今田耕司の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

今田耕司(いまだ こうじ)

 

 

1966313日生

身長174

血液型はA型

 

大阪府出身のお笑いタレント

本名同じ

 

以下では今田耕司さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 
1985年に吉本総合芸能学院(NSC)に第4期生として入学 

同年からほんこんとお笑いコンビ「ダブルホルモンズ」を結成するも、1986年に解散。 

1989年から吉本新喜劇に出演。 

1990年に東京に進出して、ダウンタウンの「ごっつええ感じ」などに出演して、全国区の人気を得る。 

また東野幸治とWコウジとして司会などで活動。 

以降は多くの番組に出演し、「深イイ話」や「なんでも鑑定団」、「アナザースカイ」などにレギュラー出演。 

俳優としても「彼と彼女の事情」や「いつかまた逢える」、「下町ロケット」などの連続ドラマに出演している。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:三重県 日生学園第一高校(中退) 偏差値40(容易)

※後に清風高校定時制に編入して卒業

 

 

今田耕司さんの出身校は、私立の男子校(当時)の日生学園第一高校です。

 

現在は男女共学の桜丘高校となっていますが、当時の同校は全寮制のスパルタ教育で知られていました。

 

また当時の高校は中学時代に素行不良などがあった問題児たちが全国から集まっていることでも知られています。

 

毎朝4時半に起床し、2キロのマラソンをしなければならず、放課後も10キロのマラソンが日課になっていました。

 

また便器を素手で洗ったり、校外への外出は月一度の帰宅以外は禁止、甘いものやお菓子は禁止で外から戻ってきたら身体検査が義務付けられているなど、かなりのスパルタぶりでした。

 

今田さんは当時のことをインタビューで次のように話しています。

 

「校長先生の話を聞く時に、物凄い数の生徒がいるんですけど、校長先生の目線からサッとそらしたら、校長先生が壇上から指を指すんです。その目をそらした生徒を。そうしたら、両脇から先生がやってきて…ペチペチペチって」

 

「外からお菓子とか持ち込めないんですけど、工夫して持ち込まなダメなんで。僕がやったのは、生活用品は親から送ってもらえたりするんで、手紙の中で、『マクラの中に砂糖の袋を綿の中に入れて送ってくれ』って。僕の場合は、いちごミルクのアメが凄い貴重品なんで、いちごミルクをマクラの中に仕込んだりして。普段お世話になってた人に、いちごミルクを持ち込むことに成功しましたってことで、配ったりしましたね」

 

また寮内での上下関係も厳しく、消灯後に先輩にトイレに呼び出されて、指導名目で殴られたことがあることも明らかにしています。

 

YOUTUBEに系列校の日生第二高校の当時の動画がありました(後半に今田耕司さんがやりすぎコージーで高校時代のエピソードを語っています)

 

 

今田さんは「監獄のような学校だった」と言っており、あまりの厳しさに耐えかねて高校1年生の秋脱走していますが一度目の脱走は失敗して連れ戻されています。

 

しかし二度目の脱走に成功して、その際には再び戻ることはなくこの高校を中退しています。

 

当時のこの高校では脱走者が出ると校内にアラームが鳴り渡り、1年生はその生徒が見つかるまで正座させられたといいます。

 

ちなみにダウンタウンの浜田雅功さんも同校の卒業生で、今田さんの2学年上に在籍して副寮長を務めていました。

 

 

その後は大阪府にある私立の清風高校の定時制に編入して卒業しています。

 

現在の清風高校は進学校(偏差値62~70)になっていますが、当時は進学校になる前で、商業科や定時制課程なども設置していました。

 

当時の今田さんはラーメン屋の店主になろうとしていましたが、修業先の店の店主に「高校くらい出ておけ」と言われたことから高校の定時制課程に進んでいます。

 

そして今田耕司さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、吉本総合芸能学院(NSC)に入学してお笑い芸人を目指しています。

 

その頃は寿司職人か美容師になりたいと思っていましたが、肌が弱く医者に「水を扱う仕事は向いていない」と言われたことから断念しています。

 

また当時のNSCは5万円ほどで入学できたため(現在は40万円)、軽い気持ちで入校しています。

 

同期には板尾創路さんやほんこんさんがおり、在校中にほんこんさんと「ダブルホルモンズ」を結成していますが鳴かず飛ばずでした。

 

 

そのため20歳の時にコンビを解散して以降はピン芸人として活動を開始しています。

 

そして24歳の時に「ダウンタウン」を慕って上京すると、「ごっつええ感じ」の出演でブレイクしています。

 

 

その後は数々のバラエティ番組に出演するほどの人気お笑いタレントになっています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:大阪市立夕陽丘中学校 偏差値なし

 

 

今田耕司さんの出身中学校は、大阪市内の公立校の夕陽丘(ゆうひがおか)中学校です。

 

中学時代は柔道部に所属するスポーツ少年でした。

 

また当時の今田さんは漫画家を夢見ており、4コママンガなども書いていました。

 

さらに中学時代には友達3人と独立して生きていこうと考えて家出して大阪から島根まで行っています。

 

その際には海岸で寝泊まりしていましたが、警察に補導され数日間で連れ戻されて自宅謹慎となったエピソードも残っています。

 

なお今田さんは当時から勉強はあまり得意ではありませんでした。

 

かと言って目立った素行不良もなく、前記の日生学園第一高校に進学した理由などは不明です。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:大阪市立生魂小学校

 

 

今田耕司さんの出身小学校は、大阪市内の公立校の生魂(しょうこん)小学校です。

 

家族構成は両親と兄、姉の5人家族です。

 

実家は日蓮宗のお寺ですが、ラブホテル街のど真ん中にありました。

 

親のしつけは非常に厳しく、お寺のお堂に閉じ込められたこともありました。

 

子供の頃の今田さんは落ち着きがなく、通信簿にも注意緩慢と記載されたこともありました。

 

以上が今田耕司さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大阪時代は下積みも経験していますが、いち早く東京に進出して先輩芸人のダウンタウンの番組に出演してブレイクを果たしています。

 

 

その後の活躍は周知の通りで、多くのバラエティー番組に出演して、MCなどを務める売れっ子になりました。

 

現在もテレビで見ない日はないほどの人気を誇っていますから、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ