EXIT兼近大樹の学歴|出身高校や中学校の偏差値と学生時代は貧乏だった

お笑い第七世代の人気コンビ「EXIT」の兼近大樹さんの出身中学校や高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。極貧生活を経験した少年時代やアルバイトに精を出した中学時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

兼近大樹(かねちか だいき)

 

 

1991511日生

身長172

血液型はO

 

北海道札幌市出身のお笑い芸人

お笑いコンビ「EXIT」のメンバー

本名同じ、愛称はかねち

 

以下ではEXIT兼近大樹さんの出身高校や中学校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

兼近大樹の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:定時制高校(校名不明・中退)

 

EXIT兼近大樹さんの出身高校は定時制高校ということが判明していますが、校名などは明らかになっていません。

 

ただし兼近さんが高校在籍時には札幌市内には次の8校に定時制課程が設置されていました。

 

北海道立札幌北高校

北海道立札幌南高校

北海道立札幌西高校

北海道立札幌東高校

北海道立札幌工業高校

北海道立琴似工業高校

北海道立月寒高校

北海道立有朋高校

 

そして兼近さんの実家は札幌市北区新琴似なので、実家の最寄の高校は次の順番になります。

 

札幌琴似工業高校

札幌工業高校

札幌西高校

札幌北高校

 

とは言え必ずしも実家の最寄の高校に通学したとは限らないので、引き続き調査を続けてなにか判明しましたら追記しておきます。

 

兼近さんは高校時代は妹の学費を稼ぐために、朝は新聞配達、日中は建設作業員のアルバイトをしていたという涙ぐましいエピソードもあります。

 

ただし勉強はあまり得意ではなく、本人も「頭は悪い」と述べています。

 

そして兼近さんは時期は不明ですが、高校を中退しています。

 

当時は母子家庭に育っており、母親は女手一つで兼近さんと姉、妹を育てていたことから、家計を助けるために高校を中退して仕事に出ています。

 

そのため大学などにも進学していません。

 

当時は10万円ちょっとの給料のほぼ全部を家に入れており、かなりの親孝行でした。

 

ただし兼近さんは2011年11月に買春防止法(売春あっせん)で逮捕され罰金刑を受けており、2012年8月には現金1000万円入りの金庫を盗んだ窃盗容疑で逮捕されています(窃盗は不起訴)。

 

 

これらの事実は2019年9月に「週刊文春」が明らかにしたのですが、いずれの事件も犯行当時未成年だったことから、実名報道は問題となっています。

 

ちなみに兼近さんはこれらの事実を認めており、いずれは自伝小説を執筆する予定があるとインタビューで述べています。

 

 

20歳の時に「ピース」の又吉直樹さんのエッセイを読んだことでお笑い芸人を志しています。

 

 

その後はホームレスを経験したこともありましたが、22歳の時に逢見亮太さんとともにお笑いコンビ「ぷりずん。」を結成しています。

 

 

ちなみにホームレスは上京後半年ほど経験しており、渋谷の宮下公園に住んでいました。

 

ただし当時はおにぎりの炊き出しなどもあったことから、何とかなったそうです。

 

「ぷりずん。」は4年ほどで解散してしまいますが、2017年にりんたろー。さんとお笑いコンビ「EXIT」を結成。

 

 

するとチャラい芸風がウケて瞬く間に人気漫才コンビとなっています。

 

スポンサードリンク

 

兼近大樹の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:北海道 札幌市立新川中学校 偏差値なし

 

 

 

EXIT兼近大樹さんの出身中学校は、地元札幌市北区内の公立校の新川中学校です。

 

中学時代は野球部に在籍しており、主力選手として活躍しています。

 

 

また野球では全道大会まで進んだそうです。

 

兼近さんが中学校3年生の時に両親が離婚して以降は母子家庭に育っていますが、離婚前も生活は厳しかったそうです。

 

そのため中学校時代から新聞配達のアルバイトをして家計を支えています。

 

 

当時は中学生にも関わらず、月に10万円ほど家に入れていたそうです。

 

ただし当時は友達にもアルバイトをしていたことを言わずに、こっそりと働いていたことをインタビューで話しています

 

「うちは長いこと母親が1人で養ってくれていたから、家がすごく貧乏だったんですよ。兄弟もいたし。だから、家計を支えたかったんですよね。それで中学生でもできるバイトを探して、学校や役所に許可をもらって、朝、学校に行く前に新聞配達をやってました。でも、当時は家が貧乏だっていうことがコンプレックスだったので、働いてることを友達にバレたくなくて。バイトのせいで遅刻しないように気をつけて、こっそり働いてました」

 

雪が積もる北海道に住んでいましたが、冬でも自転車で新聞を配達することから、「転ばない走りかたを編み出した」と述べています。

 

「新聞の量も多いし、北海道は家と家の距離が信じられないくらい離れてるから、大雪の中でも自転車で走っていくしかないんですよ。でも、転んだら、もう1回店に新しい新聞を受け取りに行かなきゃいけなくて、それをやってると確実に学校に遅刻するので。そうならないように、転ばない走り方を編み出しました(笑)。」

 

以降も数々のアルバイトを経験しており、インタビューでも「やっていないバイトが思いつかない」と話しています。

 

「ファミレス、コンビニ、焼き肉屋、たい焼き屋、たこ焼き屋…飲食店はほぼやったと思っています。あとはテレアポ、カラオケ、パン工場、鮭の缶詰工場、車のねじを作る工場。バーテンダーやベビーシッターもやったし、やってないバイトが思いつかないっすね(笑)」

 

なお兼近さんの中学時代にお姉さんが家出したことを相方のりんたろー。さんがインタビューで話しています。

 

「兼近のお姉ちゃんが、中学生のときに家出するんですけど、そのきっかけが、家に食べ物がなさ過ぎてネズミがお姉ちゃんの指をかじったからなんです(笑)

 

また誕生日はケーキが買えなかったから、お姉ちゃんに『夜空の星が、ろうそくだよ』って言われて、兼近さんは星に向かって息を吹きかけてたという貧乏エピソードが残っています。

 

スポンサードリンク

 

兼近大樹の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:北海道 札幌市立新川中央小学校(有力)

 

 

兼近大樹さんの出身小学校は、札幌市北区内の公立校の新川中央小学校が有力です。

 

 

家族構成は両親と兄、姉、妹の6人家族です。

 

 

ちなみにお父さんがやはバラエティ番組「うちのガヤがすみません。」に顔出しで出演したこともありました。

 

 

兼近さんと同様イケメンで、現在は建築関係の仕事をしているそうです。

 

またお姉さんと妹も登場しています。

 

 

兄は「ブラッズ」というヴィジュアル系バンドでギターを担当していた兼近祐輝さんです。

 

父親は会社経営者でしたが小学校低学年の時に会社が倒産しており、以降は経済的に苦しい生活をしています。

 

 

そのため兼近さんも小学校23年生の時に「家に食べ物がなかったことから、ティッシュにマヨネーズをつけて食べた」ことをインタビューで明らかにしています。

 

また小学校2年生の時のクリスマスでは、枕元に「サンタさん来ました」という置手紙だけが置いてあったというエピソードも残っています。

 

加えて小学校時代にきょうだい4人で山に行ってクワガタを捕まえて、それを父親が150円で売っていたそうです。

 

兼近さんは子供の頃から運動神経が良く、小学校時代は「新琴似シャーク」という少年野球チームに所属して、野球に打ち込んでいました。

 

 

以上が「EXIT」兼近大樹さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初は兼近さんはまったくの無名の存在でしたが、りんたろー。さんとお笑いコンビ「EXIT」を結成すると瞬く間に売れっ子になり数々のバラエティ番組にも出演しています。

 

 

またこのところは単独ライブのチケットが即日完売するほどの人気を誇っています。

 

チャラ男キャラでおこなうしゃべくり漫才も高い人気を誇っていることから、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

EXITりんたろー。の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代
 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ