前田裕二の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

前田裕二(まえだ ゆうじ)

 

 

1987623日生

 

東京都出身の実業家

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

10歳年上の兄がいる。

 

2010年にUBS証券に入社。

 

2011年にUBS証券LLCに移ってニューヨーク支社に勤務。

 

北米の機関投資家に対する株式セールスやアドバイザリー業務に従事し、数千億円から兆円の資金を運用する投資ファンドにアドバイザリーをおこなう。

 

就職活動時代から面識のあった株式会社DeNAの南場智子に誘われて、2013年に同社に入社。

 

同年にライブストリーミングサービス「SHOWROOM」を立ち上げる。

 

2015年に株式会社SHOWROOMを設立し、ソニー・ミュージックエンターテインメントから出資を受けて合弁会社化した。

 

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 深川高校 偏差値57(中の上)

 

前田裕二さんの出身校は、都立の共学校の深川高校です。

 

下記でもご紹介しますが、金銭的に余裕がなかったので、年間の学費が30万円ほどですむ都立校を選んで進学しています。

 

そして前田さんは壮絶な学生時代を経験していました。

 

小学生だった8歳の時に両親を亡くしており、1年弱の間は定住する場所がなく友達の家を転々して放浪していました。

 

そのため小学校2年生の時はまるまる一年間学校に通学しておらず、今でも小学校2年生で習うはずの九九が苦手と語っています。

 

その後に親戚に引き取られていますが、グレてしまい「ヒネくれた幼少期を過ごしていた」と語っています。

 

10歳で近所の駄菓子屋でアルバイトをさせてくれと頼みましたが、断られています。

 

以降はお金を稼ぐ手段を色々と試して、11歳で路上での弾き語りを開始しお金稼ぎをはじめています。

 

当初は高校へ進学するつもりはありませんでしたが、親戚の勧めで進学しています。

 

中学校と高校ではバスケットボール部に所属していたようです。

 

高校時代は不遇であったことから反骨心を見せて、留学経験もないのに英語のディベート大会に出場し、帰国子女たちを尻目に優勝した経験もあります。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:早稲田大学 政治経済学部 偏差値70(超難関)

 

前田裕二さんは高校卒業後は、私立の名門大学の早稲田大学に進学しています。

 

同大の看板学部の政治経済学部に現役合格しているので、かなりの学力を有していたことは間違いないはずです。

 

大学卒業後は外資系の投資銀行に就職していますが、そこでも努力を重ねて、ハーバード大学出身のエリートに負けない業績を残しました。

 

そして就職活動の最終面接で縁を持ったDeNAの南場智子さんに5年越しのラブコールを受けて、同社に転職しています。

 

同社では自ら企画立案したライブトリミングサービスの「SHOWROOM」を事業として軌道に乗せると、合弁会社を設立してSEOに就任しています。

 

その経営手腕が各方面から注目されており、今後の活躍にも期待が高まっています。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ