戸郷翔征の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかっこいい画像

 

プロ野球選手の戸郷翔征さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。ドラフト下位指名ながら主力選手に成長した戸郷さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

戸郷翔征(とごう しょうせい)

 

 

2000年4月4日生

身長187㎝

血液型はAB型

 

宮崎県三股町出身のプロ野球選手

読売ジャイアンツ所属

本名同じ

 

以下では戸郷翔征さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

目次

戸郷翔征の学歴まとめ

 

出身大学:進学せず

出身高校:聖心ウルスラ学園高校

出身中学校:都城市立妻ケ丘中学校

出身小学校:三股町立三股西小学校

 

戸郷翔征の学歴~出身高校(聖心ウルスラ学園高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:宮崎県 聖心ウルスラ学園高校 偏差値41~49(コース不明のため)

 

 

 

戸郷翔征さんの出身高校は、私立の共学校の聖心ウルスラ学園高校です。

 

この高校は1955年開校のカトリック系のミッションスクールです。

 

また部活動が盛んで、特に硬式野球部は県内でも強豪として知られています。

 

加えて同校は以下の3つのコースを設置していますが、戸郷さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

特別進学:偏差値49

看護:偏差値43

総合:偏差値41

 

ただし看護コースは5年制なので、それ以外のコースに在籍していました。

 

戸郷さんは野球の強豪校から誘われましたが、地元で甲子園に出たいという思いからこの高校に進学をしています。

 

 

高校に入学後は食事を含めた体作りに専念する傍ら、1年生の6月からは対外試合にも出場をしていました。

 

高校1年生の秋からベンチ入りをしており、冬には体力強化のためトレーニングを強化しており、食事面でも厳しい指導を受けていたようです。

 

その結果体は大きく変化をしておりピッチングが見違えるように変化をしていき、高校2年生からはチームのエースとして活躍をしています。

 

そしてノーシードから県大会を勝ち抜いて、同じ年の夏の甲子園に出場を果たしています。

 

 

甲子園では2回戦で聖光学院高校に敗れていますが、もう一度甲子園に来たいと思ったことがプロ野球選手の夢に近づいた瞬間だったといいます。

 

戸郷さんの中で目標が明確となって、練習はこれまでよりもストイックになり、与えられたメニューに加えて新しい球種の習得にも励んでいました。

 

高校3年生の夏には、甲子園への出場を逃しましたが宮崎県選抜の一員として出場をしたU-18高校ジャパンと練習試合をした際に好投を見せました。

 

 

そして2018年10月に開催されたドラフト会議で、読売ジャイアンツから6位指名をされています。

 

 

【主な卒業生】

小池夏美(タレント)

 

なお戸郷さんは高校卒業後は大学には進学せずに、読売ジャイアンツに入団しました。

 

プロ入り2年目の2020年に先発ローテーションに定着して9勝を挙げる活躍をしています。

 

2022年には初の二桁勝利(12勝)を挙げました。

 

 

 

2023年のWBCでは侍ジャパンのメンバーにも選出されています。

 

今後の活躍にも期待ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

戸郷翔征の学歴~出身中学校(都城市立妻ケ丘中学校)の詳細

 

出身中学校:宮崎県 都城市立妻ケ丘中学校 偏差値なし

 

 

 

戸郷翔征さんの出身中学校は、宮崎県都城市内の公立校・都城市立妻ケ丘中学校です。

 

中学時代は軟式野球部に在籍をしていました。

 

中学1年生の時には捕手、中学2年生からは投手としてプレーをしています。

 

 

戸郷さんは投手に転向してからはコントロールの練習に重点を置いており、1球1球意識をして丁寧に投げ込んでいました。

 

また捕手だった経験を活かしており、「配球を考えながらやってましたね。自分の投げたい球をよく投げられてました」とインタビューで語っていました。

 

戸郷さんはできる限り多くの投手の映像を見るように心がけており、当時はダルビッシュ有さんに憧れていました。

 

ただし中学時代は全国大会出場などの実績は挙げていませんが、体の大きさや素質の高さが注目されて、高校野球の複数の強豪校から勧誘されています。

 

なお戸郷さんは子供の頃からプロ野球選手になることが将来の夢でしたが、恥ずかしくて中学生の頃は口にすることができずに周囲にはパイロットや漁師と答えていました。

 

【主な卒業生】

東国原英夫(タレント、元宮崎県知事)

吉田セイラ(ファッションモデル)

 

 

スポンサードリンク

 

戸郷翔征の学歴~出身小学校の(三股町立三股西小学校)詳細

 

出身小学校:宮崎県 三股町立三股西小学校

 

 

 

戸郷翔征さんの出身小学校は、地元三股(みまた)町内の公立校・三股町立三股西小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

 

幼稚園の頃には水泳を習っていました。

 

また戸郷さんは母親がやっていたバレーボールについて行って、たまに試合にも出場させてもらっており水泳やバレーボールの経験が肩甲骨や肩の可動域が広がったことに繋がっているとインタビューで語っていました。

 

子供の頃は山や川などの自然にもたくさん触れており、インタビューでは次のように振り返っていました。

 

「ずっと走り回ってましたね。ちょっと田舎ではあるので走って山を登ったり、釣りが好きなので、1人で釣りをしたり、友達と釣りに行ってそのままの勢いで泳いだりとかもしてましたかね」

 

加えて父親が野球の経験者だったこともあり、父親と兄の影響で野球が身近な存在でした。

 

父親は男児が生まれたら野球をさせると決めていたようです。

 

戸郷さんは小学1年生のなると自然に軟式野球チーム「三股ブルースカイ」で野球をはじめています。

 

小学校時代のポジションは主にキャッチャーでした。

 

 

小学生の頃には自宅の裏にある駐車場で、父親が魚釣りで使用していたネットを投球ネットに改良して毎日投げ込んでいました。

 

走り込みをする際には両親が後ろから自転車や車で伴走をしてくれたといいます。

 

以上が戸郷翔征さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ドラフトでは下位指名ながら、プロ入り後は順調に成長して所属する読売ジャイアンツでは先発ローテーションの柱になっています。

 

また侍ジャパンのメンバーにも選出されており、WBCなどでの活躍も期待されています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次