内田篤人の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|進学校出身だった

 

サッカー日本代表として活躍した内田篤人さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は内田さんは「超」のつくような進学校に通学しており、勉強も得意でした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

内田篤人(うちだ あつと)

 

05

 

1988327日生

身長176㎝ 体重70kg

 

静岡県出身の元プロサッカー選手

 

以下では内田篤人さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 




 

経歴/プロフィールの詳細

 

高校時代に頭角を現し、2006年に鹿島アントラーズに入団。 

同年にクラブ史上初となる高卒ルーキーでのスタメン出場を果たす。

2008年に19歳にして日本代表に選出される。 

2009年にJリーグ史上初となる鹿島の3連覇に貢献し、2年連続でベストイレブンに選出される。 

20107月にブンデスリーガのシャルケ04に完全移籍し、以降はチームの主力として活躍。 

同年のワールドカップ南アフリカ大会の日本代表に選出されるも、本戦での出場はなし。

2014年のワールドカップブラジル大会では2大会連続で日本代表に選出され、全試合スタメンフル出場した。

2020年 9月に現役を引退。

私生活では2015年に小学校の同級生だった一般人女性と結婚し、2017年に第一子が誕生した。

 

内田篤人の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:静岡県 清水東高校 偏差値66(難関)

 

 

 

内田篤人さんの出身校は、県立の共学校の清水東高校です。

 

同校は県内でも有数の進学校として知られるほか、サッカー部が全国的な強豪で多くのJリーガーを輩出しています。

 

静岡県の公立校には「学校裁量枠」という一種のスポーツ推薦のような制度が存在しており、そのためにサッカーの同校や野球の静岡高校(偏差値71)など、進学校でありながら全国的なスポーツの強豪校が存在するのが特徴です。

 

しかし内田さんは中学時代はユースにも所属しておらず、部活動でも目立った活躍はしていません。

 

また本人も将来の大学進学を視野に入れて同校に進学したと語っていることから、学校裁量枠での入学ではなく、自力での入学で相当高い学力を有していたと思われます。

 

全国サッカー選手権に出場するために強豪校の同校のサッカー部に入部しています。

 

ただし意外にも内田さんは高校時代はサッカー選手ではなく、教員になることが夢でした。

 

 

また実家は高校から遠かったことから、高校時代は朝5時に起床して始発電車に乗車して1時間半かけて通学していました。

 

サッカー部の練習は夜の9時に終わったことから、自宅に帰宅するのはかなり遅い時間になっています。

 

高校のサッカー部の監督は学校近くに下宿することを勧めていますが、内田さんは3年間にわたり実家から通学していました。

 

そのため当時の監督も「根性がある」と評価していました。

 

なお同校のサッカー部の同期には、後にJリーガーとなる多々良敦斗選手がいました。

 

高校1年生まではセンターFWなどの攻撃的なポジションでしたが、高校2年生の終わりにサイドバックへの適性を見出され以降はこのポジションを務めています。

 

 

内田さんは高校3年生だった2005年に、念願の高校サッカー選手権に主力選手として出場しています。

 

しかしベスト8で敗れてしまっています。

 

なお内田さんはドイツ時代に「同じくらい厳しい環境だった」と高校時代を振り返っており、かなり厳しい練習を重ねていたようです。

 

またサッカー選手としては高校時代に急成長して、卒業の際には7、8のJリーグのクラブから勧誘を受けています。

 

06

(高校時代)

 

なお内田さんは高校時代はあまりにサッカーに力を入れていたことから、出席日数が不足して卒業が危ぶまれたこともありました。

 

しかし高校3年生の部活動を引退後に、膨大な課題をおこなって無事に高校は卒業しています。

 

 

【主な卒業生】

武田修宏(サッカー元日本代表・タレント)

長谷川健太(サッカー元日本代表)

菅真理子(菅義偉夫人)

 

そして内田篤人さんは高校卒業後は大学に進学せずに、Jリーグの鹿島アントラーズに入団しています。

 

高校を卒業した3日後にはJリーガーとしてデビューを果たしています。

 

 

その後の実績は周知の通りで、ドイツにわたりブンデスリーガで主力選手として活躍するとともに、日本代表としても多くの試合に出場してきました。

 

 

甘いマスクで女性ファンの人気も高いことでも知られていました。

 

残念ながら2020年に現役を引退しましたが、今後は後進の育成を担当するとのこと。

 

指導者としての手腕にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

内田篤人の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:静岡県 函南町立函南中学校 偏差値なし

 

 

 

内田篤人さんの出身中学校は、地元静岡県函南(かんなみ)町内の公立校・函南中学校です。

 

中学時代もサッカー部に在籍しており、3年間部活動に打ち込んでいます。

 

このところは学校の部活動ではなく、学生時代はユースなどで活躍する選手が多い中、内田さんは中学・高校時代はともに学校のサッカー部でプレーしていました。

 

 

意外にも内田さんは中学時代は非常におとなしく、自己主張などもしない生徒でした。

 

またサッカー選手としてもさほど目立つ存在ではなく、当時のサッカー部の監督はドリブルにしてもボールコントロールにしてもそれほど高い印象はなかったとインタビューで話しています。

 

その一方で練習には熱心に取り組んでおり、黙々と厳しい練習に耐えています。

 

なお2015年に結婚したお相手は小学校・高校時代の同級生です。

 

 

加えて内田さんは中学時代の学校の成績は非常に優秀でした。

 

スポンサードリンク

 

内田篤人の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:静岡県 函南町立西小学校

 

 

 

内田篤人さんの出身小学校は、地元函南町内の公立校の西小学校です。

 

家族構成は両親と姉、妹の5人家族です。

 

 

父親は中学校の体育教師です。

 

また母親は元陸上の短距離の選手で、内田さんの俊足は母親譲りのようです。

 

ちなみにお姉さんと妹はともに保育士になっています。

 

内田さんは子供の頃から非常におとなしかったそうです。

 

小学校1年生の時に地元の「函南SSS」に入ってサッカーを開始しています。

 

また小学校時代はサッカーのほか、野球もやっていました。

 

 

以上が内田篤人さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

プロサッカー選手になってからはいきなり主力選手として活躍して、長きにわたり日本代表にも選ばれています。

 

 

またイケメンで人気が高く、現役時代からたびたびバラエティ番組にも出演しています。

 

2020年に現役を退きましたが、第二の人生にも注目ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ