小川彩(乃木坂)の学歴|出身は目黒日本大学高校!大学や中学校の偏差値|キッズモデルだった!

 

「乃木坂46」の小川彩さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は小川さんは小学校時代からキッズモデルとして活動しており、雑誌「キラピチ」の専属モデルも務めていました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

小川彩(おがわ あや)

 

 

2007年6月27日生

身長154㎝

血液型はB型

 

千葉県旭市出身の歌手、タレント

アイドルグループ「乃木坂46」のメンバー

本名同じ

 

以下では「乃木坂46」小川彩さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

目次

小川彩の学歴まとめ

 

出身大学:

出身高校:目黒日本大学高校

出身中学校:旭市立第一中学校→中央区立日本橋中学校

出身小学校:不明

 

小川彩の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

小川彩さんの出身小学校は、地元旭市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

旭市立中央小学校

旭市立富浦小学校

旭市立矢指小学校

 

家族構成は両親と3歳上の兄の4人家族です。

 

 

小川さんは3歳の頃からダンスを習いはじめ、2つの教室を掛け持ちしていたこともありました。

 

また小学校時代はそろばんも習っており、暗算検定1級も取得しています。

 

前記のように運動神経はあまりよくないのですが、小学校時代からスポーツ観戦が好きで、プロ野球やバレーボール、サッカーなどを観戦しています。

 

小学校6年生だった2019年から「キラピチ」の専属モデルを務めていました。

 

 

スポンサードリンク

 

小川彩の学歴~出身中学校(旭市立第一中学校)の詳細

 

出身中学校:千葉県 旭市立第一中学校(有力) 偏差値なし

※後に転校

 

 

 

小川彩さんの入学したのは、地元千葉県旭市内の公立校の第一中学校が有力です。

 

中学時代は吹奏楽部に在籍して、部活動に打ち込んでいました。

 

吹奏楽部ではクラリネットを担当していました。

 

また後述するように小学校時代に女子小学生向けのファッション誌「キラピチ」の専属モデルになっており、中学2年生だった2021年6月までキッズモデルとして活動していました。

 

 

この雑誌では看板モデルのひとりでした。

 

当時は芸能事務所にも所属していましたが、乃木坂46のオーディションを受ける前に退所しています。

 

そして中学2年生だった2021年8月に、乃木坂46の5期生メンバーのオーディションに応募しています。

 

このオーディションには87852名の応募がありましたが、翌年の2月に小川さんは他の10人の5期生のメンバーとともに合格しています。

 

このオーディションを受けたのはたまたまオーディションの告知を見つけたところ、「受けなさいと言われている感じだったので直感で受けた」とインタビューで話しています。

 

 

なおグループ入り後はダンスのレッスンで苦労しています。

 

小川さんはダンス経験者でしたがヒップホップ系のダンスを得意としており、アイドル系のダンスがなかなかできませんでした。

 

ちなみに小川さんは運動神経がよくないことを、バラエティ番組に出演した際に明らかにしています。

 

2022年2月の「5期生お見立て会」でお披露目されていますが、小川さんはその際には特技であるクラリネットの演奏を披露しています。

 

 

加えて小川さんはグループ入り後に上京して寮生活をはじめています。

 

そのため都内の中学校に転校していますが、転校先の中学校は中央区立日本橋中学校(偏差値なし)が有力です。

 

 

 

中学時代はグループでの活動が中心でした。

 

【中央区立日本橋中学校の主な卒業生】

片瀬那奈(女優)

 

スポンサードリンク

 

小川彩の学歴~出身高校(目黒日本大学高校)・大学の詳細

 

出身高校:目黒日本大学高校 通信制課程(有力) 偏差値なし

 

 

 

小川彩さんは中学卒業後に高校に進学していますが、進学先の高校は目黒日本大学高校が有力です。

 

中学を卒業した2023年3月に、「週刊少年チャンピオン」に「中学卒業&高校入学記念グラビア」が掲載されているので、高校に進学したこと自体は間違いありません。

 

 

そして進学先の高校が目黒日本大学高校が有力とされるのは、このところの坂道グループのメンバーたちの進学先がこの高校の「一択状態」だからです。

 

かつての坂道グループのメンバーは堀越高校などにも進学していました。

 

しかしこのところはほとんどがこの高校に通学しています。

 

2020年に高校を卒業した「乃木坂46」の遠藤さくらさんや賀喜遥香さん、久保史緒里さん、金川紗耶さん、阪口珠美さん、中村麗乃さんの全員がこの高校の出身者でした。

 

(参考)

 

また2022年に清宮レイさんが高校を卒業した際も、この高校の出身者であることが判明しています。

 

さらに2023年に井上和さんと筒井あやめさんが高校を卒業した際にも、この高校の出身者であることが判明しています。

 

そして清宮さん以外は全員が芸能コースなどの全日制課程ではなく、通信制課程に在籍していました。

 

加えて小川さんが公式ブログなどで学校の授業や学校行事などに関して綴ることも一切なく、このようなケースは通信制高校の可能性が高いです。

 

このような状況に鑑みると、やはり小川さんは目黒日本大学高校の通信制課程に進学した可能性が高そうです。

 

ツイッターなどでは高校に進学する前にこの高校に進学するのでは? との憶測もありました。

 

仕事面では高校進学後は活動の幅が広がって、単独でのグラビアの仕事も増えています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

なお2023年の時点で、小川さんはインタビューなどで大学進学を明言していません。

 

このところの坂道グループのメンバーはその人気ゆえに大学進学率も低下していることから、小川さんも大学などに進学しない可能性も高そうです。

 

このあたりは何か判明しましたら追記しておきます。

 

 

以上が「乃木坂46」小川彩さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

5期生のメンバーとしては最年少ということもあり、当初はあまり目立たない存在でした。

 

しかしこのところはソロのグラビアなども増えて、グループ内でも存在感が増しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次