山田杏奈の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

 

山田杏奈(やまだ あんな)

 

 

200118日生

身長159

血液型はA

 

埼玉県鴻巣市出身の女優

本名同じ

 

以下では山田杏奈さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます

 

学歴~出身高校・大学

 

スポンサードリンク



 

出身高校:埼玉県 浦和第一女子高校(有力) 偏差値71(超難関)

※後に転校

 

 

山田杏奈さんが入学した高校は、県立の女子校の浦和第一女子高校(浦和一女)が有力です。

 

この高校は1900年開校の埼玉県内では最古の女子校で、県内ではトップクラスの難易度を誇り、最難関国立大学の東京大学にも毎年合格者を輩出しています。

 

山田さんは出身校を明らかにしていませんが、中学時代に熱心に受験勉強に取り組んで進学校に進んだと言われています。

 

 

本人もインタビューで受験勉強を頑張ったと話しています。

 

「頑張りました。学校がある日は帰ってから56時間、休みの日は12時間ぐらい勉強してました」

 

また進学先は女子校で、入学当初は埼玉県の鴻巣市の自宅から通学しています。

 

埼玉県内の女子校で進学校は6校程度で、さいたま市にあるこの高校は電車で30分程度の通学圏にあります。

 

また目撃情報こそないものの、山田さんは学校行事として校歌の歌合戦をやったことをインタビューで述べており、1年生によるクラス対抗の校歌の歌合戦はこの高校の名物行事になっていることが大きな根拠となるでしょう。

 

「校歌の歌合戦をやりました。クラス対抗で校歌を歌って、学年10クラスあるなかで2位でした」

 

他に可能性のある進学校の女子校の淑徳与野高校(偏差値6771)、川越女子高校(偏差値69)、熊谷女子高校(偏差値65)、春日部女子高校(偏差値6062)はいずれも学校行事としてクラス対抗の校歌の歌合戦はおこなわれておらず、やはり山田さんが入学したのは浦和一女の可能性が高いと言わざるを得ません。

 

山田さんは高校時代は部活動をおこなっておらず、学校では家庭科係を担当していたことをインタビューで述べています。

 

「部活は入ってなくて、係は家庭科係です。家庭科の提出物を集めたり、やりたい人が集まってお菓子を作る会に行ったり」

 

また英語が得意で、数学が苦手とのこと。

 

加えて女子校時代は学校では騒ぐタイプではないとのこと。

 

「休み時間は友だちとしゃべってますけど、一緒になって騒ぐほうではなくて。みんながワーワーしてるのを見ているのが楽しいです」

 

山田さんは高校1年生の時に「ちゃお」のオリジナルドラマ「12歳」で主演しています。

 

 

また高校時代には「咲」や「先に生まれただけの僕」、「重要参考人探偵」などのテレビドラマに出演。

 

 

その他にもバラエティー番組「スカッとジャパン」の再現ドラマなどにも出演しています。

 

 

そして時期は不明ですが、学業と芸能活動の両立が困難になってしまい、他校に転校しています。

 

転校先の高校は不明ですが、芸能コースのある高校や通信制の高校などが有力です。

 

そして山田さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

2018年の3月に芸能活動に専念するコメントを出しています。

 

「大学に進学せず、女優のお仕事1本でやっていく決意をしました」

 

高校を卒業したことで活動の幅が広がって、卒業した年には映画「ミスミソウ」で主演に抜擢されています。

 

 

また「幸色のワンルーム」で連続ドラマ初主演するなど、女優としても注目されて若手人気女優のひとりとなっています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:埼玉県 鴻巣市立吹上中学校(有力) 偏差値なし

 

 

山田杏奈さんの出身中学校は、地元鴻巣市内の公立校の吹上(ふきあげ)中学校が有力です。

 

中学時代は美術部に在籍しています。

 

中学時代は小学校時代に引き続き、少女漫画雑誌「ちゃお」の専属モデルとして活動しています。

 

また中学2年生の時にはテレビドラマ「刑事のまなざし」で女優デビューも果たしています。

 

そして中学校3年生の時に「TOO YOUNG TOO DIE! 若くて死ぬ」で映画に初出演していますが、この映画の撮影のため体育祭に出られなかったと述べています。

 

 

さらに中学校3年生の1月からは「天才てれびくん」にも出演していました。

 

 

中学時代も仕事と学業を両立させるべく頑張っていました。

 

「中学のときから、電車のなかで勉強したりして、何とかやってきました。このお仕事をしているから勉強しなくていいわけじゃないし、逆に勉強するからお仕事をやらなくていいわけでもないと思うので。どっちも自分でやろうと決めた事なのでしっかりやりたいです」

 

山田さんは当時から真面目な優等生タイプの生徒で、先生に怒られたことはないとも述べています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:不明

 

山田杏奈さんの出身小学校は、地元の鴻巣市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし有力とされる出身中学校の校区からは、以下の4校のいずれかが有力となりそうです。

 

鴻巣市立吹上小学校

鴻巣市立大芦小学校

鴻巣市立小谷小学校

鴻巣市立下忍小学校

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

父親の職業は建築士です。

 

山田さんは子供の頃から漫画が好きで、後に専属モデルを務めることになる「ちゃお」は小学校1年生の時から読んでいると話しています。

 

そして小学校5年生の時に「ちゃおガール☆2011オーディション」に自らの意思で応募していますが、応募動機は賞品のゲーム機が欲しかったからでした。

 

「マンガが好きで『ちゃお』は小学1年からずっと読んでいて、賞品の(ニンテンドー)3DSが欲しくて応募しました()

 

そんな子供らしい応募動機でしたが、オーディションではグランプリに輝いて芸能界入りしています。

 

 

そのため当時はモデルになりたいとか芸能界に入りたいとは思っていなかったとのこと。

 

「本に自分の写真が載って『恥ずかしいな』と思ったんですけど、やっと実感が出て、だんだん楽しくなってきました。お芝居も事務所のレッスンに行かせてもらっていて、もっともっとやっていきたいと思っています」

 

以上が山田杏奈さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代から週刊プレイボーイで「スゴカワ2017」で特集を組まれるなど、美少女として注目を集めてきました。

 

 

このところは女優活動を本格化させて、話題作の連続ドラマや映画に主要キャストとして起用されるなど、若手人気女優の仲間入りを果たしています。

 

今後も多くの話題作に出演するのは確実なので、注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ