中野拓夢の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

プロ野球選手の中野拓夢さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。俊足と守備力に定評のある中野さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

中野拓夢(なかの たくむ)

 

 

1996年6月28日生

身長171㎝

血液型はA型

 

山形県天童市出身のプロ野球選手

阪神タイガース所属

本名同じ

 

以下では中野拓夢さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

目次

中野拓夢の学歴まとめ

出身大学:東北福祉大学 総合マネジメント学部

出身高校:日本大学山形高校

出身中学校:天童市立第二中学校

出身小学校:天童市立天童北部小学校

 

中野拓夢の学歴~出身大学(東北福祉大学)の詳細

 

出身大学:東北福祉大学 総合マネジメント学部情報福祉マネジメント学科 偏差値45(容易)

 

 

 

中野拓夢さんは高校卒業後は、私立大の東北福祉大学に進学しています。

 

総合マネジメント学部情報福祉マネジメント学科です。

 

大学時代は体育会の硬式野球部に在籍をして、競技に打ち込んでいました。

 

野球部では大学1年生の春からベンチ入りをしています。

 

 

中野さんは大学1、2年生の頃は監督の言うことは聞かない選手だったとのことで、当時の監督はインタビューで次のように振り返っていました。

 

「自分の野球観があるので。突然、派手なプレーをやってみたりしたので『そんなプレーはいらんやろ』と。でも、その時にこちらからああしろ、こうしろと堅くやっていたら、あいつは今のようにはなっていないと思いますよ」。

 

そして監督は中野さんを型にははめない指導方針で、伸び伸びとした環境を提供しました。

 

中野さんは大学3、4年生の時にベストナインを獲得しています。

 

 

また大学4年生の時に大学選手権に出場をしており、チームの優勝に大きく貢献しています。

 

ただし大学時代まではさほど目立った存在ではなく、プロから声はかかりませんでした。

 

なお大学卒業後は三菱自動車に入社しており、社会人野球の道に進んでいます。

 

三菱自動車岡崎に入社後には、1年目から遊撃としてレギュラーで活躍し都市対抗出場に貢献をしました。

 

 

また野球選手としても社会人時代に急成長を遂げて、ドラフト候補になっています。

 

そして中野さんは2020年の野球ドラフト会議では、阪神タイガースから6位指名をされており、プロの道に進んでいます。

 

ドラフトでは下位指名でしたが、プロ1年目の2021年目からレギュラーに定着し盗塁王にも輝いています。

 

2023年のWBCでは俊足と守備範囲の広さを買われて、侍ジャパンのメンバーにも選出されています。

 

 

今後の活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

中野拓夢の学歴~出身高校(日本大学山形高校)の詳細

 

出身高校:山形県 日本大学山形高校 スポーツコース 偏差値50(普通)

 

 

 

中野拓夢さんの出身高校は、私立の共学校の日本大学山形高校です。

 

この高校は1958年開校の日本大学の系列の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

特に男子バスケットボール部や硬式野球部、競泳部などが県内では強豪です。

 

また同校は以下の3つのコースを設置していますが、中野さんはスポーツコースに在籍していました。

 

特別進学:偏差値66

進学:偏差値54

スポーツ:偏差値50

 

中野さんは野球をするためにこの高校に進んでいます。

 

 

野球部の1学年上には、東京ヤクルトスワローズの奥村展征さんが在籍していました。

 

高校1年生のときにはショートで、控えの選手でした。

 

しかし高校2年生の夏には、2番、二塁手として活躍をしはじめて、夏の甲子園に出場を果たしています。

 

甲子園大会では、山形県勢初のベスト4まで進出するという快挙でした。

 

準決勝では優勝した前橋育英高校に敗れたものの、中野さんは同校のエースで埼玉西武ライオンズ所属の高橋光成さんからヒットを打っています。

 

 

高校3年生の時には主将を任されており、3番、遊撃手を務めていました。

 

中野さんが主将として挑んだ高校最後の夏は、山形県大会の準決勝で酒田南高校に敗れています。

 

そのため高校3年生の時には甲子園大会に出場は果たせませんでした。

 

【主な卒業生】

栗原健太(元プロ野球選手)

トモ(お笑い・テツandトモ)

畠中洋(俳優)

 

スポンサードリンク

 

中野拓夢の学歴~出身中学校(天童市立第二中学校)の詳細

 

出身中学校:山形県 天童市立第二中学校 偏差値なし

 

 

 

中野拓夢さんの出身中学校は、地元山形県天童市内の公立校・天童市立第二中学校

 

中学時代は地元の硬式野球チーム「山形リトルシニア」に在籍をしてプレーをおこなっています。

 

後述するように中野さんは小学生の頃は軟式野球をやっていたため、硬式野球をやりたいと思い、小学6年生の時にこのチームに見学に来て入団を決めました。

 

中学生の頃は主にショートを務めていました。

 

この頃から阪神タイガースや千葉ロッテマリーンズの選手だった鳥谷敬さんに憧れており、「鳥谷選手のような守備をしたい」と決意したとのことです。

 

中学時代の中野さんは体が小さかったこともあって、打球が全然飛びませんでした。

 

しかしこの頃から「自分より大きい人に気持ちの面で負けたくない」と思いはじめたことをインタビューで話しています。

 

【主な卒業生】

栗原健太(元プロ野球選手)

 

中野拓夢の学歴~出身小学校(天童市立天童北部小学校)の詳細

 

出身小学校:山形県 天童市立天童北部小学校

 

 

 

中野拓夢さんの出身小学校は、地元天童市内の公立校・天童市立天童北部小学校です。

 

家族構成は両親と兄、姉の5人家族です(3人きょうだいの末っ子)。

 

 

中野さんの拓夢という名前は、「夢を切り拓く」という思いが込められて命名されました。

 

父親が阪神タイガースのファンで、その影響で中野さんもファンになっています。

 

また中野さんはこの頃から身長は小さかったとのことです。

 

そして小学4年生の時に軟式野球をはじめています。

 

 

中野さんは子供の頃から将来はプロ野球選手になることが夢でした。

 

父親は夜ボールが見えなくなるまで中野さんの練習に付き合ったり、投げ合いなどもおこなっていました。

 

また母親も身近で応援してくれたと語っており、両親からの支えも大きかったようです。

 

以上が中野拓夢さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

社会人時代にようやく注目された遅咲きでしたが、プロ入り後はいきなりレギュラーの座を獲得しています。

 

 

また2023年にはWBCのメンバーに選ばれています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次