前田大然の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|問題行為を起こしていた!

 

サッカー選手の前田大然さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は前田さんは高校時代に問題行為を起こしており、サッカーができない時期がありました。学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介します

 

前田大然(まえだ だいぜん)

 

 

1997年10月27日生

身長173㎝

血液型はB型

 

大阪府太子町出身のサッカー選手

本名同じ、愛称は「だいぜん」

 

以下では前田大然さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

前田大然の学歴~出身高校(山梨学院大学附属高校)・大学の詳細・問題行為を起こしていた!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:山梨県 山梨学院大学附属高校 進学コース 偏差値48(やや容易)

※現在は山梨学院高校

 

 

 

前田大然さんの出身高校は、私立の共学校の山梨学院大学附属高校です。

 

この高校は1956年開校の山梨学院大学の系列の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

特にサッカー部や駅伝部が全国的な強豪です。

 

また2016年に校名を山梨学院高校に変更しています。

 

なお同校は以下の3つのコースを設置していますが、前田さんは進学コースに在籍した可能性が高いでしょう。

 

特進P:偏差値59

特進A:偏差値54

進学:偏差値48

 

前田さんは大阪府太子町出身ですが、この高校のサッカー部に憧れていたっことから越境入学で進学しています。

 

高校時代はサッカー部に在籍して、部活動に打ち込んでいました。

 

 

1年生の時から主力選手として期待されていましたが、年明けに問題を起こしたことで謹慎処分となっています。

 

数人の部員がチームの規律を乱す行為をしたとのことで、具体的には寮生活を送っている中で他の部員に対して、「いじり」が「いじめ」にエスカレートをして、サッカー部内に不協和音が生じたようです。

 

監督は前田さんの実家がある大阪まで両親を訪ねており、転校を含めて考えるように伝えました。

 

前田さんは当時の心境についてはインタビューで次のように話していました。

 

「そのときは(除籍の)期限もわからなかったので、学校に残ってもサッカー部に復帰できるかはわかりませんでした。ただ、とにかく残るって両親にはすぐに言っていましたね。何でなんやろ? サッカーは好きやったし、サッカーをやめようとは思わなかった。」

 

サッカー部の寮からは追い出されたため、親に近くにワンルームのアパートを借りてもらって授業はこれまで通りに出席をしています。

 

一人暮らしはこの高校では原則禁止となっていたことから、母親が定期的に通うことを条件に認めてもらっています。

 

前田さんは謹慎中には反省をしており、自主トレや早朝から登校をして校内の清掃活動をおこない、学業面でもしっかり取り組むなど心を入れ替えて真面目に努めていました。

 

また週に2日ほど社会人のクラブに参加をする傍ら、パン屋でのアルバイトもおこなっていました。

 

除籍されている間にはこの高校は前田さんが目標としていた全国高校選手権に出場をしていますが、スタンドから応援するしかありませんでした。

 

前田さんはこれまではヤンチャなこともしており、ピッチ内外では本当に自分のことしか考えていなかったといいます。

 

ただしその1年間で周囲の人に支えられたことから、自分自身が1番ではなく、周囲の人のためにという意識が身につきました。

 

また当時のことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「サッカーは好きでしたし、それが一番にありますけど、家族の後押しや社会人のチームでも可愛がってもらえたので、そういった人の気持ちも背負ってサッカーをしないといけないと感じたので、辞めなかったのかなと思います。」

 

この1年間がなければ今サッカーをしていなかったと語るほど、前田さんにとって貴重な時間でした。

 

そして高校3年生の時にサッカー部に復帰しました。

 

 

前田さんは高校時代には「プリウス」というあだ名がついています。

 

スピード感がありながら同時に相手に気づかれないように、絶妙なステップで距離を詰めることからこのあだ名がついたようです。

 

また除籍が解除されて以降はチームのために走る前田さんの姿が評価をされており、ボールが集まるようになって、高校3年生の時のプリンスリーグ関東では12ゴールで得点王に輝いています。

 

 

【主な卒業生】

金丸義信(プロレスラー)

河西歩果(タレント)

辻村深月(小説家)

 

なお前田さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、当時J2だった松本山雅FCに入団しました。

 

当初は大学に進学することも考えましたが、最終的にはプロ入りを決断しています。

 

 

松本山雅FCでは主力選手として活躍して、2019年にはクラブ史上初となる日本代表に選出されています。

 

その後は横浜F・マリノスを経て、2022年1月からはスコットランドの1部リーグ・セルティックでプレーしています。

 

 

またこの年にはサッカーワールドカップ2022の日本代表のメンバーにも選出されています。

 

 

今後の活躍にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

前田大然の学歴~出身中学校(太子町立中学校)の詳細

 

出身中学校:大阪府 太子町立中学校 偏差値なし

 

 

 

前田大然さんの出身中学校は、地元大阪府太子町(たいしちょう)内の公立校・太子町立中学校です。

 

中学時代はこの学校のサッカー部には所属せずに、川上FCでプレーしています。

 

ただし全国大会などには出場経験はなかったようです。

 

前田さんは全国高校選手権で初出場初優勝を飾った山梨学院高校の試合を見て、この高校に入学を希望するようになりました。

 

中学3年生の時にこの高校の練習に参加をしており、監督は前田さんのスピードに目を引いたとのことで、同時に「面白い選手になる」と思い入学が決まっています。

 

スポンサードリンク

 

前田大然の学歴~出身小学校(堺市立八下西小学校・太子町立磯長小学校)の詳細

 

出身小学校:大阪府 堺市立八下西小学校

 

 

 

前田大然さんが入学したのは、堺市立八下(やしも)西小学校です。

 

家族構成は両親と姉、弟、妹2人の7人家族です。

 

実家は動物病院を経営しています。

 

当初は器械体操を習っていましたが、体が硬かったため辞めようと思ったところ友人に誘われてサッカーをはじめました。

 

 

前田さんは小学校4年生の時に太子町立磯長小学校に転校しています。

 

 

 

転校後は太子町ジュニアサッカークラブで、サッカーに打ち込んでいました。

 

 

以上が前田大然さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

プロ入り後は順調にキャリアを重ねて、日本代表のメンバーにも名を連ねています。

 

 

卓越したスピードが武器の点取り屋として相手チームからも恐れられています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ