吉田麻也の学歴|出身大学高校中学校の偏差値|勉強も得意だった!

 

サッカー日本代表の吉田麻也さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は吉田さんはサッカーばかりでなく勉強も得意で、学生時代はサッカーと勉強を両立させています。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

吉田麻也(よしだ まや)

 

 

1988824日生

身長189㎝ 体重85

血液型はO型

 

長崎県長崎市出身のプロサッカー選手

 

以下では吉田麻也さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2007年に名古屋グランパスエイトに入団し、Jリーグデビュー。

2008年の北京オリンピックの代表に選出。 

2009年に初めて日本代表に招集される。 

2010年にオランダのVVVフェンローに移籍し、レギュラーとして活躍。 

2012年にイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに移籍。

2017年には日本人選手としては初となるプレミアリーグ100試合出場を達成。

長らく日本代表に選出されており、ロンドンオリンピックやワールドカップ・南アフリカ大会なども経験。

私生活では2012年に一般人女性と結婚し、2016年に長女が誕生している。

 

吉田麻也の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 人間科学部通信教育課程 偏差値なし

 

 

 

吉田麻也さんの出身大学は私立大の早稲田大学です。

 

吉田さんは高校卒業後すぐには大学などに進学しておらず、2007年にJリーグの名古屋グランパスエイトに入団しています。

 

 

19歳だった同年5月にはプロとしてJリーグに初出場をしました。

 

しかしその後に早稲田大学人間科学部通信教育課程(eスクール)に入学をしています。

 

eスクールは入学試験などもないことから偏差値はありません。

 

またレポートの提出や小テストなども全てインターネットを使って行います。

 

ただし卒業は難しく卒業率は毎年40%~50%ほどで4年間で卒業をするのは非常に困難です。

 

しかし無事に卒業ができると全日制と同様に早大卒として扱われます。

 

多くの芸能人や有名人がこのeスクールに入学していますが、卒業できたのは羽生結弦さんや中丸雄一さん、いとうまい子さんらです。

 

吉田さんはプロ入りをしてサッカーとの両立で多忙だったにもかかわらず、無事に卒業しています。

 

吉田さんは22歳だった2010年から海外でプレーしており、コツコツと勉強も頑張って卒業したのは立派です。

 

 

サッカー選手としては進化を続け、世界最高峰のプレミアリーグでも日本人初となる100試合出場を達成しました。

 

 

また日本代表にも欠かせない選手となっており、守備の要として活躍しています。

 

 

今後の活躍にも注目ですね。 

 

スポンサードリンク

 

吉田麻也の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:愛知県 豊田高校 偏差値52(普通)

 

 

 

吉田麻也さんの出身高校は、県立の共学校の豊田高校です。

 

この高校は1984年開校の中堅県立高校です。

 

吉田さんはサッカーに集中できるクラブが提携する私立高校を選択せずにこの高校に進学した理由について、インタビューで次のように話しています。

 

「もちろんサッカーだけに集中できる環境に行くほうが楽だし、効率的だったかもしれない。でもグランパスのユースということだけで特別視されない環境で勉強したかったし、特に英語を真剣に学びたかった」

 

 

吉田さんは将来は海外でプレーすることを目標としていたことから、大変だったこともあったようですが英語の勉強に力を入れていたのでこの高校に進学して良かったと当時を振り返っています。

 

また中学時代から英語の勉強は好きだったそうですが、高校時代のコーチが海外志向が強かったことからより目標が明確になり意識して英語を学べるようになったそうです。

 

また後述するように中学時代は兄と2人暮らしをしていましたが、高校に入学後は寮で一1人暮らしを始めました。

 

また高校時代はグランパスエイトのユースで活躍しており、高校3年生のときにはキャプテンとしてチームをけん引し、全日本ユース選手権で準優勝を記録しています。

 

 

吉田さんは高校時代はサッカーだけしかできないと思われることが嫌だったことから、勉強も頑張っていたため成績も優勝でした。

 

さらに高校時代にはU-18の日本代表選手にも選出されており、国際試合も経験しています。

 

また赤点を取ると練習をさせてもらえなかったそうで、サッカーと勉強の両立については次のように話しています。

 

「高校の時は、テストに関係なく練習はあったので『テスト期間=地獄期間』でしたね(笑)。だからこそ、日頃から授業に集中して、理解しておくようには心がけていました。」

 

とは言え吉田さんは非常に優秀な成績でこの高校を卒業しています。

 

スポンサードリンク

 

吉田麻也の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:愛知県 三好町立北中学校 偏差値なし

 

 

 

吉田麻也さんの出身中学校は、愛知県三好町の公立校・北中学校です。

※現在はみよし市立北中学校

 

後述するように小学生時代に名古屋グランパスのユースセレクションを受験して70人中4人という狭き門を突破したため、愛知県に移住しています。

 

 

中学生が一人暮らしをするわけにもいかなかったことから、兄と一緒に暮らしていましたがホームシックになってしまったそうです。

 

しかし愛知県に引っ越しをする際に生活に必要な家具家電などを母親と一緒に買いに行ったときに、決して安くはない金額が目に飛び込んできたそうで「中途半端に帰ることはできない」と思ったことをインタビューで明らかにしています。

 

吉田麻也の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:長崎県 長崎市立仁田小学校

※現在は長崎市立仁田佐古小学校

 

 

 

吉田麻也さんの出身小学校は、地元長崎市内の公立校の仁田(にた)小学校です。

 

この小学校は2016年に佐古小学校と統合されて、現在は長崎市立仁田佐古小学校になっています。

 

家族構成は両親と兄2人の5人家族です(3人兄弟の末っ子)。

 

 

父親は中高生のときにサッカーをやっていましたが、吉田さんにサッカーのことで口出しすることは一切なく試合の時にはいつもビデオ係だったそうです。

 

吉田さんは自身の子供の頃のことについてインタビューで次のように振り返っています。

 

「小さい頃から、うちの兄弟はなぜか友達の家に外泊するのは絶対にダメで。母親からも『それならば友達をうちに連れてきなさい!』とよく言われたものです。」

 

吉田さんの実家は常に人が集まるような環境で育ったことから、社交的な性格が養われたそうです。

 

また吉田さんは5歳のときに兄たちがサッカーをはじめたそうで、遊び感覚でやっていました。

 

その後、小学2年生の時にクラブチームに所属しています。

 

そして小学6年生のときに名古屋グランパスのユースセレクションを受験しました。

 

また小学生の頃には学習塾のKUMONに通っていました。

 

以上が吉田麻也さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代からサッカー選手として注目されていましたが、プロ入り後は大きく進化しています。

 

既に日本代表でも欠かせない存在になっており、ワールドカップなどでも活躍しています。

 

日本サッカー史上に残る有数のディフェンダーだけに、今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ