鈴木武蔵の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

サッカー日本代表の鈴木武蔵さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。2020年にベルギーに移籍した鈴木さんですが、どのような学生生活を送ってきたのでしょうか? 学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

鈴木武蔵(すずき むさし)

 

 

1994年2月11日生

身長186㎝、体重74㎏

血液型はB型

 

群馬県太田市出身のサッカー選手

 

以下では鈴木武蔵さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

鈴木武蔵の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:群馬県 桐生第一高校 進学スポーツコース 偏差値41(容易)

 

 

 

鈴木武蔵さんの出身高校は、私立の共学校の桐生第一高校です。

 

この高校は1901年開校の伝統校で、硬式野球部やサッカー部が強豪として知られています。

 

またこの高校は以下の6つのコースを設置していますが、鈴木さんは進学スポーツコースに在籍していました。

 

特別進学:偏差値56

進学スポーツ:偏差値41

製菓衛生師:偏差値38

総合:偏差値38

調理:偏差値38

文化教養:偏差値38

 

鈴木さんはこの高校には一般受験ではなく、サッカーのスポーツ推薦で入学しています。

 

高校入学後はサッカー部に入部していますが、当時のサッカースタイルがあまりにも激しく荒削りで個人プレーが多かったため、1年生の頃は総監督を務めていた小林勉さんから毎日のように怒られ基礎練習を徹底することを指示されていました。

 

利き足と反対の足でのプレーの未熟さなど、自分には未熟な部分が多かったことを知った鈴木武蔵さんは、毎日練習に精を出しますが1年生の時は公式戦には出してもらえず苦い思いしています。

 

プレイスタイルはもちろんのこと、メンタルの強さも鍛えさせられるようなトレーニングがあったと言い、一時は『サッカーをやめたい』と思ったこともあったそうです。

 

とは言え身体能力の高さはこの頃から有名だったようで、一般的な高校生の50m走のタイムは7秒台なのに対し、鈴木さんは5秒9でした。

 

さらに体力測定で垂直跳びをした際に、測定器の限界値であった90cmをオーバーし測定不能になったという驚きのエピソードがあります。

 

NBA選手の一般的な記録が65から70cmと言われているので、いかに凄いかが分かります。

 

高校1年の基礎練習の日々を乗り越え、2年生に上がると少しずつ試合に出場させてもらえるようになります。

 

第90回全国高等学校サッカー選手権大会の群馬県大会決勝では5連覇中だった前橋育英高校と対戦、勝利をして全国大会へ出場します。

 

 

全国大会の初戦ではいきなりハットトリックを決めるなどの活躍を見せ、初出場ながらベスト8という成績を残しチームに貢献します。

 

そしてこの大活躍により大会優秀選手に選出されました。

 

 

試合でのプレイを高く評価した小林勉総監督はU-16日本代表監督であった吉武博文さんに「面白い奴がいるから見てくれ」と鈴木武蔵さんを推薦します。

 

このことがきっかけでU-16日本代表に選出されることになり、国際ユースサッカーin新潟に出場します。

 

当時は全くの無名選手だったにも関わらず、3試合で3得点という大活躍をみせ一躍有名になります。

 

高校3年生だった2011年、FIFA U-17ワールドカップ直前のスロバキア遠征中、肋骨と腰椎を骨折する大怪我を追ってしまいます。

 

 

それでもU-17日本代表に選出されると、4試合に出場し得点こそなかったものの怪我を感じさせないプレーで対戦相手を圧倒しました。

 

【主な卒業生】

滝沢乃南(タレント)

 

そして鈴木武蔵さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、アルビレックス新潟に入団しています。

 

 

ただしJリーグ入り後はなかなか結果が出せずに、水戸ホーリーホックや松本山雅、V・ファーレン長崎などのチームを渡り歩きます。

 

V・ファーレン長崎時代の24歳だった2018年にレギュラーに定着し、2019年にはコンサドーレ札幌でも主力選手として活躍します。

 

 

そのため2019年3月にはじめて日本代表に選出されています。

 

 

2020年8月にベルギー1部のKベールスホットVAへの移籍が発表され、ベルギーでのデビューも果たしています。

 

今後の活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

鈴木武蔵の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:群馬県 太田市立北中学校 偏差値なし

 

 

 

鈴木武蔵さんの出身中学校は、地元群馬県太田市内の公立校の北中学校です。

 

中学時代は学校のサッカー部ではなく、FCおおたジュニアユースの一員として活躍していました。

 

このチームは鈴木さんが入団した年に創設されたので、中学1年生の頃からレギュラーでした。

 

また鈴木さんもできるだけ試合に出たかったことから、強豪チームではなく誕生したばかりのこのチームを選んで入団しています。

 

当時の鈴木さんはドリブルを多用するスタイルで、好きなようにプレーしていたとインタビューで話しています。

 

チームは1年生の時は弱小でまったく勝てませんでしたが、2、3年生の頃になると地方大会で準優勝するほどになります。

 

ただし強豪チームには勝てなかったことから、鈴木さんは中学時代は全国大会などは経験していません。

 

また好きなようにプレーしていた中学時代ですが、前記のように高校では壁に直面しています。

 

【主な卒業生】

正田樹(プロ野球選手)

 

スポンサードリンク

 

鈴木武蔵の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:群馬県 太田市立韮川西小学校

 

 

 

鈴木武蔵さんの出身小学校は、地元太田市内の公立校の韮川西小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族のようです。

 

父親はジャマイカ人で、母親は日本人のハーフです。

 

 

「武蔵」という名前は母親の「武士のようにたくましく生きてほしい」という願いが込められています。

 

鈴木さんは小学校2年生の時に、この学校のサッカー部に入部してサッカーをはじめています。

 

当時から運動神経が万能で、サッカーの練習がない時は野球をしていました。

 

サッカーでは小学校高学年の時には地区選抜のメンバーに選ばれるなど、当時から光るものがあったようです。

 

なお小学校時代から一貫してフォワードのポジションを務めています。

 

以上が鈴木武蔵さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

中学時代まではプレーが荒削りでしたが、高校時代にサッカー選手として大きな成長を遂げています。

 

Jリーグ入り後もレギュラーに定着するまでは苦労しましたが、その後に日本代表入りも果たしています。

 

 

世界にはばたく選手になってほしいですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ