大谷翔平の学歴|小学校中学校や高校の偏差値

 

大谷翔平(おおたに しょうへい)

 

 

199475日生

身長193㎝ 97kg

 

岩手県出身のプロ野球選手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で兄と姉がいる。

 

201210月のドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズに

1位で指名される。

 

 

2013年のプロデビュー後は、投手と野手の二刀流で活躍。

 

 

15勝を挙げた2015年には最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得。

 

2016年も二けた勝利(10勝)と1.86の防御率でチームの日本一に貢献。

 

同年10月に日本最速の球速165kmを記録。

 

同年に日本プロスポーツ大賞を受賞。

 

2017年のWBC日本代表に選出されるも、足首のケガで辞退。

 

2017年12月にポスティングで、MLBロサンゼルス・エンゼルスに入団した。

 

 

学歴~出身小学校・中学校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:奥州市立姉体小学校

 

出身中学校:奥州市立水沢南中学校

 

大谷翔平さんの出身小学校は、奥州市立姉体(あねたい)小学校です。

 

父親が社会人野球の選手で、母親がバドミントン選手の

スポーツ一家に育ち、小学校3年生の時から水沢リトルリーグで

野球をはじめました。

 

当時からポジションはピッチャーで、既にキャッチャーが逃げるほどの

速球を投げており、小学校5年生で110kmの球速を記録しています。

 

水沢南中学校に進学後は、一関リトルシニアに所属してエースとして

活躍し、中学3年生の時には全国大会に出場しています。

 

(中学生の頃)

 

学歴~出身高校の詳細

 



 

出身高校:花巻東高校 アスリート特進 偏差値44(容易)

 

大谷翔平さんの出身校は、私立の共学校の花巻東高校です。

 

同校の硬式野球部は強豪として知られ、プロ野球の西武で活躍する

菊池雄星選手に憧れて同校に進学しています。

 

入学直後から4番に座り、秋からはエースも務めます。

 

高校2年生の時に最速151kmをマークして、「みちのくのダルビッシュ」

と呼ばれ注目されます。

 

甲子園では思うように活躍できませんでしたが、高校3年生の夏の

岩手大会では最速160kmをマークして、MLBからも注目されます。

 

(高校時代)

 

高校時代は野球漬けでしたが勉強の成績もよく、

常に学年で10番以内をキープしていました。

 

プロ入り後もスポーツ科学や栄養学を独学で学んでおり、

頭脳も明晰のようです。

 

現在は球界を代表する選手になりましたが、夢はやはりMLB

 

早ければ2017年のオフにも挑戦するとの報道もあるので、

今後の動向にも注目ですし、メジャーでの成功にも期待したいです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ