上田晋也の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃のカッコイイ画像

 

人気お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は上田さんは「超」のつくような進学校に通学していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のカッコイイ画像なども併せてご紹介いたします

 

上田晋也(うえだ しんや)

 

003

 

197057日生

身長172㎝ 63kg

血液型はO型

 

熊本県熊本市出身のお笑いタレント

お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」のツッコミ担当

本名同じ

 

以下では上田晋也さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

上田晋也の経歴

 

1970年(0歳):熊本県熊本市で生まれる

1977年(7歳):熊本市立日吉小学校入学

1983年(13歳):熊本市立日吉小学校卒業

1983年(13歳):熊本市立城南中学校入学

1986年(16歳):熊本市立城南中学校卒業

1986年(16歳):熊本県立済々黌高校・普通科入学

1989年(19歳):熊本県立済々黌高校・普通科卒業

1990年(20歳):1年間の浪人生活を経て早稲田大学・教育学部に入学

1990年(20歳):早稲田大学・教育学部を中退

1991年(21歳):お笑いコンビ「海砂利水魚」を結成

1992年(22歳):「ボキャブラ天国」に出演

2001年(31歳):コンビ名を「クリームシチュー」に改名

2004年(34歳):一般女性と結婚

2005年(35歳):「おしゃれイズム」に出演

2016年(46歳):「天才バカボン」でドラマ初主演

 

上田晋也の学歴~出身大学(早稲田大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 教育学部(中退) 偏差値65(難関)

 

 

 

上田晋也さんは高校卒業後は、一年間の浪人生活を経て名門の早稲田大学に進学します。

 

大学時代の同期には羽鳥慎一アナウンサーがいました。

 

上田さんは意外にも大学では10以上のサークルをクビになるなど、大学生活になじめずに友人もできませんでした。

 

ただしサークルでは下半身を露出したり、周囲の空気を読まずに大騒ぎするなどしたことからクビになるなど、自業自得といった面もありました。

 

とは言え上田さんは早々に大学生活に失望して、「ゴールデンウイーク前には大学生活が終わっていた」とインタビューで話しています。

 

そのため大学を中退して、高校の同級生だった有田哲平さんを誘ってお笑いの道に進むことになります。

 

ちょうど有田さんも大学生活に馴染めなかったことから、上田さんの誘いは渡りに船となったようです。

 

そして21歳だった1991年にお笑いコンビ「海砂利水魚」を結成しています。

 

 

YOUTUBEにデビュー当時の映像がありました。

 

 

コンビは運よく翌年よりはじまった「ボキャブラ天国」に起用され、爆笑問題やネプチューンらとともに人気を博します。

 

 

「ボキャブラ天国」に出演した当時の動画もありました。

 

 

ところが他の出演者らがブレイクする中、海砂利水魚の笑いは通受けするもののなかなか一般受けせずに不遇時代が長く続きます。

 

そんな中2001年にバラエティ番組内でさまぁ~ずとの改名を賭けた対決に敗れてコンビ名を「くりぃむしちゅー」に改めると、以降は「内村プロデュース」や「ロンドンハーツ」などのバラエティ番組でブレイクしています。

 

その後はコンビで数々のバラエティ番組に出演する傍ら、単独でも司会者としての才能を発揮して、トーク番組「おしゃれイズム」などの司会も担当しています。

 

 

その他にも俳優としても活動するなど、マルチな活動を展開しています。

 

スポンサードリンク

 

上田晋也の学歴~出身高校(熊本県立済々黌高校)の詳細

 

出身高校:熊本県 済々黌高校 偏差値71(超難関)

 

 

 

上田晋也さんの出身校は、県立の共学校の済々黌(せいせいこう)高校です。

 

同校は1879年開校の伝統校で、県内では県立熊本高校に次ぐ難関進学校として古くから知られています。

 

2019年度のこの高校の主な進学実績は次のようになっています(浪人生含む)。

 

東京大学:1名

京都大学:4名

大阪大学:8名

九州大学:51名

熊本大学:99名

 

早稲田大学:8名

立命館大学:46名

同志社大学:14名

西南学院大学:54名

  

上田さんは高校時代はラグビー部に所属しており、ここで後に相方となる有田哲平さんと出会っています。

 

当時からふたりともプロレス好きで、最初に交わした会話は「猪木と前田、どっちが強い」だったそうです。

 

 

また上田さんは中学・高校時代はプロレス記者になりたかった時期もあったとインタビューで話しています。

 

「中・高校生の頃はプロレスの新聞記者になりたいと思っていた時もありました。好きなプロレスを毎日見られると安易に考えて」

 

高校では番長のような存在でかなり目立つ生徒でしたが、「女性セブン」では当時の同級生の談話として次のように報じられています。

 

「高校時代、上田くんはリーゼント頭で“番長”でした。だけど硬派だったので女の子と1対1で話すのが苦手で、彼女がいたとか浮いた話は聞いたことないですね。だから、有田くんからは“童貞番長”なんて呼ばれてました(笑)」

 

また高校時代に観た「お笑いスター誕生」の影響で、当時からお笑い芸人になる夢を持っていました。

 

004

(高校時代)

 

なお上田さんは高校時代はあまり勉強していなかったことから成績が悪く浪人していますが、1年間の浪人生活中に早稲田大学に合格するほどの実力をつけています。

 

【主な卒業生】

財津一郎(俳優)

山本恵里伽(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

上田晋也の学歴~出身中学校(熊本市立城南中学校)の詳細

 

出身中学校:熊本県 熊本市立城南中学校 偏差値なし

 

 

 

上田晋也さんの出身中学校は、地元熊本市内の公立校の城南中学校です。

 

上田さんは自身の出身中学校を明らかにしていませんが、インターネット上やツイッターにはこの中学校への在籍情報が複数見られます。

 

中学校時代から髪型をリーゼントにしています。

 

 

 

 

中学時代は野球部に在籍していました。

 

また当時からお笑いとプロレスが大好きでした。

 

ただし上田さんの中学校時代の情報はあまり多くありません。

 

上田晋也の学歴~出身小学校(熊本市立日吉小学校)の詳細

 


 

出身小学校:熊本県 熊本市立日吉小学校

 

 

 

上田晋也さんの出身小学校は、地元熊本市内の公立校の日吉小学校です。

 

家族構成は両親と3歳年上の兄、3歳年下の妹の5人家族です。

 

 

父親はプロパンガスの販売の仕事をおこなっていました。

 

上田さんは小学校時代から学校の成績が良く、児童会長を務めたほどの模範的な生徒でした。

 

また子供の頃からスポーツが好きで、小学校時代は野球部に所属しています。

 

当時から明るい性格で、小学校時代の通信簿には「落ち着きがない」と書かれています。

 

以上が上田晋也さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

お笑いコンビとしては早くから注目されたものの、ブレイクするまでかなり時間がかかっています。

 

とは言え、その後の活躍は目覚ましく、コンビは現在では絶大な人気を誇っています。

 

 

ブレイク後は冠番組をはじめ、多くのバラエティー番組に毎日のように出演しています。

 

 

単独でも司会者やMCとして引っ張りだこで、多くの番組に出演していますから、今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ