乾貴士の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

サッカー日本代表で活躍した乾貴士さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は乾さんは当初はあまりサッカーに真面目に打ち込んでいませんでした。学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします 

 

乾貴士(いぬい たかし)

 

 

198862日生

身長169㎝ 体重59

血液型はA型

 

滋賀県出身のプロサッカー選手

 

以下では乾貴士さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2007年に横浜マリノスに入団。 

2008年に当時J2だったセレッソ大阪にレンタル移籍すると、主力として活躍してチームのJ1昇格にも貢献。 

同年にはじめて日本代表に招集。

2011年にドイツ2部リーグのボーフムに移籍。

20126月にブンデスリーガに昇格するフランクフルトに移籍。 

2015年に念願だったスペインのリーガエスパニョーラ・SDエイバルに移籍。 

チームでもレギュラーとして活躍して、20171月にリーガエスパニョーラの日本人最多出場を記録。

日本代表でも2018年のW杯の候補として招集された。

 

乾貴士の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:滋賀県 野洲高校 偏差値39(かなり容易)

 

 

 

乾貴士さんの出身校は、県立の共学校の野洲(やす)高校です。

 

同校は部活動が盛んで、特にサッカー部は全国的な強豪として知られています。

 

乾さんもこの高校へはサッカーをやるために入学しており、高校でもサッカー部に在籍しています。

 

 

乾さんは中学3年生の頃は「滋賀県で一番うまい」と天狗になっていましたが、高校1年生の時には試合に出ることさえままならなかったので、かなりの危機感を覚えて練習したとインタビューで話しています。

 

「高校に入ってからは、そういう余裕はなくなりました。1年生の頃は試合にも出られなくて、「ヤバい」と思い始めたんです。それから、部活が終わってからの時間とか、オフの日とか、一人でドリブルの練習ばかりするようになって……」

 

それでも高校1年生の時には関西の選抜チームに召集されていますが、当時中学3年生だった後の日本代表の柿谷曜一朗さんには度肝を抜かされています。

 

「それから、高校1年の時に関西の選抜チームに呼ばれたんですけど、そこに当時中学3年だった柿谷曜一朗(現セレッソ大阪)がいて……あれは度肝を抜かれましたね。ホントにびっくりしました。「こんなにうまいヤツがいるんや」って」

 

そのような危機感や努力の甲斐もあって、乾さんは高校2年生の頃からレギュラーを務めています。

 

するとその年の2005年の高校サッカー選手権では見事に優勝を飾っています。

 

(高校時代)

 

 

 

さらに高校3年生の時にはU-21の日本代表にも選ばれて、国際大会も経験しています。

 

ただし乾さんが3年生の時の同校のサッカー部はかなり弱かったとインタビューで話しています。

 

「あの大会で出場していた2年生は僕を含めて3人だけで、新チームはめちゃくちゃ弱かったんです。滋賀県内でも、勝てるかどうか。それなのに、遠征に行けば「すごいプレーをするんだろ?」という目で見られるし、そんなことできないのに期待ばかり大きくて……」

 

 

【主な卒業生】

TMレボリューション(歌手)

 

そして乾貴士さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、Jリーグの横浜マリノスに入団しています。

 

 

当時選手層の厚かったマリノスでは出場機会に恵まれませんでしたが、レンタル移籍したセレッソ大阪で頭角を現します。

 

主力選手として長らくチームをけん引した後にドイツの2部リーグに移籍。

 

ここでの活躍が認められて、ブンデスリーガのフランクフルトに移籍します。

 

 

そして27歳の時に当初からの目標だったリーガエスパニョーラのSDエイバルに移籍して、スペインリーグデビューを果たします。

 

 

また2018年には日本代表としても初のW杯のメンバーとして召集されています。

 

W杯では決勝トーナメント1回戦のベルギー戦で2点目となる得点を挙げる活躍もしています。

 

 

しかしチームは逆転負けを喫してベスト16で敗退しています。

 

スポンサードリンク

 

乾貴士の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:滋賀県 近江八幡市立八幡中学校 偏差値なし

 

 

 

乾貴士さんの出身中学校は、地元近江八幡市内の公立校の八幡(はちまん)中学校です。

 

ちなみに乾さんは2018年に近江八幡市に100万円を寄附して、この中学校のサッカーゴールが新調されています。

 

 

乾さんは中学時代は地元の「セゾンフットボールクラブ」に在籍しています。

 

ところが乾さんは中学1、2年生の頃はサボることばかり考えていたとインタビューで話しており真面目にサッカーに取り組んでいませんでした。

 

そのためサッカーに真面目に取り組むようになったは中学3年生の時からでした。

 

そのためこの頃からプロのサッカー選手になることを意識しはじめています。

 

とは言え当時はプロのサッカー選手になれるとの確信はなかったものの、「かなり調子に乗っていた」と言うほどで前記のように滋賀県で自分が一番うまいと思っていました。

 

乾貴士の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:滋賀県 近江八幡市立八幡小学校

 

 

 

乾貴士さんの出身小学校は、地元近江八幡市内の公立校の八幡小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

 

母親が教育熱心だったことから、乾さんは小学校の頃から塾に通学していました。

 

またサッカーは小学校時代から本格的にはじめて「セゾンフットボールクラブ」に入団しています。

 

当時から才能の片鱗を見せており、小学校時代には既にリフティングが5000回もできたほどでした。

 

ところが友達が野球ばかりやっていたことから乾さんもサッカーそっちのけで野球をやっています。

 

当時はサッカーの練習をサボってまで野球をやったエピソードも残っています。

 

 

以上が乾貴士さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

現在に至るまで長らく日本代表として活躍しています。

 

 

特に2018年のロシアワールドカップでの活躍は記憶に新しいところです。

 

ところが2020年にタレントの木下優樹菜さんとの不倫疑惑に巻き込まれて、世間の大きな注目を集めてしまっています。

 

今後の動向にも注目が集まります。

 

木下優樹菜の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ