岡本和真の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかっこいい画像

 

プロ野球選手の岡本和真さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。読売ジャイアンツの主砲に成長した岡本さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

岡本和真(おかもと かずま)

 

 

1996年6月30日生

身長186㎝

血液型はA型

 

奈良県五條市出身のプロ野球選手

読売ジャイアンツ所属

本名同じ

 

以下では岡本和真さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

岡本和真の学歴~出身高校(智弁学園高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:奈良県 智弁学園高校 偏差値56~64(学科不明のため)

 

 

 

岡本和真さんの出身高校は、私立の共学校の智弁学園高校です。

 

この高校は1965年開校の仏教系の私立高校で、硬式野球部が甲子園の常連として知られています。

 

また同校は以下の2つの学科を設置していますが、岡本さんがどちらの学科に在籍したかは不明です(普通科の可能性が高そうですが)

 

理数:偏差値64

普通:偏差値56

 

この高校には一般受験ではなく、野球のスポーツ推薦で入学したようです。

 

岡本さんは強豪校から20校以上スカウトをされる中で、この高校への入学を選んでいます。

 

この高校に進学した理由についてインタビューで次のように語っていました。

 

「小学校の時から智辯で野球をやるのが夢でした。地元五条市の強豪ですし、ユニホームもカッコいい。智辯学園のユニホームを着て、甲子園のマウンドに立つのが目標でした。」

 

 

とは言え、中学校卒業前からこの高校からスカウトされていたにも関わらず、岡本さんはすぐに返事をしませんでした。

 

この高校の野球部の練習は厳しいと聞いており、小学校から中学校と進むにつれてできれば厳しい練習をしたくないという思いが芽生えていたと言います。

 

岡本さんはもともと練習嫌いで他の友人と遊びたいという気持ちが少しあったことを明かしています。

 

しかし野球をやりたいという気持ちが強かったことから、この高校であれば自宅からでも通えると考えた上で入学をしました。

 

岡本さんは高校入学直後には1年生でありながらも遠征に同行をしており、春の大会から試合にも出場をしています。

 

そして高校1年生の秋からは4番を務めており、高校3年生の時には春と夏の2回、甲子園に出場をしました。

 

 

加えて18Uアジア選手権の日本代表にも選出されており、準優勝となっています。

 

岡本さんは高校時代に受けたインタビューで、ホームランを打つために練習メニューの中で意識していることを聞かれた際には次のように話していました。

 

「ティー打撃の際に、ボールをためるための穴に入れることにこだわらないことでしょうか。やはり角度をつけないとスタンドには入らないので、ネットに打ち返すときも顔の高さくらいの位置に打ち返すことを中学の頃から意識しています。」

 

そして2014年に開催されたドラフト会議では、読売ジャイアンツから1巡目で単独指名を受けました。

 

 

【主な卒業生】

中林大樹(俳優)

 

なお岡本さんは高校卒業後は大学には進学せずに、読売ジャイアンツに入団をしています。

 

入団後はやや伸び悩みましたが、プロ入り4年目の2018年にレギュラーを獲得しています。

 

2020、21年には2年連続でセリーグの本塁打王と打点王の打者二冠に輝いています。

 

 

加えて侍ジャパンのメンバーにも選ばれており、WBCにも出場します。

 

今後の活躍にも注目ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

岡本和真の学歴~出身中学校(五條市立五條東中学校)の詳細

 

出身中学校:奈良県 五條市立五條東中学校 偏差値なし

 

 

 

岡本和真さんの出身中学校は、地元奈良県五條市内の公立校・五條市立五條東中学校です。

 

中学時代は野球部に在籍はしておらず、「橿原磯城シニア」に所属をして硬式野球に打ち込んでいました。

 

中学時代は主に投手を務めていました。

 

 

中学2年生の時には全国大会で3位の成績に貢献しています。

 

岡本さんは子供の頃から体格が大きく中学3年生の時には、180cmで83kgありました。

 

また中学3年生の時にはシニア日本代表の4番として、全米選手権に出場をして優勝を勝ち取っています。

 

アメリカに2週間の遠征をした際に現地の食べ物を食べすぎて、帰国後に93kgまで増えています。

 

岡本さんは太りやすい体質とのことで、以降は93kg以下になることはありませんでした。

 

 

そして最終的には135kgまで増えてしまったことから、はく離骨折をしており怪我で投げられない期間がありました。

 

当時は135㎞程度の球速でしたが、投手は中学生限りで諦めて打者に専念しています。

 

スポンサードリンク

 

岡本和真の学歴~出身小学校(五條市立北宇智小学校)の詳細

 

出身小学校:奈良県 五條市立北宇智小学校

 

 

 

岡本和真さんの出身小学校は、地元五條市内の公立校・五條市立北宇智(きたのきち)小学校です。

 

家族構成は両親と兄2人の5人家族です。

 

 

岡本さんの名前は、「人との和を大切に、その真ん中にいる人物になってほしい」と言う思いで両親から「和真(かずま)」と命名されています。

 

物心ついた時からすでにバットやクラブで遊んでおり、8歳年上の兄とは3歳くらいの時からキャッチボールをしていました。

 

 

そして小学校に上がるときに兄たちが所属をしていた地元の野球チーム「カインド」に入団をしています。

 

そして小学2年生の大会で人生初の本塁打をマークしており、小学3年生では最速100kmをマークするまでになりました。

 

この頃から地元の野球の名門である智弁学園高校への進学を希望するようになっており、「強い天理を倒して甲子園へ行く。そして、優勝を決めた決勝のマウンドに立っている」というのが口癖でした。

 

以上が岡本和真さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

在籍する読売ジャイアンツでは、不動の4番打者に成長しました。

 

 

またMLBにも憧れを持っており、将来のポスティング移籍も噂されています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ