大谷翔平の学歴と経歴|高校中学校や小学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

プロ野球選手の大谷翔平さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。メジャーリーグでも「二刀流」で活躍している大谷さんですが、学生時代は野球ばかりではなく勉強も得意でした。学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

大谷翔平(おおたに しょうへい)

 

 

199475日生

身長193㎝ 97kg

血液型はB型

 

岩手県奥州市出身のプロ野球選手

本名同じ、愛称は「SHOHEI」「大谷さん」

 

以下では大谷翔平さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。




 

大谷翔平の学歴・経歴・プロフィールの略歴

  

1994年(0歳):岩手県奥州市で生まれる

2001年(7歳):奥州市立姉体小学校に入学

2007年(13歳):奥州市立姉体小学校卒業

2007年(13歳):奥州市立水沢南中学校に入学

2010年(16歳):奥州市立水沢南中学校を卒業

2010年(16歳):花巻東高校アスリート特進コースに入学

2012年(18歳):夏の甲子園・岩手県大会で160㎞を記録

2013年(19歳):花巻東高校を卒業

2013年(19歳):北海道日本ハムファイターズにドラフト1位で入団

2016年(22歳):日本プロ野球最速(当時)の155㎞を記録

2017年(23歳):ポスティングでMLBロサンゼルス・エンゼルスに移籍

2018年(24歳):MLB新人賞に輝く

2021年(27歳):投手として9勝を挙げ、打者としては46本塁打・100打点を記録

2021年(27歳):タイム誌の「世界で最も影響のある100人」でトップ扱い

 

大谷翔平の学歴~出身高校(花巻東高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:岩手県 花巻東高校 アスリート特進 偏差値45(容易)

 

 

 

大谷翔平さんの出身高校は、私立の共学校の花巻東高校です。

 

この高校は1956年開校の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

また同校は以下の3つのコースを設置していますが、大谷さんはアスリート特進コース(現在はスポーツコース)に在籍していました。

 

特別進学:偏差値49

スポーツ:偏差値45

進学:偏差値42

 

また同校の硬式野球部は強豪として知られ、プロ野球の西武で活躍する菊池雄星選手に憧れて同校に進学しています。

 

 

ただし菊池さんは3歳年上なので、在校期間は重なっていません。

 

高校1年生の時には尊敬する菊池さんについて、次のように綴っています。

 

「僕が中学3年生の時に見た光景がある。岩手県の人が熱狂して岩手のチームを応援していたこと。高校野球で岩手が一つになっていたこと。その花巻東には世界を巻き込み日本中を騒がせたすごい男がいた。だから、僕も雄星さんのように尊敬される選手になりたい。愛されるプロ野球選手になりたい。ドラフト1位で。僕もドラフト1位で……」

 

また大谷さんは入学前にこの高校の硬式野球部の練習を見に行って、雰囲気や練習内容がよかったとインタビューで話しています。

 

「練習を見て、やっぱりいいなと思いました。雰囲気がよかったんです。チーム全体の雰囲気もよかったですし、いい練習をしていました。甲子園に行くとか、行かないとかいうことも大事ですけど、いち選手としての技量を上げるために大事なことってあると思うんです。そのいち個人の、選手としての能力を伸ばす練習としても、すごくいいんじゃないかなと思いました」

 

高校入学時には「日本一になること」「日本人最速となる160㎞を記録すること」「ドラフトで菊池さんを超える8球団から1位指名を受ける選手になること」の3つの目標を掲げています。

 

高校3年間は野球部の寮で寮生活をしていました。

 

菊池さんを見習って、菊池さんが高校時代におこなっていた炭酸飲料を飲まない、カップラーメンを食べないというルールを自分に課していました。

 

その他にも当時はテレビはほとんど見ずに、ゲームも一切していませんでした。

 

そのため高校時代は流行りの音楽などもほとんど知りませんでした。

 

入学当初に硬式野球部の佐々木洋監督と話し合い、大谷さんは高校在学中に投手として160㎞を投げるという目標を設定しています。

 

チームでは大谷さんは入学直後から4番に座っていますが、1年生の秋までは体力づくりを優先して投手としてマウンドに立っていません。

 

とは言え1年生の秋から投手としても出場すると、いきなりエースになっています。

 

 

高校2年生の時に最速151kmをマークして、「みちのくのダルビッシュ」と呼ばれ注目されます。

 

ただし高校2年生の時の夏の甲子園の直前で股関節を故障して、甲子園では思うように活躍できませんでした。

 

また大谷さんは高校3年生のセンバツにも出場しましたが股関節の故障の影響で思うような投球ができずに、1回戦で後に阪神にドラフト1位で入団することになる藤浪晋太郎さんを擁する大阪桐蔭高校に予想外の9-2の大差で敗れています(大阪桐蔭高校はこの大会で優勝)。

 

 

しかし股関節の故障が完治した高校3年生の夏の岩手大会では最速160kmをマークして、MLBからも注目されます(しかもクイックで投げた)。

 

【高校時代の衝撃のピッチング・160㎞】

 

このところは高校生でも150㎞を超えるボールを投げる選手も多く現れていますが、160㎞は規格外でしょう。

 

ただしこの大会の決勝では15奪三振の力投を見せますが、味方のミスなどもあり盛岡大学附属高校に敗れて甲子園には出場できませんでした。

 

それでもバッティングでは高校通算56ホームランを記録しており、甲子園でも大阪桐蔭高校のエースだった藤浪さんから本塁打を放っています。

 

(高校時代)

 

大谷さんは高校時代は野球漬けでしたが勉強の成績もよく、常に学年で10番以内をキープしていました。

 

好きな科目は日本史で、特に幕末が好きということ。

 

プロ入り後もスポーツ科学や栄養学を独学で学んでおり、頭脳も明晰のようです。

 

高校時代には普通の机に足が入らなかったので、特注の机を使っていました。

 

また性格もよく、女子にもモテたため、高校1年生の時から廊下を歩くたびに歓声が上がったと同級生が証言しています。

 

そして高校3年生だった2012年のドラフト会議では、北海道日本ハムファイターズに単独指名されています。

 

当時は大谷さんがメジャーリーグ行きを表明したことから、他球団は指名しませんでした。

 

当初は大谷さんも日本ハムの指名には難色を示しており、インタビューでも次のように話しています。

 

「びっくりしたし動揺もしました。でも、自分の気持ちは変わりません。評価して頂いたのは有り難いですが、アメリカでやりたいという気持ちは変わりません」

 

 

しかし栗山英樹監督が直接出向いての説得などもあり、日本ハム入りを決意しています。

 

 

【主な卒業生】

沢木冬吾(小説家)

 

プロ入り後はいきなり投手と打者の二刀流で活躍し、球界の常識を覆しています。

 

 

2018年にロサンゼルス・エンゼルスに入団しましたが、MLBでも二刀流は大きな衝撃を残しました。

 

 

メジャーデビュー前には二刀流に冷ややかだったアメリカのマスメディアも、大谷さんの投打での活躍を目の当たりにして、驚きの声も続出。

 

 

海外の反応も上々で、イチロー選手以来の日本人のスーパースター誕生と報じているメディアもありました。

 

【2018年の公式戦全ホームランの動画】

 

そしてメジャー1年目のオフには、大差で新人王にも選出されています。

 

さらに2021年には投手として9勝を挙げ、打者として46本塁打、100打点とメジャーリーグでも大ブレイクしています。

 

 

もはやメジャーリーグを代表する人気選手となっており、今後の活躍も楽しみですね。

 

スポンサードリンク

  

大谷翔平の学歴~出身中学校(奥州市立水沢南中学校)の詳細

 

出身中学校:岩手県 奥州市立水沢南中学校 偏差値なし

 

 

 

大谷翔平さんは小学校卒業後は、地元奥州市内の公立校の水沢南中学校に進学しています。

 

水沢南中学校に進学後は、一関リトルシニアに所属してエースとして活躍し、中学時代は既に130㎞の投球を投げていました。

 

 

シニアでも父親の徹さんがコーチを務めています。

 

またバッティングでも中学1年生の時の福島県合宿で、センターオーバーのホームランが場外の信号機に当たって信号機が壊れるという伝説を残しています(推定飛距離120m以上)

 

そのためバッティング練習では、ピッチャーライナーを打つことは禁止されていました。

 

 

中学3年生の時にはシニアの全国大会に出場しており、当時から高校は野球の強豪校に進学する意思がありました。

 

そのため全国の野球の強豪校からスカウトを受けていますが、地元の花巻東高校を選んでいます。

 

ちなみに大谷さんは中学時代も勉強を頑張っており、学校の成績も優秀でした。

 

 

【主な卒業生】

吉田戦車(漫画家)

 

スポンサードリンク

 

大谷翔平の学歴~出身小学校(奥州市立姉体小学校)の詳細

 



 

出身小学校:岩手県 奥州市立姉体小学校

 

 

 

大谷翔平さんの出身小学校は、奥州市立姉体(あねたい)小学校です。

 

3人きょうだいの末っ子で7歳年上の兄と2歳年上の姉がおり、兄の大谷龍太さんはトヨタ自動車東日本のコーチ兼外野手。

 

父親が社会人野球三菱重工横浜の元選手で、母親がバドミントン選手(国体出場)のスポーツ一家に育っています。

 

3人きょうだいの末っ子ということもあって、幼少期は意外にも泣き虫だったそうです。

 

 

小学校2年生の時から水沢リトルリーグで野球をはじめましたが、父親の徹さんが当時は監督を務めていました。

 

その際には父親は次の3つのことを心掛けるように言い、プロ入り後もこの3つのことを守っています。

 

1:大きな声を出して元気よくプレーする
2:一所懸命にキャッチボールを練習する
3:最後まで全力で走る

 

そして同じ実力がだったら監督の息子ではない他の選手を使うという方針だったことから、圧倒的な実力をつけるべく大谷さんは他の選手よりも何十倍も練習したと言います。

 

当時からポジションはピッチャーで、既にキャッチャーが逃げるほどの速球を投げており、小学校5年生で110kmの球速を記録しています。

 

 

また小学校6年生の時に出場したリトルリーグの東北大会の決勝では、17奪三振の圧巻のピッチングを披露しています。

 

その他にも小学校時代は2年生から5年生までは水泳もやっていました。

 

 

小学生時代はファミコンなどには目もくれず、とにかくスポーツをしたり外で遊ぶのが大好きな少年でした。

 

それでいて学校の成績もよかったとのことです。

 

 

以上が大谷翔平さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ポスティングでメジャーリーグに移籍後は、右ひじのトミージョン手術など不幸にも見舞われました。

 

ところが2021年に投打ともにトップレベルの活躍を見せて、メジャーリーグの常識を覆しました。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ