タモリの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代や若い頃の画像

人気タレントのタモリさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。マルチに活動した高校時代やジャズ研究会に没頭した大学時代など、学生時代のエピソードや情報、当時の画像なども併せてご紹介いたします

 

タモリ

 

 

1945822日生

身長161

液型はO型

 

福岡県出身のお笑いタレント、司会者

本名は森田一義

 

以下ではタモリさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1976年に赤塚不二夫らの後押しで芸能界入りし、深夜番組「空飛ぶモンティ・パイソン」でデビュー。 

同年10月からラジオ番組「オールナイトニッポン」のパーソナリティを務め、徐々に知名度が上がる(19839月まで) 

1977年にパロディやモノマネ集のレコード「タモリ」をリリース。 

1982年から「笑っていいとも!」の司会を務めると、人気が全国区となる(20143月まで) 

1987年から「ミュージックステーション」の2代目司会者に起用される。 

以降も「音楽は世界だ」や「ボキャブラ天国」、「ブラタモリ」などの人気番組のMCや司会を務める。 

私生活では社会人時代に2歳年上の女性と結婚しており、子供はいない。

 

タモリの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:早稲田大学 第二文学部(除籍)偏差値60(閉鎖時) 

2014年に廃止

 

 

 

タモリさんは高校卒業後は、一年間の浪人生活を経て早稲田大学の第二文学部(夜間部)に進学しています。

 

同学部は夜間部の割にはレベルが高く、ピーク時は60程度の偏差値でしたが、2014年に廃止されています。

 

タモリさんは無線に興味あり国立大学の電気通信大学を目指しましたが、苦手の数学や物理が克服できずに同大に進学しています。

 

この大学に進学したのは受験科目に数学や物理がないことや一人暮らしをしたかったからでした。

 

同大では西洋哲学を専攻しています。

 

 

ちなみに早稲田大学の第二文学部では大ファンである吉永小百合さんと同期です(吉永小百合さんは学年は1年上ですが、2年遅れで大学に入学しています)

 

 

当時の吉永さんは既に映画スターでタモリさんは芸能界デビュー前でしたが、タモリさんは在学中に吉永さんを何度も見たそうです。

 

しかも情報番組「バイキング」に出演した際には、吉永さんと学食で遭遇した際には吉永さんの食べ残しに手を出そうとした仰天エピソードも明らかにしています。

 

とは言え当時のタモリさんにとっては吉永さんの存在は「生きる支えだった」とインタビューで話しています。

 

「モダンジャズ研究会に入部したんだけど、先輩に竹刀でブン殴られてシゴかれてね。そんな日々の中で、たった一つの希望っていうか、生きる支えが『いつか小百合さんに会える』ということだった」

 

ちなみにタモリさんが31年半にわたって司会を務めた長寿番組「笑っていいとも!」のグランドフィナーレには、吉永さんがゲストとして出演しています(ただし吉永さんの映画のロケのため中継での出演)。

 

 

吉永小百合の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

またタモリさんは大学在学中はモダンジャズ研究会に入っています。

 

当初はトランペットをやっていましたが、あまりうまくなかったことで先輩から「マイルスのトランペットは泣いてるけれども、お前のトランペットは笑ってる」と言われてしまい断念。

 

しかししゃべりがうまったことからモダンジャズ研究会のマネージャーを務めています。

 

「お前はしゃべりの方が面白いからって言うんで、マネージャーと司会をずっとやらされてました。しゃべりの人生はその辺から始まりましたね」

 

ただしジャズ同好会で活動に打ち込み過ぎて大学には通学しなくなって、3年生の時に学費滞納を理由に大学は除籍となっています。

 

学費を滞納してしまったのは大学2年生の時に友人2人と旅行に行った際に、タモリさんが仕送りされた学費を貸したのがきっかけです。

 

お金を借りた2人の友人の返済が遅れてしまい、タモリさんは学費を支払えなくなってしまいやむなく除籍となっています。

 

とは言えその友人とは現在でも仲がいいとのことですから、タモリさんのスケールの大きさが窺えるエピソードですね。

 

「学籍は一年でなくなっちゃいました。つまずきの始まりは、同級生三人で、二年になる時の五月の連休にどこかへ旅行に行こうということになって、その時最初に仕送りが来たのが僕だったんですね。その二人は後で仕送りが来るから、一旦オレの金を使おうっていうんで旅行に行ったんですけれども、二人とも返しゃしないんですよ。そのお金、学費だったんです。それで、「学費未納のため抹籍」という処分になりました。あいつらのおかげです(笑)。でも、あいつらとはいまだに付き合ってますけどね」

 

とは言えタモリさんは大学時代の一番の思い出はモダンジャズ研究会だとインタビューで話しています。

 

「ほとんどクラブのことですね。これはもう語ればきりがない位いろいろなことがありましたね。演奏旅行行ったり。演奏旅行ったって、昔は貧乏で特急とか乗れませんからね。急行に乗るんですけれども、一番長い距離は鹿児島から青森まで行ったことがありましたね。鹿児島から東京へ朝着いて、上野を午後発つんですよ。疲れも何ともしなかったですけれどね」

 

加えてこの研究会に在籍中に「タモリ」というあだ名で呼ばれはじめて、芸名にもしています。

 

また大学は除籍になっていますが、後にテレビの仕事をするようになった際は、早稲田大学のOBが多かったので、この大学出身でずいぶんと助かったと話しています。

 

大学を辞めた後は朝日生命で保険の営業マンや旅行会社の営業、ボーリング場の支配人などを歴任しました。

 

山下洋輔さんや赤塚不二夫さんらの尽力で30歳の時に芸能界デビューを果たすと、徐々に頭角を現していきます。

 

 

その後の活躍は周知の通りで、「お笑いBIG3」と呼ばれるほどの大物芸能人になっています。

 

スポンサードリンク



 

タモリの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:福岡県 筑紫丘高校 偏差値70(現在・超難関)

 

 

 

タモリさんの出身校は、県立の共学校の筑紫丘高校です。

 

同校は福岡県内でもトップレベルの進学校で、これまで多くの人材を政財界に輩出していることで知られています。

 

タモリさんの在籍時は偏差値という概念はありませんでしたが、当時からかなりの進学校でした。

 

(高校時代)

 

また当時の同校は共学でしたが、1、2年生の時は女子のみのクラスが1クラスのみのほぼ男子校状態でした。

 

高校3年生の時に志望校別の女子との混成クラスができタモリさんもこのクラスに在籍していますが、女子とは「どう話していいのか、どう接したらいいのか、まったくわかんなかった」と述べています。

 

高校ではブラスバンド部に所属してトランペットを担当していますが、トランペットをやりたかったのは「前面に出たい」というシンプルな理由からでした。

 

また掛け持ちで剣道部にも所属していました。

 

タモリさんは当初はラグビーにも興味を持っていますが、ラグビー部の部員とスクラムを組んでみた際に「向いていない」と諦めています。

 

また当時は居合も習っており、段位は2段です。

 

加えて高校では生徒会の副会長も務めており、当時から人望もあったようです。

 

さらに高校ではアマチュア無線クラブにも入っており、当時から船の通信士に憧れています。

 

このように高校時代のタモリさんはかなりアクティブに活動しています。

 

加えて高校3年生の時に聴いた「アート・ブレイキー」に衝撃を受けて、ジャズに興味を持っています。

 

そのためその頃から博多のジャズ喫茶に通いはじめています。

 

なお高校時代は国語と社会の成績はよかったものの、数学や物理が苦手で国立大学への進学を諦めています。

 

ちなみにタモリさんの実家は中学1年生の時にゴルフブームを予想して「森田ゴルフ」というゴルフ用品店を開業するも3年で閉店しています。

 

そのためタモリさんは高校生の時からフルセットでゴルフをしています。

 

【主な卒業生】

渕上舞(HKT48)

 

スポンサードリンク



 

タモリの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:福岡市立高宮中学校 偏差値なし

 

 

 

タモリさんの出身中学校は、地元福岡市内の公立校の高宮中学校です。

 

中学時代は剣道部と陸上部に入部しており、陸上部では200m走を担当しています。

 

また中学時代も生徒会副会長を務めています。

 

タモリさんは中学2年生の時から毎週のように平尾バプテスト教会に通っています。

 

この教会の外国人牧師の話す言葉が面白かったのが理由でしたが、この際の経験が「ニセ牧師」の芸につながっています。

 

また中学3年生の時には校内の弁論大会に出場して、「もっと挨拶をしよう」というテーマで演説して見事に優勝をしています。

 

ちなみに出身中学校の高宮中学校は有名人の卒業生が多く、歌手の高橋真梨子さんや氷川きよしさん、お笑いの博多華丸さんやタレントの森口博子さん、「ビーバップハイスクール」で知られる漫画家のきうちかずひろさんらも卒業生です。

 

また当時は日本でも有数のマンモス中学校で、タモリさんの学年は11クラスで、2学年下はベビーブームもあったことから22クラスもあり、全国生徒は2300人から2400人もいました。

 

スポンサードリンク



 

タモリの学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:福岡市立西高宮小学校

 

 

 

タモリさんの出身小学校は福岡市内の公立校の西高宮小学校です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

3歳の時に両親が離婚して、以降は祖父母に育てられています。

 

祖父がお湯を沸かすことくらいしかできなかった人だったことから、祖母が「これからの男は料理ができないとだめだ」と考えて子供の頃からタモリさんを台所に立たせています。

 

そのため料理が得意になっています。

 

小学校3年生の時に電柱に顔をぶつけた際に右目を失明していますが、めげずに活発に活動しています。

 

タモリさんは子供の頃から勉強ができ、小学校時代は校内でもトップクラスの成績でした。

 

また当時の夢は電車の運転手や車掌になることでした。

 

なお小学校時代からラジオ番組をよく聴いており、福岡市という場所柄もあり中国の北京放送も聴いていました。

 

そのことが後の外国語モノマネにつながっています。

 

「徹子の部屋」に出演した際には「7か国語でバスガイド」をやっていますが、もはや名人芸の域です。

 

 

以上がタモリさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

30歳での芸能界入りでしたが、当初はラジオ番組の「オールナイトニッポン」のパーソナリティを務めて頭角を現しました。

 

 

またその後はモノマネでも人気を博しています。

 

 

そして37歳だった1982年からバラエティ番組「笑っていいとも!」に出演すると司会者としての才能も開花して、人気を不動のものにしています。

 

 

既に70歳を超えていますが年齢を感じさせないほど若々しく、現在も冠番組を持つほど絶大な人気を誇ります。

 

 

幅広い世代から支持を受けており、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク





 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ