田さんは大学時代には、ウエイトトレーニングに力を入れて取り組んでおりトレーニングを重ねて、フィジカル強化をおこなっています。

 

その結果、高校卒業時には69kgだった体重は10kgほど増えて80kg台になっていました。

 

2015年にはオリックスから1位指名を受けて、プロ入りを果たしています。

 

 

以降の活躍は周知の通りで、プロ野球でも日本を代表する強打者のひとりに成長しました。

 

 

 

2022年12月にはMLBのボストン・レッドソックスと5年総額約126億円の大型契約を結んで大きな話題になっています。

 

MLBでの活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク

 

吉田正尚の学歴~出身高校(敦賀気比高校)の詳細

 

出身高校:福井県 敦賀気比高校 偏差値46~54(コース不明のため)

 

 

 

吉田正尚さんの出身高校は、私立の共学校の敦賀気比(つるがけひ)高校です。

 

この高校は1986年開校の私立高校で、硬式野球部が甲子園の常連として知られています。

 

また同校は以下の2つのコースを設置していますが、吉田さんがどちらのコースに在籍したかは不明です。

 

特別進学:偏差値54

進学:偏差値46

 

高校入学前に吉田さんを見た監督からは「一年ですぐに4番を打つ準備をしておいてくれ」と伝えられるほど期待をされていました。

 

 

入学後には4番右翼手としてレギュラーを獲得しており、高校1年生の夏は甲子園に出場を果たしました。

 

甲子園では初戦で敗退していますが、同じ年の秋には福井県大会優勝や北信越大会準優勝など主戦力として大きくチームに貢献しています。

 

吉田さんのあまりの打球の強さで、別の高校の一塁手が鎖骨を骨折したというエピソードもあるほどです。

 

また高校2年生の春にセンバツへ出場しており、二季連続の甲子園出場を果たすと、打率3割を超える活躍をしました。

 

そしてチームのベスト8入りに貢献をしています。

 

 

大学3年生の時にはスランプに陥っていますが、高校通算52本塁打を放ちました。

 

吉田さんは目立って足が速いわけでもなく、守備が上手いわけでもありませんでしたが、強く振れるということが評価をされて青山学院大学の小野平さんによってスカウトをされています。

 

【主な卒業生】

内海哲也(元プロ野球選手)

西川龍馬(プロ野球選手・広島カープ)

山崎颯一郎(プロ野球選手・オリックスバファローズ)

 

スポンサードリンク

 

吉田正尚の学歴~出身中学校(福井市立足羽中学校)の詳細

 

出身中学校:福井県 福井市立足羽中学校 偏差値なし

 

 

 

吉田正尚さんの出身中学校は、地元福井市内の公立校・福井市立足羽(あすわ)中学校です。

 

中学時代はボーイズリーグの鯖江ボーイズに在籍をしてプレーしていました。

 

当時の吉田さんは今ほどがっちりとした体格ではなく、それほど目立つ選手ではありませんでした。

 

【主な卒業生】

川本真琴(シンガーソングライター)

脇本雄太(競輪選手)

 

吉田正尚の学歴~出身小学校(福井市立麻生津小学校)の詳細

 

出身小学校:福井県 福井市立麻生津小学校

 

 

 

吉田正尚さんの出身小学校は、公立の福井市立麻生津(あそうづ)小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

吉田さんは小学1年生の時に地元の軟式チーム「麻生津ヤンキース」に入団をして野球をはじめています。

 

当時のポジションはキャッチャーでした。

 

この頃からメジャーリーグの試合を見る機会が多かったことから、メジャーリーガーのフルスイングに影響を受けています。

 

当時の吉田さんはホームランを打つというより、「遠くへ飛ばしたい」という気持ちを強く持っていました。

 

スイングスピードを速くすれば吉田さんの小さな体であっても遠くへ飛ばせるのではないかと思って、小学2年生の時には中学生が使うような重さのあるマスコットバットを父親に誕生日プレゼントとして購入してもらっています。

 

最初は重いバットを上手く振ることはできませんでしたが、「この重いバットが軽く感じられるようになりたい! このバットを使っても体がぶれることなく振れるようになりたい!」という一心で毎日バットを振り続けたといいます。

 

吉田さんは小学校の卒業文集は将来の夢は大リーガーだと記載をしています。

 

以上が吉田正尚さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

オリックスバファローズ時代は2度の首位打者を獲得したほか、東京オリンピックでの金メダル獲得にも貢献しました。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ