本木雅弘の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃のカッコいい画像

 

俳優の本木雅弘さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。アイドルグループ「シブがき隊」のメンバーとしても一世を風靡した本木さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のカッコいい画像なども併せてご紹介いたします

 

本木雅弘(もとき まさひろ)

 

 

19651221日生

身長174

血液型はA型

 

埼玉県桶川町(現在は桶川市)出身の俳優

本名同じ(結婚前)、愛称は「モックン」

 

以下では本木雅弘さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

自ら応募してジャニーズ事務所入りし、1981年のドラマ2B組仙八先生」でデビュー。 

1982年に布川敏和と薬丸裕英とともにアイドルグループ「シブがき隊」を結成すると、ヒット曲を連発してトップアイドルグループになる。

1988年にシブがき隊が解散すると、俳優に転向。

1989年の主演映画「ファンシイダンス」の演技で注目される。

1990年にソロ歌手としてデビュー。

1992年の「ニュースなあいつ」で連続ドラマ初主演。

以降も「最高の片思い」や「徳川慶喜」、「坂の上の雲」などの連続ドラマに主演。

2008年の映画「おくりびと」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。

私生活では1995年に女優の内田也哉子と結婚し、長女がいる。

 

本木雅弘の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:埼玉県 浦和学院高校 偏差値43(容易)

※後に明治大学附属中野高校定時制課程(偏差値40)に転校後に中退

 

 

 

本木雅弘さんが入学したのは、私立の共学校の浦和学院高校です。

 

この高校は1978年開校の私立高校で、県内でも有数のマンモス校として知られています。

 

また同校は部活動が盛んで、硬式野球部や硬式テニス部、男子ハンドボール部などが全国的な強豪です。

 

加えて現在は特進コースなどを設置して偏差値も向上していますが(偏差値は45~63)、本木さんが在籍した当時はそのようなコースはありませんでした。

 

本木さんは中学3年生の時にジャニーズ事務所入りしており、仕事もあったことから高校時代は部活動などはおこなっていません。

 

また高校1年生だった1981年に、テレビドラマ「2年B組仙八先生」で俳優デビューを飾っています。

 

 

そのためより芸能活動をしやすいように、明治大学付属中野高校の定時制課程(偏差値40)に転校しています。

 

 

 

この高校の定時制課程は2003年に廃止されるまで、立地などのよさから堀越高校と並び多くの芸能人が在籍してきました。

 

特に当時はジャニーズ事務所の所属タレントの有力な進学先で、以下の人物たちが出身者です。

 

近藤真彦

布川敏和(シブがき隊・中退)

薬丸裕英(シブがき隊・中退)

錦織一清(少年隊・中退)

東山紀之(少年隊・中退)

大沢樹生(光GENJI・中退)

内海光司(光GENJI・中退)

前田耕陽(男闘呼組)

岡本健一(男闘呼組・中退)

高橋和也(男闘呼組・中退)

 

他にも石川秀美さんや浅香唯さん、中森明菜さん(中退)や島崎和歌子さん(中退)など、当時のアイドル歌手も多数在籍していました。

 

 

なお布川さんと薬丸さんもこの高校の定時制課程に転校しています。

 

また布川さんと薬丸さんのほか、中森明菜さんや三田寛子さんがこの高校の同級生でした。

 

前記の「2年B組仙八先生」の出演者だった布川敏和さんと薬丸裕英さんとともに、本木さんが高校2年生だった1982年に「シブがき隊」が結成されています。

 

するとこの年の5月に、「NAI・NAI16」で「シブがき隊」はメジャーデビューを飾っています。

 

 

 

「シブがき隊」は結成当初からかなりの人気で、本木さんもインタビューで次のように当時を振り返っています。

 

「15歳でドラマデビュー、翌年にアイドルグループ『シブがき隊』で活動し始めました。デビューイベントがデパートの屋上だったんですけど、恐ろしい数の女の子が来ていて、こんな若造に熱狂することに引いてしまった。以来、物事を俯瞰して見てしまうことがありました」

 

当時の本木さんは自身が置かれた状況に戸惑いもあったようで、インタビューでは次のように振り返っています。

 

「おかげさまで人気は出ましたけど、正直、うれしいのと同時に“なんでこんな若造に熱狂するの”という戸惑いもあって。その後、徐々に人間が商品として消費されていくのを感じたんです。」

 

 

なお「シブがき隊」としてデビューを果たすと瞬く間にトップアイドルに上り詰め通学する暇すらなくなったことから、本木さんは高校を中退しています。

 

そのため大学などにも進学していません。

 

また「シブがき隊」他のメンバーも同時期に高校を中退しています。

 

1988年に「シブがき隊」が解散すると、本木さんは俳優に転向します。

 

すると1989年に主演した映画「ファンシイダンス」の演技で注目を集めています。

 

 

1995年に内田裕也さんと樹木希林さんの娘の内田也哉子さんと結婚した際には、大きな話題になっています。

 

 

2008年に主演した映画「おくりびと」では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しています。

 

 

 

アイドル出身ですが、国内でも有数の演技派俳優として知られています。

 

内田也哉子の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

スポンサードリンク

 

本木雅弘の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:埼玉県 桶川町立桶川東中学校 偏差値なし

※現在は桶川市立桶川東中学校

 

 

 

本木雅弘さんの出身中学校は、地元埼玉県桶川町(現在は桶川市)内の公立校の桶川東中学校です。

 

中学時代はバスケットボール部に在籍しており、キャプテンを務めるなど運動神経は良かったようです。

 

中学生の頃は不漁に憧れを抱いていました。

 

中学3年生の時に自らジャニーズ事務所に履歴書を送っています。

 

履歴書を送ったきっかけについてインタビューで次のように話しています。

 

「私が中学生のころに学園ドラマブームがあって、たのきん(トリオ)さんだったり、「となりのお兄さん」みたいな人たちがチラホラ、テレビの画面に出てきて…そこで『あ、自分もテレビに映ってみたいな』という遊び半分の感覚で、当時の事務所に履歴書を送ってみたのがきっかけで。」

 

そしてすぐに「レッスンに来なさい」と呼ばれたそうで演技の練習もほとんどしないまま、ドラマのオーディションに応募させられてセリフを読んだり叫んだりしていたそうです。

 

そのためジャニーズとしてバク転の練習もする暇もなかったと言います。

 

本木さんはとんとん拍子とは真逆の自己像を追いかけていたそうで、当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「思い返せば、あのときの『憧れ』というのは、食うや食わずの時代を経て、ようやくスポットライトを浴びる、そんな自己像を追い求めようとしていました。」

 

スポンサードリンク

 

本木雅弘の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:埼玉県 桶川町立加納小学校

※現在は桶川市立加納小学校

 

 

 

本木雅弘さんの出身小学校は、地元桶川町内の公立校の加納小学校です。

 

家族構成は両親と兄、弟の5人家族です(3人兄弟の真ん中)。

 

本木さんは自身の育った環境に対してインタビューで次のように話しています。

 

「私の実家は埼玉県で農業を営んでいて。そんな育ちだから、いざというときには贅沢はできないけれど、米も土地もあるから食うには困らないよな、というのんびりとした思いがあるのかもしれません」

 

本木さんは子供の頃は女子とおままごとなどをして遊ぶことが好きだったそうです。

 

小学3年生の時の作文には将来は喫茶店のマスターになりたいと記載していたそうです。

 

 

本木さんは小学3年生の時から毎年学級委員長に選ばれていましたが、人の先頭に立つことは苦手でどちらかと言えば端から全体をみるタイプだったようです。

 

以上が本木雅弘さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

アイドルとしてデビューしていますが、俳優に転身すると数々の映画やドラマに起用され好演してきました。

 

演技力の高さも周知の通りで、これまで日本アカデミー賞を筆頭にこれまで多くの映画賞や演技賞を受賞しています。

 

 

年齢は50台になりましたが、未だに第一線で活躍しており、日本を代表する俳優のひとりとされています。

 

現在でも絶大な人気を誇っていますので、今後の活躍にも期待が高まります。

 

内田也哉子の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ