谷口彰悟の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|学生時代からイケメン

 

サッカー選手の谷口彰悟さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。イケメンで知られる谷口さんですが、高校時代から女子にかなりモテていました。学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

谷口彰悟(たにぐち しょうご)

 

 

1991年7月15日生

身長183㎝

血液型はB型

 

熊本県熊本市出身のサッカー選手

本名同じ、愛称は「ショーゴ」

 

以下では谷口彰悟さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

谷口彰悟の学歴~出身大学(筑波大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:筑波大学 体育専門学群 偏差値58(やや難関)

 

 

 

谷口彰悟さんは高校卒業後は、国立大の筑波大学に進学しています。

 

この大学にはサッカーのスポーツ推薦で進学しています。

 

谷口さんはこの大学に入学をした理由は、当時関東大学リーグが日本で一番レベルが高かったからです。

 

大学時代は4年間にわたって体育会サッカー部に在籍して、競技に打ち込んでいました。

 

 

サッカー部では1年生からレギュラーとして活躍しています。

 

また大学4年生の時には主将も務めていました。

 

大学4年生の時には短期間ですが社会勉強の一環として居酒屋のようなダイニングバーでアルバイトを経験しています。

 

谷口さんは教員免許も取得していましたが、大学を卒業するときに川崎フロンターレから声がかかったため、卒業後はプロとしての道を進むことに決めました。

 

谷口さんはインタビューでは次のように話しています。

 

「自分にとって大学の4年間はプロへの準備期間として、たくさんのものを学んだと思っています。」

 

 

またプロ入り後と大学時代の違いについてはインタビューで次のように語っていました。

 

「大学生までのサッカーをやるモチベーションは『優勝したい』とか『相手に勝ちたい』とかでした。でも、プロになると生活がかかってきます。活躍できればそれなりのお金をもらえるし、逆に結果を出せなければ仕事を失う。だから1分1秒、それこそ練習でもワンプレーワンプレーが勝負なんです。それが僕の中ではすごく楽しくて、『これは面白いぞ』と。」

 

 

大学を卒業した2014年に川崎フロンターレに入団しています。

 

谷口さんは川崎フロンターレではルーキーながらいきなりレギュラーを獲得して、以降も主力選手としてチームを支えています。

 

 

2015年には日本代表にはじめて召集されています。

 

また2021年には再び日本代表に選出されて、2022年のワールドカップ・アジア予選でも活躍しています。

 

 

 

日本代表の守りの要だけに、今後の活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

谷口彰悟の学歴~出身高校(熊本県立大津高校)の詳細

 

出身高校:熊本県 大津高校 体育科 偏差値48(やや容易)

 

 

 

谷口彰悟さんの出身高校は、県立の共学校の大津高校です。

 

この高校は1923年開校の県立校で、体育科を設置していることから部活動が盛んです。

 

特にサッカー部は全国大会の常連で、数多くのJリーガーを輩出していることで知られています。

 

また同校は以下の4つの学科を設置していますが、谷口さんは体育科に在籍していました。

 

普通:偏差値52

理数:偏差値52

体育:偏差値48

美術:偏差値48

 

この高校でサッカー部に在籍をしており、キャプテンを務めていました。

 

 

谷口さんは高校では高校サッカー選手権に出場したいと思いクラブチームのユースではなく、この高校のサッカー部に入部をしています。

 

この高校のサッカー部では後にJリーガーになる藤嶋英介さんや松本大輝さん、澤田崇さんらと同期でした。

 

 

また1学年下にはサッカー日本代表の経験もある車屋紳太郎さんがいました。

 

高校時代は朝の6時から朝練がはじまるため、4時半に起床をして5時21分の電車に乗って通学をしていました。

 

谷口さんが想像していた以上にサッカー部は厳しく、当時のことについては次のように語っています。

 

「まず当然、上下関係はすごく厳しかったです。中学までクラブチーム育ちだった分、僕は大津で初めて体育会的な環境を経験することになりました。それを受け入れるかどうかではなく、もう受け入れざるを得ない(笑い)。サッカー以外も忙しかったです。下級生は掃除や片づけなど、本当にやることだらけ。何かに気づいたら、すぐに行動。」

 

またサッカー部の監督から時間の使い方について教わっており、インタビューでは次のように話しています。

 

「高校生のときは、サッカーをやっているのは1日で多くても3時間くらい。だからこそ、それ以外のところでも、いかにサッカーを中心に考えることができるか。寝ることも大事だし、食べることも大事。もちろん、勉強することもそう。平岡先生からは、そういうところもしっかりと考えながら生活しなさいと言われていました。」

 

そして高校2年生の時に念願だった高校サッカー選手権への出場が叶いました。

 

 

谷口さんは高校生の頃から将来は本格的にサッカー選手になりたいと思うようになりました。

 

高校卒業のタイミングでも川崎フロンターレからオファーをもらっていましたが、その時点ではプロでやっていける自信がありませんでした。

 

谷口さんは将来のことを考えてサッカー選手引退後の人生も長いことから、親と相談をしながら大学に進学をして勉強してからサッカー選手になっても遅くはないのではないかと思い進学することを決意しています。

 

イケメンで知られる谷口さんですが、バラエティ番組に出演した際には高校時代からかなり女子にモテていたことを明らかにしています。

 

高校の卒業式の日にはクラスの外に後輩の女子生徒が多数集結して、記念撮影が大変だったそうです。

 

【主な卒業生】

巻誠一郎(サッカー元日本代表)

植田直道(サッカー日本代表)

芋生悠(女優)

 

スポンサードリンク

 

谷口彰悟の学歴~出身中学校(熊本市立長嶺中学校)の詳細

 

出身中学校:熊本県 熊本市立長嶺中学校 偏差値なし

 

 

 

谷口彰悟さんの出身中学校は、地元熊本市内の公立校・熊本市立長嶺中学校です。

 

小学校・中学時代は部活動としてではなくクラブチームのユナイテッド熊本に在籍をしていました。

 

谷口さんは中学生の頃に自分よりも能力の高い選手たちと対戦をしたことで脱落し、人生ではじめて挫折を味わいました。

 

しかしサッカーは続けたかったそうです。

 

【主な卒業生】

車屋紳太郎(サッカー日本代表)

村上宗隆(プロ野球・ヤクルトスワローズ)

甲斐麻美(グラビアアイドル)

 

谷口彰悟の学歴~出身小学校(熊本市立長嶺小学校)の詳細

 

 

出身小学校:熊本県 熊本市立長嶺小学校

 

 

 

谷口彰悟さんの出身小学校は、地元熊本市内の公立校・熊本市立長嶺小学校です。

 

家族構成は両親と姉、兄の5人家族です。

 

谷口さんは兄の影響でサッカーをはじめており、インタビューでは次のように話しています。

 

「一緒に通っていた体育幼稚園のサッカーチームで、兄が出場していた試合を見に行っていたのがきっかけで、いつの間にか始めていました。」

 

小学生の頃はストライカーとしてのびのびとサッカーをやっていました。

 

 

また小学校時代は生き物係でザリガニの世話をしていました。

 

以上が谷口彰悟さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

所属する川崎フロンターレでは、不動のレギュラーとして活躍しています。

 

 

またこのところは日本代表でも欠かせない存在になっています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ