八村塁の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

八村塁(はちむら るい)

 

 

199828日生

身長204.5㎝、体重108

血液型はA

 

富山県富山市出身のバスケットボール選手

 

以下では八村塁さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:アメリカ ゴンザガ大学 レベル中の上

 

 

八村塁さんは高校卒業後は、アメリカのゴンザガ大学に進学しています。

 

この大学はワシントン州にある1887年開校のキリスト教系の伝統校で、アメリカ大学ランキングでも150位程度の中堅校です。

 

またスポーツが非常に盛んで、特にバスケットボール部はたびたび全米大学男子バスケットボールランキングで1位になるほどの強豪です。

 

八村さんは高校卒業後に渡米して留学生としてこの大学に進学していますが、当時は英語も満足に話すことができなかったことから、英語の補習を受けながら講義や部活動に参加しています。

 

また大学1年生の時には言葉や文化の違いに苦しんで、大学を中退することも考えたほどです。

 

さらにアメリカと日本のバスケットボールの違いは「闘争心」とインタビューで話しています。

 

「やっぱり、こっちの人たちは試合で気持ちを出すこと、闘争心がものすごい。試合が終わるとそういう雰囲気は一切なくなるけど、試合になると闘争心がすごいんです。コーチからは闘争心が足りないと言われて自分でも変えたいと思っていて、徐々に変わってきていると思います」

 

八村さんは大学1年生の時にリーグ戦にデビューして、全米の大学選手権にあたる「NCAAトーナメント」にも出場しています。

 

 

ちなみにNCAAトーナメントに出場した日本人は八村さんがはじめてです。

 

大学2年生の頃から出場機会を大幅に増やしてチームのエースとして活躍して、NBAの関係者からも注目される存在となっています。

 

加えて20186月には日本代表としてもデビューしています。

 

 

また2018年-2019年のシーズンにはNCAA年間最優秀スモールフォワードに与えられる「ジュリアス・アービング賞」を受賞しています。

 

そして20196月にNBAドラフト一巡目でワシントン・ウィザーズに指名される快挙を成し遂げています。

 

 

ドラフト一巡目で指名されるのは日本人初ですし、NBAプレーヤーになるのも田臥勇太さん、渡邊雄太さん以来3人目です。

 

八村さんはウィザーズに入団することから大学4年時は同大でプレーしないことを表明しています。

 

またこれまで3年間の大学生活を振り返って、次のようにインタビューで話しています。

 

「自分の人生において素晴らしい経験でした。そこで新たに大きく、僕の夢に近づくことができました」

 

ちなみに大学時代の息抜きは恋愛バラエティ番組の「テラスハウス」を見ることだそうです。

 

スポンサードリンク




 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:宮城県 明成高校 健康スポーツ学科 偏差値38(かなり容易)

 

 

八村塁さんの出身校は、私立の共学校の明成高校です。

 

この高校は仙台市青葉区に位置し、1879年開校の伝統校です。

 

また男子バスケットボールが全国的な強豪として知られています。

 

なお同校は総合学科や調理学科、情報表現学科などを設置していますが、概ね偏差値は38程度です。

 

八村さんは富山県の出身ですが、同校のバスケットボール部に入部するために越境入学しています。

 

強豪校にも関わらず、八村さんは1年生の時からレギュラーとして活躍して、ウインターカップでは32得点を挙げて同校の優勝に貢献しています。

 

 

また高校1年生の時にU-16の日本代表に選出されて、アジア選手権ではチームの大黒柱として活躍して、3位に導いています。

 

 

高校2年生と3年生の時にもウインターカップで優勝して、3連覇を遂げています。

 

ただし八村さんは自身の3連覇よりも、同校の1学年下の弟・阿蓮さんの代の優勝のほうが嬉しいとインタビューで述べています。

 

「はい。うれしいです。その理由は、(佐藤)久夫先生から「3連覇の本当の価値は後輩たちが結果を残すことで決まる。後輩が頑張ることで、お前たちの優勝に価値が出てくる」と言われていたからです。阿蓮や後輩たちが優勝を達成してくれたので、自分たちがやってきたことを明成に残せたと思います」

 

また高校3年生の時には高校生では唯一、バスケットボール男子日本代表候補に選ばれています。

 

高校時代の傑出した成績によりbjリーグの複数のチームから勧誘があり、日本でプロ入りするかアメリカの大学に進学するか迷いましたが、母親の進めによりゴンザカ大学に進学しています。

 

大学に進学する際には次のように抱負を語っています。

 

「すごくワクワクしています。日本のために偉大なアスリートになりたい。シューズメーカーの人たちは、自分がビッグになれると言ってくれる。それはワクワクすること。少しプレッシャーだけど、みんな偉大な存在になることを期待している。でも、それは自分にとって大きなことではない。自分がバスケットボールのコートでできることをやるだけです」

 

前記のように大学でも大きな成長を見せて、コメント通り「ビッグ」になっています。

 

スポンサードリンク




 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:富山市立奥田中学校 偏差値なし

 

 

八村塁さんの出身中学校は、地元富山市内の公立校の奥田中学校です。

 

後述するように八村さんは小学校時代から野球をやっており、中学校でも野球部に入部していました。

 

ところがその身体能力の高さに注目した野球部のチームメイトが、バスケットボール部に入部するように勧めました。

 

「すごく厄介でしたよ。バスケットボールをプレーしない。絶対にね。と言っていたんですけどね。毎朝『バスケやろうよ。入部テストを受けようよ』と誘ってきます。2週間連続だったので、自分もテストを受けたら、コーチがすごく気に入ってくれました」

 

さらに当初はバスケットボールのルールも知らなかった八村さんでしたが、その素質を見抜いたバスケットボール部のコーチは、最初の練習で「お前はNBAに行くんだ!」と言っています。

 

「中学時代のコーチは最初の練習で目の前でこう言いました。『お前はNBAに行くんだ』。僕は若くて、バカだったので、彼の言葉を信じました。そうだ、NBAに行くんだ、ってね」

 

中学校時代には既に身長は190㎝を超えており、バスケットボール部でも主力選手として活躍しています。

 

 

そして中学校3年生の時には全国中学校バスケットボール大会に出場し、チームを準優勝に導いています。

 

 

また個人でも大会ベスト5に選出しています。

 

このように中学校時代に頭角を現しており、数々の高校進学時にはバスケットボールの強豪校から勧誘をうけていますが、最終的には宮城県の明成高校を選んで進学しています。

 

スポンサードリンク




 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

八村塁さんの出身小学校は、富山市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

富山市立奥田小学校

富山市立奥田北小学校

富山市立柳町小学校

 

家族構成は両親と弟、妹の5人家族です。

 

父親はベナン人、母親は日本人のハーフです。

 

八村さんは子供の頃から運動神経がよく、小学校時代は野球をやっていました。

 

イチロー選手に憧れており、投手と捕手を兼任して熱心に打ち込んでいたとのこと。

 

特にピッチャーでは剛速球を投げたことから、誰もボールを捕れなかったとのエピソードも残っています。

 

他にも小学校時代は陸上や空手、サッカーもやっていました。

 

ただし八村さんは子供の頃に差別を受けたことを明らかにしています。

 

「周囲が自分を見る目は違ったけど、僕は慣れていった。黒人は日本にたくさんいないので……。中学や高校ではみんなすごく良くしてくれたんだ」

 

小学校6年生の時にはじめて家族でニューヨークに行ったことで、アメリカに憧れています。

 

以上が八村塁さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代もバスケットボール選手として順調に成長し、NBAから一巡目で指名される快挙を成し遂げました。

 

 

八村さんをドラフトで指名したワシントン・ウィザーズの期待も高く、日本人離れした体格や運動能力から、将来のスーパースター候補との声も挙がっています。

 

ここからが真の勝負となりますが、今後のさらなる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ