堀内健の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

お笑いトリオ「ネプチューン」の堀内健さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は堀内さんは当初はお笑い芸人ではなく、ツアーコンダクターになることを目指していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

堀内健(ほりうち けん)

 

 

19691128日生

身長169

血液型はB型

 

神奈川県横須賀市出身のお笑いタレント

お笑いトリオ「ネプチューン」のメンバー

本名同じ、愛称は「ホリケン」

 

以下では堀内健さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1990年に渡辺プロダクション(当時)のオーディションに合格して、ピン芸人としてデビュー。 

1991年に原田泰造とお笑いコンビ「フローレンス」を結成。 

1994年に名倉潤が加入してお笑いトリオ「ネプチューン」を結成。 

1995年の「ボキャブラ天国」への出演を機に知名度が上がって、その後は数多くのバラエティー番組に出演。 

俳優としても活動しており、「高原にいらっしゃい」や「ワンダフルライフ」、「左目探偵EYE」などの連続ドラマに出演している。 

私生活では2009年に17歳年下の一般人女性と結婚し、2010年に長女が誕生している。

 

堀内健の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京観光専門学校 トラベル科 偏差値なし

 

 

 

堀内健さんは高校卒業後は、東京観光専門学校に進学します。

 

当初は大学に進学するつもりでしたが、大学受験に失敗してこの専門学校に進学しています。

 

そのため現役ではなく、1年間の浪人生活を経ての入学です。

 

浪人時代は東芝の工場で夜勤のアルバイトをしていました。

 

また堀内さんは専門学校入学とともに上京して、阿佐ヶ谷の4畳半風呂なし、共同トイレの物件に住んでいました。

 

同校は観光サービス系の専門学校としては老舗で、堀内さんははとバスのツアーコンダクターに憧れての進学でした。

 

ちなみにツアーコンダクターに憧れたのは、テレビドラマ「男女7人秋物語」に出演していた明石家さんまさんの職業がツアーコンダクターだったからだとインタビューで話しています。

 

「当時流行ってた、男女7人秋物語で、ドラマの主人公の明石さんまさんがツアコンだったんで、ツアコンになるのもいいかな、とりあえず…くらいの気持ちで入りました」

 

ところが当時のツアーコンダクターは主に女性のみの採用だったので、堀内さんは専門学校2年生の時にツアーコンダクターになれないことを知りました。

 

そのため旅行会社への就職は断念しています。

 

卒業後はフリーターをしながらお笑い芸人を目指し、21歳だった1990年に所属事務所のオーディションに合格して芸能界入りを果たしています。

 

 

堀内さんは当初はピン芸人として活動していましたが、1991年に同じ事務所に所属していた原田泰造さんとお笑いコンビ「フローレンス」を結成しています。

 

 

さらに1993年には名倉潤さんが加入して、お笑いトリオ「ネプチューン」が誕生しています。

 

 

意外にも当初は堀内さんは名倉さんの加入には反対しており、原田さんの説得もあり了承しています。

 

「ネプチューン」は結成2年目の1995年にバラエティ番組「ボキャブラ天国」に出演して、爆笑問題らとともに大ブレイクしています。

 

 

 

その後は数々のバラエティ番組に出演する人気トリオになっています。 

 

原田泰造の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

 

名倉潤の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値や学生時代のかっこいい画像

 

スポンサードリンク

 

堀内健の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 逗葉高校 偏差値48(やや容易)

 

 

 

堀内健さんの出身高校は、県立の共学校の逗葉(ずよう)高校です。

 

この高校は1978年開校の公立校で、サッカー部が強豪として知られ数多くのJリーガーを輩出しています。

 

当時のこの高校にはかわいい女子がたくさん通学していたので、堀内さんもこの高校に進学しています。

 

堀内さんは高校時代は柔道部に在籍して、部活動に励んでいました。

 

ただし柔道に誘った友人が辞めたことから、堀内さんも1年間で柔道部は退部しています。

 

また高校時代から道場に通って空手をはじめています。

 

インタビューでは当時はクラスの中心から外れていたと述べています。

 

「少年時代は明るいキャラで小学校時代は人気者だったが、中高と進学していくうちに徐々にクラスの中心から外れていった」

 

加えて「あいつ今何している?」に同級生が出演した際には、堀内さんは高校時代は「誰とも群れない1人ヤンキーだった」と証言しており、当時はやんちゃだったようです。

 

 

なお堀内さんは高校時代は特に想い出はないとインタビューで話しています。

 

「高校時代って、特につらい事もないかわりに、楽しい事もなかった。薄っぺらいっていうか…。だから、思い出も少ない。つまらないよね、こういうのって」

 

ちなみに高校時代は小泉今日子さんの大ファンで、「ザ・ベストテン」の生中継の現場に原付バイクで駆け付けたこともありました。

 

高校卒業後に東京に行きたかったことから、大学受験をしています。

 

「どこの大学に行きたい!っていうより、とにかく東京の大学に行きたかった。っていうのは、ひとり暮らしをしたくて。だから自分が受かりそうな、都内の大学で一番バカなところ、全部で10学部ぐらい受けました。」

 

その際には受験1か月前から猛勉強をしていますが、麻雀やドライブの誘いを断れなかったことから受験した大学はすべて不合格になっています。

 

浪人時代は親から予備校に通えと言われていますが、堀内さんは「自由な浪人生になる」とこれを拒んでいます。

 

また夏期講習のためにもらった5万円はすべてパチンコで使い果たしてしまいました。

 

堀内さんは浪人時代はパチンコにハマっており、結局大学受験は失敗して前記の専門学校に進学しています。

 

【主な卒業生】

荒嶋英里子(気象予報士)

 

原田泰造の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

 

名倉潤の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値や学生時代のかっこいい画像

 

スポンサードリンク

 

堀内健の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横須賀市立田浦中学校 偏差値なし

 

 

 

堀内健さんの出身中学校は、地元神奈川県横須賀市内の田浦中学校です。

 

中学時代は野球部に在籍して、部活動に打ち込んでいました。

 

 

そのため当時の夢はプロ野球選手になることでした。

 

また中学3年生の時の同級生の影響でお笑いに目覚めたとのこと。

 

「中三のクラスで仲良し4人グループができ、その中でもヒロミツのやることのおもしろさといったら、群をぬいていた。彼の影響で、おもしろいイコールカッコイイと思うようになったのは、確かです。」

 

なお堀内さんは中学時代の学校の成績は悪かったのですが、かわいい女子がいる学校に入学するために猛勉強して進学しています。

 

【主な卒業生】

石川梨華(元モーニング娘。)

 

堀内健の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:神奈川県 横須賀市立船越小学校

 

 

 

堀内健さんの出身小学校は、地元横須賀市内の公立校の船越小学校です。

 

家族構成は両親と2歳年下の妹の4人家族です。

 

 

堀内さんは子供の頃からかなり活発で、小学校時代までは毎年のように骨折などのケガをしていました。

 

また小児喘息を患っていたことから、小学校2年生の頃から体を鍛えるために水泳をはじめています。

 

同じ年から習字をはじめており、有段者です。

 

小学校5年生の頃から地元の少年野球チーム「船越ファイターズ」に入団して野球をはじめています。

 

ちなみに当時のポジションはサードでした。

 

なお堀内さんは小学校時代は学校の成績がよかったとインタビューで話しています。

 

子どもの頃から周囲を笑わすのが好きで、小学校時代はクラスの人気者でした。

 

以上が「ネプチューン」堀内健さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

在籍する「ネプチューン」は「ボキャブラ天国」でのブームも後押しとなって、瞬く間に人気お笑いトリオとなっています。

 

 

堀内さんはグループでの活動の傍らでピンとしてもバラエティ番組に出演しており、俳優としても活動しています。

 

現在も絶大な人気を誇って数多くの番組にも出演していますので、さらなる活躍にも期待です。

 

原田泰造の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

 

名倉潤の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値や学生時代のかっこいい画像

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ