前澤友作の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代や若い頃のカッコイイ画像

 

人気通販サイト「ZOZOTOWN」の創業者で国内でも有数の資産家として知られる前澤友作さんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。バンド活動に熱中した高校時代など、学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

前澤友作(まえさわ ゆうさく)

 

 

19751122日生

身長162

血液型はO型

 

千葉県鎌ケ谷市出身の実業家

ファッション通販サイトZOZOTOWNの創設者

本名同じ

 

以下では前澤友作さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、中学時代や高校時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴

 

1975年(0歳):千葉県鎌ケ谷市で生まれる

1992年(17歳):ロックバンド「SWITCHI STYLE」を結成しドラムを担当

1994年(19歳):輸入レコード・CDの通販ビジネスを開始

1998年(23歳):有限会社スタート・トゥデイを設立し法人化する

1998年(23歳):メジャーデビューを果た

2001年(26歳):ビジネスに専念するために音楽活動を辞める

2007年(32歳):東京証券取引所マザーズに上場

2016年(41歳):フォーブスが発表する「日本の富豪50人」で14位にランクイン

2019年(44歳):ZOZOがヤフー傘下に入ることを理由に社長を退任

2019年(44歳):株式会社スタートトゥデイを設立し代表取締役社長に就任

 

前澤友作の学歴~出身高校(早稲田実業高等部)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 早稲田実業高等部 偏差値58程度(当時)

 

 

 

前澤友作さんの出身高校は、私立の男子校(当時)の早稲田実業高校です。

 

同校は1901年創立の名門校で、特に硬式野球部が強豪として知られています。

 

また早稲田大学への推薦率が上がったことから、現在では首都圏屈指の難関私立高となっています(偏差値は74)。

 

しかし前澤さんが在籍した当時は早稲田大学への推薦率は30%程度の時代で商業科も設置していた頃で、現在よりも遥かにレベルは下でした(と言ってもそれなりの難易度だった)

 

またこの高校は現在は東京都国分寺市にありますが、前澤さんが在籍した当時は新宿区の早稲田鶴巻町にありました。

 

(当時の校舎)

 

この高校を受験したのは両親の勧めでした。

 

高校1年生までは皆勤賞でしたが、千葉県の鎌ヶ谷市から通学していたこともあり片道1時間半もかかったことから、高校2年生以降は学校をさぼりがちになっています。

 

このあたりの経緯につきましては前澤さんは、インタビューで次のように話しています。

 

「2年からはだんだんとサボルことが多くなりました。朝から暗い顔した会社員の人たちに囲まれた通学の時間が、すごく無駄に思えてきたんです。自分の父親もこうやって毎日通勤電車にゆられて会社に行っていたのかと思うと、なんだかとても切ない気持ちになりましたね」

 

また通学中にラッシュにもまれてつまらなさそうなサラリーマンの顔を見ているうちに、このままエスカレーター式で大学まで進み就職をするというレールに乗っかるのは嫌だと思うようになりました。

 

そのためすでに高校1年生の時点で大学に進学する気がなくなった」とインタビューで語っていました。

 

当時の前澤さんは「ちょい悪」という感じだったと公言しており、放課後は友人と駄菓子をかじりながら話したり、ゲームセンターにたむろをしていたとのことです。

 

また中学高校時代はかなり反骨的だったとのことで、制服は学ランでしたが私服で通学をしています。

 

この頃に先生に校則を変える方法などを聞くようなめんどくさい生徒でした。

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「みんな言うけどなかなか行動には移さないじゃないですか。僕やっちゃうんですよね。どうやったらホントに校則を変えられるのか考えて行動に移すタイプで、だから煙たがられていたんでしょうね。」

 

前澤さんが私服で登校することに対して先生は何も言わなくなり、校門にいる生徒指導の先生ですら前澤さんをスルーしていたといいます。

 

また高校時代には先生から「悪の枢軸はお前だ」と言われてこともあったと明かしていました。

 

高校時代もバンドを組んでおり、高校2年生の時から音楽活動が中心となって出席日数もギリギリになっています。

 

なお高校2年生の時に後にCDデビューするロックバンド「SWITCHI STYLE」を結成し、ドラムを担当しています。

 

 

以降は学校には週に2日のみ登校し、他の日は昼間は建築現場などでアルバイトをして、夜はライブハウスなどに出演する生活を続けています。

 

ただし担任の先生が非常にいい人で、「絶対に退学しないで、卒業するんだぞ」と言われており、本人もその先生のお陰で高校を卒業できたと話しています。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

テリー伊藤(プロデューサー)

小室哲哉(ミュージシャン)

王貞治(元プロ野球選手)

清宮幸太郎(プロ野球選手)

 

前澤友作さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、バンド活動に専念しています。

 

通学していた高校は早稲田大学の系列校なので当時からエスカレーター式に大学に進学することもできましたが、音楽の道を選んだことから大学には進学していません。

 

ただし早稲田大学に進学しなかったことについては後に「両親に迷惑をかけた」とインタビューで述べています。

 

高校卒業後、高校時代に貯めたお金ですぐに半年間アメリカのサンタモニカに音楽遊学しています。

 

アメリカでは半年間滞在していますが、この時にライブハウスなどでバンドのメンバーがレコードやTシャツを売っていることを目にしています。

 

その後はロックバンドのドラマーとして活動しながら、19歳の時に輸入レコード・CDの通販ビジネスを開始。

 

ビジネスのきっかけとなったのはライブハウスでアメリカから仕入れてきたTシャツやレコードがあまりに売れたので、これを商売にしようと考えたからです。

 

そしてこれが大当たりして年商1億円程度の売り上げを挙げたところで法人化。

 

所属バンドもメジャーデビューを果たしましたが、26歳でビジネスに専念するために音楽活動を辞めています。

 

 

その後はZOZOTOWNなどの通販サイトを立ち上げて、現在では日本有数の資産家のひとりとなっています。

 

また2020年からはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

こちらでは企画ものの動画が人気になっています。

 

※追記

2021年12月には宇宙旅行をして大きな話題になっています

 

 

※追記

さらに2022年1月にはガールズバンド「サイレントサイレン」の元メンバーのひなんちゅ(梅村妃奈子)さんとの交際が報じられています

 

 

ひなんちゅ(梅村妃奈子)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|帰国子女だった!

 

スポンサードリンク

 

前澤友作の学歴~出身中学校(鎌ヶ谷市立第二中学校)の詳細

 

出身中学校:千葉県 鎌ヶ谷市立第二中学校 偏差値なし

 

 

 

前澤友作さんは小学校卒業後は、地元の千葉県鎌ヶ谷市内の公立校の第二中学校に進学しています。

 

中学時代は帰宅部で、本人曰く「ちょい悪」だったとインタビューで話しています。

 

「まあ、ちょいワルという感じです。帰り道にある駄菓子屋で、帰宅部仲間と「うまい棒」とかかじりながら食っちゃべったり、ゲームセンターにたむろしたり」

 

中学時代にエレキギターをはじめて、中学3年生の頃にはバンドを組んでいました。

 

「中学3年でバンドも組んでいましたし。邦楽ではBOOWYとかエックス、年上の先輩とかともよく遊んでいましたから、洋楽を聴き始めたのも早かったですね。ボン・ジョヴィやメタリカとかよく聴いていました」

 

当時はハードロックやハードコアパンクに傾倒していました。

 

ちなみに後に会社名とする「スタートトゥデイ」(2018年に株式会社ZOZOに社名変更)は、当時好きだったアメリカのバンド「ゴリラ・ビスケッツ」の楽曲のタイトルから拝借したことを明らかにしています。

 

【主な卒業生】

DJ・KOO(TRF)

 

スポンサードリンク

 

前澤友作の学歴~出身小学校(鎌ヶ谷市立東部小学校)の詳細

 


 

出身小学校:千葉県 鎌ヶ谷市立東部小学校

 

 

 

前澤友作さんの出身小学校は、地元の鎌ヶ谷市の公立校の東部小学校です。

 

生まれたのは神奈川県の横浜市ですが、生後1か月ほどで鎌ヶ谷市に移住しています。

 

家族構成は両親と2歳年下の弟の4人家族です。

 

父親は経理・財務畑のサラリーマンです。

 

父親がクラシック音楽、母親がアルフィーが好きだったことから、子供の頃から音楽に親しんでいます。

 

小学生の頃からファッションに興味があって、小学校4年生の頃にはリーバイスの古着のジーンズをはいていました。

 

また小学生時代はクワガタ捕りの名人で、電車で5駅くらいの森まで行って大量のクワガタを捕ってきて、小学校のクラスで量り売りして利益を挙げるなど、既にこの頃からビジネスセンスの片りんを見せています。

 

小学校の頃からスポーツも勉強もできたと語っていますが、公文の教室に通っていたものの、さほど勉強はしていなかったとも話しています。

 

加えて前澤さんは小学校時代からおかしいと思ったことは口にするタイプで、学校の先生とぶつかることもたびたびあったとインタビューで語っています。

 

「昔から、おかしいと感じたことはすぐに口に出すタイプ。正義感が強いというか。だから、学校の先生とぶつかることも多かった。熱血タイプの先生には好かれるんですが、公務員タイプの場当たり的な態度を取る先生には、めちゃくちゃ煙たがられていました。完全に無視されたりとか。正しいと思っての言動ですから、なぜなんだろうって涙したこともありましたよ」

 

なお野球に熱中しています。

 

以上が前澤友作さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

現在では日本でも有数の資産家として知られ、2017年にはバスキアの絵画を約123億円で購入して大きな話題になっています。

 

 

さらに2018年に発表した仰天の月旅行のプランも大きな話題となっています。

 

 

ちなみに宇宙旅行は2023年に実施予定とされています。

 

加えて人気女優の剛力彩芽さんとの交際を巡っては、たびたびワイドショーや週刊誌でも大きく報じられるほどです。

 

 

剛力彩芽の学歴|出身高校や中学校の偏差値と学生時代と経歴

 

インスタグラムやツイッターもたびたび炎上しますが、それらも多くの国民が高い関心を持っている裏返しのはず。

 

紗栄子さんや剛力彩芽さんなど芸能人との交際も多く、何かと話題の多い人物なので今後の動向にも注目です。

 

ひなんちゅ(梅村妃奈子)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|帰国子女だった!

 

紗栄子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ