板倉滉の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

サッカー選手の板倉滉さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。このところは日本代表にも召集されている板倉さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

板倉滉(いたくら こう)

 

 

1997年1月27日生

身長186㎝

血液型はA型

 

神奈川県横浜市出身のサッカー選手

本名同じ、愛称は「コウ」

 

以下では板倉滉さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

板倉滉の学歴~出身高校(神奈川県立川崎北高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:神奈川県 川崎北高校 偏差値47(やや容易)

 

 

 

板倉滉さんの出身高校は、県立の共学校の川崎北高校です。

 

この高校は1974年開校の県立校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

板倉さんはこの高校のサッカー部ではなく、川崎フロンターレのユースで競技に打ち込んでいました。

 

 

高校生になるとフロンターレU-18に上がり、高校1年生の時から試合に出場をしています。

 

当時は中学3年生の時の急激な体の成長によって、バランスが崩れてしまったことから思うように動くことができずに苦労をしていました。

 

高校2年生になると中盤でプレーをおこなうようになりましたが、Jユースカップの準決勝では板倉さんのミスで負けたとのことで、サッカー人生で一番悔しかった試合だったと明かしています。

 

高校3年生だった2014年の春には宮崎キャンプに参加をしており、同じ年の6月にはトップチームの練習に参加をしました。

 

板倉さんは「ついて行くことで精一杯で全然ダメだった」と語っていました。

 

 

また板倉さんは学生時代の得意教科は体育で、体育以外の教科は苦手でした。

 

この世で一番嫌いなものについて聞かれた際には「学校のテスト」と回答をしており、勉強は得意ではなかったようです。

 

【主な卒業生】

風間トオル(俳優)

沖田浩之(俳優)

 

なお板倉さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、川崎フロンターレのトップチームに昇格をしています。

 

 

川崎フロンターレでは出場機会に恵まれませんでしたが、21歳だった2018年にベガルタ仙台にレンタル移籍するとレギュラーに定着しています。

 

 

2019年にオランダリーグのフローニンゲンに移籍して、以降は海外でプレーしています。

 

 

またこの年には日本代表にはじめて召集されています。

 

 

 

そして板倉さんは2022年のカタールワールドカップのメンバーにも選ばれました。

 

ワールドカップでの活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

板倉滉の学歴~出身中学校(横浜市立すすき野中学校)の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横浜市立すすき野中学校 偏差値なし

 

 

 

板倉滉さんの出身中学校は、地元横浜市内の公立校・横浜市立すすき野中学校です。

 

この中学校に在籍中は、2学年下にアイドルグループ「26時のマスカレイド」のメンバーの吉井美優さんも在籍していました。

 

板倉さんは中学時代はフロンターレU-15に所属をして、プレーをおこなっていました。

 

中学1、2年生の頃には周囲が成長をしたこともあって、周りに追い抜かれていく苦しみを味わっています。

 

板倉さんは同年代の選手と比べても体の成長が遅かったことから、自身のイメージと現実とのギャップに悩んでいました。

 

また中学生の多感な時期でもあったことから、周囲には辞めると話したこともあったようです。

 

当時のことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「正直、あまり気が乗らないなぁと感じながら練習をやっていたこともありました。自分のなかではU-18に上がれるかどうかも分からないと思っていましたし、いま振り返ると本当にサッカーを辞めなくてよかったです」

 

なお板倉さんは中学3年生になると身長も180cmを超えていました。

 

【主な卒業生】

吉井美優(26時のマスカレイド)

枡田絵理奈(アナウンサー)

塚本舞(グラビアアイドル)

 

スポンサードリンク

 

板倉滉の学歴~出身小学校(川崎市立鷺沼小学校・横浜市立荏子田小学校)の詳細

 

出身小学校:神奈川県 川崎市立鷺沼小学校

 

 

 

板倉滉さんが入学をしたのは、川崎市内の公立校・川崎市立鷺沼小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

板倉さんは横浜で生まれており、生後間もなく父親の転勤で兵庫県の西宮市に引っ越しをしています。

 

そのため小学校1年生の冬までは西宮市内の公立校に通学していましたが、校名などの詳細は不明です。

 

父親は学生時代に野球に打ち込んでいたことから、板倉さんに野球をさせたかったようで、4歳の時に木製のバットをプレゼントしています。

 

そして幼少期はキャッチボールやバッティングセンターに行って遊んでいました。

 

板倉さんはボールを投げるのが上手だったことから、父親もセンスがあると喜んでいたとのことです。

 

しかし小学1年生の春に学校のサッカー大会で賞状をもらったことがきっかけで、本格的に地元のサッカークラブ高木SCでサッカーをはじめています。

 

また小学1年生の時に父親の転勤で神奈川県に戻っており、友人との別れが辛く、車内で号泣をしていた板倉さんを見て両親は「環境を整えてあげたい」と思い、サッカーチームを捜しました。

 

そして板倉さんはさぎぬまSCでプレーをするようになりました。

 

小学校3年生の時に横浜市立荏子田小学校に転校しています。

 

 

 

小学4年生の時に母親が川崎フロンターレの下部組織にジュニアを立ち上げるニュースを偶然見ており、セレクションを受けています。

 

板倉さんはセレクションに合格をしており、一期生としてフロンターレU-12に入りました。

 

 

フロンターレU-12でプレーをしていた時のことについては、インタビューで次のように振り返っています。

 

「周りの選手と比べたら適当な方だったと思います(笑)。でも、一生懸命やっていましたし、上手くなりたいという気持ちを持っていました。」

 

そしてチームはダノンネーションズカップ2008日本大会で初優勝を果たしており、フランスでの本大会に出場をしました。

 

板倉さんはダノンネーションズカップ2008日本大会で優勝したことは、サッカー人生の中で一番嬉しかった試合だと明かしています。

 

子供の頃から将来の夢はサッカー選手になることでした。

 

 

また子供の頃には水泳も習っていました。

 

以上が板倉滉さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ベガルタ仙台時代にサッカー選手として頭角を現しています。

 

このところは日本代表に召集されるなど、傑出した活躍をしています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ