霜降り明星粗品の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

 粗品(そしな)

 

 

199317日生

身長180㎝、体重54

血液型はO

 

大阪府大阪市出身のお笑いタレント

お笑いコンビ「霜降り明星」のツッコミ担当

本名は佐々木直人

 

以下では霜降り明星粗品さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴

 
2011年からピン芸人として活動を開始。 

2012年に「オールザッツ漫才FootCutバトル」で史上最年少で優勝。 

2013年にせいやとお笑いコンビ「霜降り明星」を結成。 

2016年に「新しい波24」のレギュラーに起用されて注目される。 

2017年に「ABCお笑いグランプリ」で優勝。 

同年10月からバラエティー番組「AI-TV」のレギュラーに起用される。 

コンビは2018年の「M-1グランプリ」で初出場ながら優勝した。

 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:同志社大学 文学部(中退) 偏差値5860(学科不明のため)

 

 

粗品さんの出身大学は、関西の名門私立大学で知られる同志社大学です。

 

系列の高校に通学していたことから内部進学のようですが、在籍したのは文学部です。

 

ただし学科が不明のことから、粗品さんがこの大学で何を専攻したかはわかりません。

 

 

また大学時代に若手芸人の登竜門である「オールザッツ漫才FootCutバトル」に史上最年少で優勝するなど、既に才能の片りんを見せています。

 

大学1年生の時に吉本興業のオーディションに合格したことや大学の授業が難しくてついていけなかったこともあり、大学は中退しています。

 

「僕は大学に行ったんですけど、1年の時によしもとのオーディションを受けたら合格したんです。それで、お笑い芸人になるのか、大学で勉強を続けるかっていう選択を迫られて。正直、授業が難しくてついていけないところもあったんで、大学をやめて芸人になったんです。親は大学を卒業してほしかったようですが、今はめちゃくちゃ応援してくれてます」

 

当初は引き続きピン芸人として活動するつもりでしたが、2013年に高校時代から面識があって「日本で一番面白い」と思っていた現在の相方のせいやさんとお笑いコンビ「霜降り明星」を結成しています。

 

 

その際の経緯についてはインタビューで次のように述べています。

 

「日本で一番面白いってずっと思ってたから、どうしても組みたかったんです。それに、芸人として僕にないものを全部持ってるんです。だからか、「バランスの取れてるいいコンビだな」ってよく言われます」

 

霜降り明星は結成4年目の2017年に若手コンビの登竜門「ABCお笑いグランプリ」に優勝しています。

 

またその年の10月にはバラエティ番組「AI TV」にレギュラーとして起用されています。

 

 

そして2018年には「M-1グランプリ」で初出場にして優勝する快挙を成し遂げています。

 

 

2019年4月には東京に進出し、以降は数々のバラエティ番組に出演しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:京都府 同志社国際高校 偏差値67(難関)

 

 

霜降り明星粗品さんの出身校は、私立の共学校の同志社国際高校です。

 

この高校は全校生徒の3分の2を帰国子女が占めている特殊な高校です。

 

また交換留学なども盛んで、粗品さんも高校時代に韓国に留学経験があります。

 

粗品さんは高校時代からお笑いに熱中しており、「お笑いを部活みたいな感覚でやっていた」とインタビューで語るほどです。

 

なお芸名の「粗品」は高校時代から名乗っていました。

 

また高校2年生の時に高校の同級生と「スペード」というコンビで出場した「ハイスクールマンザイ」の大阪大会で優勝しています。

 

この大会に出場していたお笑い芸人のパーマ大佐は「当時からネタが凄い面白くて、周りからも天才天才と言われていました。」と粗品さんについて語っています。

 

この活躍で「スペード」が話題になって、後に相方となるせいやさんも粗品さんの存在を知ることになり、「スペードを倒したい」と思い翌年の大会への出場を決意しています。

 

そして高校3年生だった2010年のこの大会の地区予選にせいやさんも友人とコンビを組んで出場してきたことから、ふたりは顔見知りになり仲良くなっています。

 

ただし当時はふたりとも後にコンビを組むようになるとは予想すらできなかったそうです。

 

ちなみにこの大会ではせいやさんのコンビが優勝し、粗品さんの「スペード」も予選を突破しています。

 

そのため2組とも「ハイスクールマンザイ」大阪大会に進出していますが、ともに準決勝で敗退しています。

 

ただし高校時代の「ハイスクールマンザイ」で手応えを感じていたことから、プロの芸人になろうと思いはじめています。

 

「学生時代はスペードというコンビで「ハイスクールマンザイ」というアマチュアの大会に出たりして、我ながら結構手応えもあったのでプロになろうかなと思いました」

 

加えて粗品さんは高校3年生の時にはピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり」にも出場しており、アマチュアの高校生ながら2回戦まで進出しています。

 

なお粗品さんが高校3年生の時に、焼き肉店を経営していた父親の義秀さんが亡くなっています。

 

死因などは不明ですが、以降は焼き肉店は母親が切り盛りしています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:京都府 同志社国際中学校 偏差値64(やや難関)

 

 

霜降り明星・粗品さんの出身中学校は、私立の共学校の同志社国際中学校です。

 

この中学校は高校に併設している系列校なので、粗品さんは高校へは内部進学で進んでいます。

 

なお粗品さんはラジオ番組に出演した際に、中学受験をしてこの学校に合格したと話しています。

 

そのため当時から高い学力を備えていたことがわかります。

 

ただし粗品さんの中学校時代のエピソードや情報はほとんど見当たりません。

 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

粗品さんの出身小学校は不明です。

 

実家が大阪市の心斎橋で焼き肉店「味希」を経営しておりここに住んでいるのなら大阪市立南小学校の校区です。

 

しかしこのお店の写真を見る限りテナントビルのようなので、実家は別の場所にあるようで、南小学校の出身とは断言できないでしょう。

 

 

ちなみに実家の焼き肉店は「王様のブランチ」で紹介されたこともあるそうです。

 

また前述のように粗品さんは高校3年生の時に父親を亡くしており、下積み時代は芸人として活動しながらこのお店を手伝っていたとのこと。

 

子供の頃からお笑いが好きだったことから、小学校時代にはお笑い芸人にあこがれています。

 

ちなみに当時から「M-1グランプリ」に優勝することが粗品さんの夢でしたが、後に実現することになります。

 

以上が霜降り明星粗品さんの学歴や学生時代のエピソードです。

 

コンビは早くから若手有望株とされていましたが、M-1グランプリで史上最年少で優勝するという快挙を遂げました。

 

またその勢いをかって2019年4月より、コンビは東京に進出しています。

 

東京進出後は早くも子供向けバラエティ番組「おはスタ」のレギュラーに起用されています。

 

 

コンビは今後はブレイク必至なので、小栗旬さん似の粗品さんの動向にも注目です。

 

霜降り明星せいやの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ