錦織圭の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

テニスプレーヤーの錦織圭さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。全米オープン準優勝など日本人男子選手として前人未到の活躍を見せる錦織さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

錦織圭(にしこり けい)

 

%e9%8c%a6%e7%b9%94%ef%bd%8e

 

19891229日生

身長178㎝ 体重75

血液型A型

 

島根県松江市出身のプロテニス選手

 

以下では錦織圭さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

錦織圭の経歴・プロフィールの略歴

 

1989年(0歳):島根県松江市で生まれる

1990年(1歳):水泳を習いはじめる

1992年(3歳):英会話を習いはじめる

1993年(4歳):サッカーをはじめる

1994年(5歳):テニスをはじめる

2003年(14歳):IMGアカデミーでトレーニングをするためにアメリカ留学

2006年(17歳):全米オープン男子ジュニアダブルスで日本人男子史上初の4大大会ジュニア優勝

2006年(17歳):ジャパンオープンでプロデビュー

2007年(18歳):デルレイビーチ国際テニス選手権でツアー初優勝

2011年(22歳):世界ランク30位を記録し日本人歴代最高位を更新

2014年(25歳):全米オープンでアジア選手初となるグランドスラムの決勝進出

2015年(26歳):自己最高位の世界ランク4位を記録

2016年(27歳):リオデジャネイロオリンピックでは銅メダルを獲得

2020年(31歳):ファッションモデルの観月あこと結婚

 

錦織圭の学歴~出身高校(青森山田高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:青森県 青森山田高校 通信制課程 偏差値なし

 

 

 

錦織圭選手の出身高校は、私立の青森山田高校です。

 

この高校は1918年開校の私立高校です。

 

またスポーツコースを設置しているので部活動が盛んで、サッカー部や硬式野球部、卓球部などが全国的な強豪として知られています。

 

錦織さんは中学時代から渡米していたことから、同校の通信制課程に入学をして高校卒業資格を取得しています。

 

中学時代からアメリカ・フロリダ州にある完全寄宿制のテニス選手養成学校であるIMGアカデミーに在籍しており、高校時代もこちらの養成学校に在籍してテニスに打ち込んでいます。

 

(錦織さんは左端)

 

IMGアカデミーでは高校進学の頃にトップチームに昇格しています。

 

高校1年生だった2006年に全仏オープン男子ジュニアダブルス部門において、日本人男子史上初の4大大会ジュニア優勝を実現したことでラファエル・ナダルさんの練習相手として指名されています。

 

 

高校2年生の時にはプロ転向を表明しており、ジャパンオープンでプロデビューを果たしています。

 

 

その際の記者会見では、尊敬する選手はロジャー・フェデラーさんだと述べています。

 

そして錦織さんは翌年には早くも「デルレイビーチ国際テニス選手権」でツアー初優勝を遂げており、当時のことについてインタビューでは次のように振り返っています。

 

「ツアーの予選を勝ったら喜んでいたレベルだったので、うれしいも何も、信じられない以上のものだった。ただ、あれが出発点だったことは間違いない」

 

 

このように高校時代は世界を転戦してテニスプレーヤーとして急成長していますが、勉強もコツコツとおこなって無事に高校は卒業しています。

 

【主な卒業生】

福原愛(卓球選手)

柴崎岳(サッカー元日本代表)

西島隆弘(AAA)

彩香(りんご娘)

 

なお錦織さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、テニスに専念しています。

 

選手生命が比較的短いテニスプレーヤーは大学に進学することはあまりありませんから、錦織さんも同様の道を進みました。

 

以降もテニスプレーヤーとして進化を続け、24歳だった2014年の全米オープンではジョコビッチ選手らを倒してアジア出身選手としては初となるグランドスラムの決勝に進出しています。

 

 

決勝では惜しくもチリッチ選手に敗れましたが、日本中を興奮の渦にしています。

 

 

さらに2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、3位決定戦でナダル選手を破って銅メダルを獲得しています。

 

%e9%8c%a6%e7%b9%94%e3%80%80%e9%8a%85

 

以降はケガにも苦しめられますが、長らく世界の第一線で活躍しています。

 

2020年12月にはファッションモデルの観月あこさんと結婚して、大きな話題になっています。

 

 

テニスプレーヤーとしてはキャリアの終盤に差し掛かっていますが、間違いなく錦織さんは日本のテニス界の底上げに貢献したレジェンドです。

 

 

もう一花咲かせてほしいところですね。

 

観月あこ(山内舞)の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|富山美少女図鑑に掲載されていた

 

スポンサードリンク

 

錦織圭の学歴~出身中学校(開星中学校)の詳細

 

出身中学校:島根県 開星中学校 偏差値48(やや容易)

 

 

 

錦織圭さんの出身中学校は、私立の共学校の開星中学校です。

 

この中学校は1994年開校の私立校で、スポーツが盛んなことで知られています。

 

錦織さんは13歳だった2003年1月に、候補生の一人として世界のトッププレーヤーを選出している名門のIMGアカデミーでトレーニングをするためにアメリカに留学をしています。

 

 

アメリカでは日本と比べて雑念が消えることで、テニスに集中できる環境づくりができるそうです。

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「13歳の渡米時は、朝は4時間、日中は2~3時間ほど練習する日々を送っていて、そうした生活を続けるうちに、ジュニアの頃から『将来は絶対に世界的に活躍する』と確信が持てるようになりました。」

 

錦織さんはアメリカから帰国した時には母親が作る手料理が楽しみだったそうで、インタビューでは次のように話しいています。

 

「母は、いろいろ栄養を考えて料理を作ってくれたり、学校の勉強を教えてくれたり、どちらかというと、テニス以外のことが中心でしたね。子どもの頃、すごく体が小さかったのですが、テニスを続けるに当たって、大きな体が必要になってくるので、こうして成長できたのは食事面のサポートが大きかったと思います。13歳からアメリカに行きましたが、帰国した時の母の食事は、毎回楽しみにしていました」

 

このように渡米後はほとんど同校に通学できなくなっていますが、学校側も錦織さんを厚くサポートしており、帰国時のスクーリングやレポート提出などで中学校を卒業しています。

 

スポンサードリンク

 

錦織圭の学歴~出身小学校(松江市立乃木小学校)の詳細

 



 

出身小学校:島根県 松江市立乃木小学校

 

 

 

錦織圭さんの出身小学校は、地元島根県松江市内の公立校の松江市立乃木小学校です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

 

父親はサラリーマンで、母親はピアノ講師をしているごく普通の家庭に育ちました。

 

両親はテニス経験者ですが趣味程度だったようです。

 

4歳年上の姉の玲奈さんは高校時代にインターハイに出場経験もあり、現在はテニスコーチを務めているそうです。

 

錦織さんの家庭の教育方針は「子どもには好きなことをやらせる」ことだったそうです。

 

そのため錦織さんは幼い頃にはテニスだけでなく、1歳の時に水泳をはじめており、3歳の時には英会話、4歳でサッカーを習い始めています。

 

ほかにも野球も習っていたそうですが、英会話は好きではなかったようで1年ほどで辞めています。

 

5歳の頃にテニスをはじめていますが、いつも姉と共にテニスをしており子供の頃は勝てない日々が続いたそうです。

 

 

この頃から錦織さんは負けず嫌いだったそうで11歳の頃には姉に勝てるようになったそうです。

 

10歳の頃にはH・アラジさんに憧れておりインタビューで次のように話しています。

 

「アラジは僕が初めて気に入った選手だったと思う。10か11歳の頃にテニスの大会を見始めて、小さいころにジャパン・オープンを観に行った。彼が当時そこでプレーをしていて、試合を観たらすごくおもしろかった」

 

 

アラジさんの試合はサーカスを見ているような感覚だったそうで、テニスが面白いスポーツだと感じたそうです。

 

以上が錦織圭さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

言うまでもなくここまで傑出した日本人男子プレーヤーはおらず、その活躍は奇跡というはかなく、もうこのような選手はしばらく出ないでしょう。

 

 

今後も世界ランクTOP3入りやグランドスラム初優勝、マスターズ1000初優勝などの目標を掲げる錦織さんの快進撃に期待です。

 

観月あこ(山内舞)の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|富山美少女図鑑に掲載されていた

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ