長友佑都の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

サッカー選手の長友佑都さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は長友さんは高校時代までは無名の存在で、大学時代にサッカー選手としての才能が開花しています。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

長友佑都(ながとも ゆうと)

 

 

1986912日生

身長170

血液型はO型

 

愛媛県西条市出身のプロサッカー選手

本名同じ

 

以下では長友佑都さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2008年にFC東京と契約しプロデビュー。 

同年5月には日本代表に招集されて、キリンカップで代表デビュー。 

2010年の南アフリカワールドカップでの活躍が評価され、同年7月にイタリア・セリエAのACチェゼーナに移籍。 

20111月に同じセリエAの名門クラブ・インテルミラノに移籍。

チームでは当初から主力選手として活躍し、2017年にはインテル通算200試合を達成。 

日本代表としても長らく活躍しており、201711月のブラジルとの親善試合で、史上7人目となる国際Aマッチ100試合出場を達成。 

私生活では20171月に女優の平愛梨と結婚し、20182月に長男が誕生した。

 

長友佑都の学歴~出身大学(明治大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:明治大学 政治経済学部 偏差値63(やや難関)

 

 

 

長友佑都さんは高校卒業後は、明治大学に進学しています。

 

高校時代の実績が乏しかったことからスポーツ推薦を得られずに、指定校推薦での入学でした。

 

大学時代も体育会サッカー部に在籍をしていました。

 

 

長友さんは大学1・2年生のときは椎間板ヘルニアや怪我などで試合に出場できないことが多く、試合の時には応援の和太鼓を叩いていました。

 

長友さんは大学時代に一番成長できたのがこの和太鼓だったと話しており、当時のことについて次のように語っています。

 

「1、2年生の頃は、ケガなどで試合に出場できない事が多く、試合の時は必ず太鼓を叩くのが僕の使命でした。正直、自分でも自己満足するくらいアフリカンなノリの太鼓は、大学サッカー界の話題をさらいました(笑)鹿島アントラーズのサポーターの方から『ウチで太鼓を叩いてもらえないか?』というオファーを受けた程ですから。。。」

 

 

長友さんは大学2年生あたりからMFからサイドバックに転向したことで才能を開花しています。

 

そのため大学4年生だった2008年にサッカー部を退部して、FC東京と契約しています。

 

 

すると1年目からいきなりレギュラーとして活躍しています。

 

 

またこの年には日本代表にも召集されています。

 

なおこのように長友さんは大学時代からJリーガーとして活躍していますが、大学はキッチリと卒業しています。

 

以降もセリエAのインテルミラノや日本代表の主力選手として長きにわたって輝かしい成績を残しています。

 

 

また31歳だった2017年には、女優の平愛梨さんと結婚して大きな話題になっています。

 

 

2020年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

35歳だった2021年9月に、11シーズンぶりにFC東京に復帰しています。

 

久しぶりの国内でのプレーにも期待ですね。

 

平愛梨の学歴と経歴|出身高校中学校や大学の偏差値と若い頃かわいいの画像

 

スポンサードリンク

 

長友佑都の学歴~出身高校(東福岡高校)の詳細

 

出身高校:福岡県 東福岡高校 偏差値45(当時・容易)

 

 

 

長友佑都さんの出身高校は、私立の男子校の東福岡高校です。

 

この高校は1955年開校の私立高校です。

 

また同校はスポーツの名門校として知られ、サッカー部やラグビー部は全国的な強豪です。

 

長友さんは愛媛県西条市の出身ですが、越境入学してこの高校に進学しています。

 

このあたりの経緯については、インタビューで次のように話しています。

 

「高校は全国制覇を成し遂げるため、福岡県の東福岡高校に親元を離れ進学しました。県外の高校で寮に入り、生活する事で自立性などが身に付きましたが、それ以上に親の大切さや感謝の気持ちを感じられた3年間でした。」

 

高校時代はサッカー部に在籍して、競技に打ち込んでいました。

 

 

長友さんは中学時代にお世話になった監督には「絶対にビッグになる」と伝えてこの高校に入学をしました。

 

高校2年生の時にレギュラーのボランチになりましたが、選抜大会などのメンバーには選ばれず高校時代は全国的には無名の選手でした。

 

 

そのため高校時代はJリーグなどから声がかからず、大学に進学してサッカーを続ける道を選んでいます。

 

ただし高校時代のサッカー部のチームメイトは、当時から長友さんはかなりの努力家でストイックにサッカーに取り組んでいたことを明らかにしています。

 

当時は誰よりも早い朝5時にグランドに来て、自主練をはじめていました。

 

このような努力もあり、大学時代に才能が開花しています。

 

 

【主な卒業生】

佐々木健介(プロレスラー)

黒瀬淳(パンクブーブー)

田口浩正(俳優)

 

平愛梨の学歴と経歴|出身高校中学校や大学の偏差値と若い頃かわいいの画像

 

スポンサードリンク

 

長友佑都の学歴~出身中学校(西条市立西条北中学校)の詳細

 

出身中学校:愛媛県 西条市立北中学校 偏差値なし

 

 

 

長友佑都さんの出身中学校は、地元西条市内の公立校・西条市立北中学校です。

 

中学時代はサッカー部に在籍していました。

 

長友さんは小学6年生の時に愛媛FCの育成チームの入団試験に落ちており、仕方なくこのサッカー部に入部しています。

 

また当時このサッカー部はかなり荒れており、長友さんは流されて髪の毛を金髪にして練習をサボりゲームセンターに入り浸っていました。

 

長友さんは一人の監督との出会いに救われており、長友さんをゲームセンターまで追いかけて、夜に自宅を訪ねて泣きながら説得をしてくれました。

 

 

長友さんにとってその監督は最初は煙たかったそうですが、次第に心を開くようになりました。

 

中学3年生の時に公式戦を終えたあと監督は駅伝チームを結成しており、これがきっかけとなり長友さんの持ち味であるスタミナが養われています。

 

長友佑都の学歴~出身小学校(西条市立三芳小学校)の詳細

 



 

出身小学校:愛媛県 西条市立三芳小学校

 

 

 

長友佑都さんの出身小学校は、地元西条市内の公立校・西条市立三芳小学校です。

 

家族構成は両親と姉、弟の5人家族です(3人きょうだいの真ん中)。

 

 

長友さんは小学1年生の時にサッカーをはじめており、きっかけについて次のように話しています。

 

「僕がサッカーを始めたのは、小学校1年生の頃で、一番女の子にモテるスポーツだと思い始めてみました(笑)・・・」

 

 

小学3年生の時に両親が離婚をしており、母親はきょうだいの中でも一番長友さんが離婚に反発したと語っています。

 

当時のことについて母親は次のように話しています。

 

「お姉ちゃんや弟は気にするそぶりを見せなかったのに、佑都だけはすごく嫌がった。一生懸命育ててるんだから、胸を張ってほしいと思うんですけど。母子家庭ということで人から励まされたり、違う目で見られるのも嫌だったみたいです。」

 

離婚後は経済的にも苦しく、古い長屋風の2DKの自宅でトイレはぼっとん便所でした。

 

また子供の頃はモーニング娘。が好きで歌手になりたいと思っていたようです。

 

以上が長友佑都さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

サッカー選手としては遅咲きでしたが、その後はワールドワイドな活躍をしています。

 

また日本代表としても長らくチームをけん引してきました。

 

今後もさらなる活躍にも期待がかかります。

 

平愛梨の学歴と経歴|出身高校中学校や大学の偏差値と若い頃かわいいの画像

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ