遠藤航の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|セレクションに落ち続けた

 

サッカー選手の遠藤航さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は遠藤さんは小学校時代にJリーグの下部組織のセレクションに落ち続けた過去がありました。学生時代のエピソードや情報、当時の画像なども併せてご紹介いたします

 

遠藤航(えんどう わたる)

 

 

1993年2月9日生

身長178㎝

血液型はO型

 

神奈川県横浜市出身のサッカー選手

本名同じ、愛称は「ワタル」

 

以下では遠藤航さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

遠藤航の学歴~出身大学(神奈川大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:神奈川大学 人間科学部人間科学科(中退) 偏差値50(普通)

 

 

 

遠藤航さんは高校卒業後は、私立大の神奈川大学に進学をしています。

 

在籍したのは人間科学部です。

 

大学1年生だった2011年に湘南ベルマーレのトップチームに昇格しています。

 

そのためサッカーに専念することを決意して、大学1年生の途中で大学を中退しました。

 

インタビューでもJリーガーと大学生の両立は不可能と思ったことを明らかにしています。

 

 

2012年からはチームでもレギュラーとして定着しています。

 

遠藤さんは在籍した湘南ベルマーレJ2降格もあり、2015年に浦和レッズに移籍しています。

 

 

この年には日本代表にはじめて召集されています。

 

また2018年からは海外でプレーしており、シント=トロイデンVVやVfBシュトゥットガルトなどに在籍しています。

 

 

日本代表でも存在感が増しているので、今後の活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

遠藤航の学歴~出身高校(神奈川県立金井高校)の詳細

 

出身高校:神奈川県 金井高校 偏差値53(普通)

 

 

 

遠藤航さんの出身高校は、県立の共学校の金井高校です。

 

この高校は1975年開校の中堅県立高校です。

 

遠藤さんは高校ではサッカー部に入部することも考えていましたが、入学と同時に湘南ベルマーレユースに入団をしています。

 

このことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「高校サッカーも考えていたけど、Jのクラブの下部組織からオファーがきたのは初めてだったし、Jのチームにも挑戦したいなと思っていた。ベルマーレは、練習会に行った早い時期からチョウさんも『来ないか』と言ってくれたので。」

 

 

またこの時に高校サッカーを選んでいたらプロにはなっていたか分からないそうで、次のように話していました。

 

「今考えると、高校に行っていたら、プロになってなかったんじゃないかとちょっと思っています。高校は、『蹴るサッカー』が多いっていうイメージがあるし、僕は背もあまり高くない。センターバックでもつなぐっていうのを特長としているし、そういう特長を出していかなければならなかったので、高校のサッカーとは合ってなかったかなぁと思うから」

 

遠藤さんは湘南ベルマーレユースに入団をして、現実的に将来はサッカー選手になりたいと思うようになったと言います。

 

このことについては次のように話しています。

 

「小学生の頃から『サッカー選手になりたい』とは思っていたけれど、でも、それを現実的に目標とすることができたのは高校1年、湘南ベルマーレのユースに入ってからですね。練習場ではトップチームの選手とすれ違うこともよくあったので、自然と「俺もああなりたい」と思うようになりました。」

 

湘南ベルマーレユースではキャプテンも務めており、高校2年生の時には国民大会に神奈川県代表として出場をし優勝を勝ち取っています。

 

そして高校3年生だった2010年6月にはJ1の舞台でプロデビューを果たしています。

 

 

【主な卒業生】

紡木たく(漫画家)

 

スポンサードリンク

 

遠藤航の学歴~出身中学校(横浜市立南戸塚中学校)の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横浜市立南戸塚中学校 偏差値なし

 

 

 

遠藤航さんの出身中学校は、地元横浜市内の公立校・横浜市立南戸塚中学校です。

 

中学時代はサッカー部に在籍をして競技に励んでいました。

 

 

クラブチームに入部しなかった理由については次のように話しています。

 

「マリノスは、普通に落ちて(笑)、Jクラブ以外のクラブチームは何チームか受かったんですけど、小学校時代のコーチが、僕が進学する中学に『良い指導者の方が顧問としてくるから、中学で続けるのもいいんじゃないか』とアドバイスをくれたので、中学は学校の部活を選びました。」

 

また中学時代のポジションについて次のように話しています。

 

「小学校の頃はフォワードで、その後はトップ下とかボランチとか。中学のときは、中盤で中心になってボールをまわしてラストパスを出す、みたいな。その中学校のチームがあまり強くなくて、センターバックがいなかったので、中2の終わりくらいに初めてセンターバックをやりました」

 

なお遠藤さんは中学時代は全国大会には出場していませんが、中学3年生の時に湘南ベルマーレユースにスカウトされています。

 

遠藤航の学歴~出身小学校(横浜市立南戸塚小学校)の詳細・セレクションに落ち続けた!

 

 

出身小学校:神奈川県 横浜市立南戸塚小学校

 

 

 

遠藤航さんの出身小学校は、地元横浜市内の公立校・横浜市立南戸塚小学校です。

 

家族構成は両親と弟、妹の5人家族です。

 

父親の周作さんも高校までサッカーをやっていました。

 

遠藤さんは幼稚園の頃は遊びでサッカーボールを蹴っており、小学1年生のときから南戸塚少年サッカークラブに入団して本格的にサッカーをはじめています。

 

自身の幼少期についてインタビューで次のように振り返っています。

 

「すごく負けず嫌いでしたね。サッカーやっていても、絶対チームの一番になりたかったし、試合でも負けたくないっていうのはすごくありました。あとは見たものをそのままどんどん真似してたかな。サッカーだったら、プロの試合を見てボール持ったらこういうプレーしてるのか、こういうシュート打ってるんだ、というのを自分で考えて、それを再現しようとしてました。真似して、チャレンジしてという能力は多分小さい頃に培ったかなと思いますね。」

 

小学5・6年生の時にマリノスの下部組織のセレクションに3回も落選しています。

 

遠藤さんは当時のことについて次のように話しています。

 

「当時はF・マリノスが好きでよく試合を観に行っていたので、両親に『セレクションを受けたい』と話しました。父親は『3次選考まであるんだから絶対に受からない』と言っていたんですけど、まさにそのとおりでした(笑)。僕自身も落ちるだろうと思っていたけれど、でも、受けてみないとわからないじゃないですか。奇跡みたいなことがあるかもしれないし。」

 

なお本人は落選でショックは受けておらず、より前向きにサッカーに取り組むようになったそうです。

 

(遠藤さんは左から2番目)

 

以上が遠藤航さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

Jリーグ入り後は順調に成長を重ねて、日本代表やブンデスリーガでも活躍しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ