羽賀研二の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と生い立ちや若い頃のかっこいい画像

 

梅宮アンナさんとの交際で話題になった羽賀研二さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は羽賀さんは学生時代は極貧生活を送っていました。学生時代のエピソードや情報、若い頃や生い立ちなども併せてご紹介いたします

 

羽賀研二(はが けんじ)

 

 

1961年7月21日生

身長183㎝

血液型はB型

 

沖縄県コザ市(現在は沖縄市)出身の元タレント

本名は當眞実喜男(とうま みきお)、旧芸名は羽賀健二

 

以下では羽賀研二さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

羽賀研二の学歴~出身高校(中央高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:沖縄県 中央高校 偏差値不明(レベルはかなり低)

※閉校

 

 

羽賀研二さんの出身高校は、私立の共学校の中央高校です。

 

この高校は沖縄県沖縄市にあった私立高校で、生徒減から1984年に閉校しています。

 

当時の正確な偏差値は不明ですが、沖縄県でも底辺校の1つでレベルはかなり低かったようです。

 

なおインターネット上には羽賀さんの出身高校を球陽高校(偏差値56~62)とする情報がありますが、この高校は中央高校の跡地に建てられた県立校で2つの高校の間に同一性はありません。

 

羽賀さんはこの高校に一般受験ではなく、バスケットボールのスポーツ推薦で入学しています。

 

 

また特待生だったことから授業料も免除されています。

 

そのため高校時代はバスケットボール部に在籍しています。

 

運動神経が非常によかったことから主力選手として活躍して、高校時代にはインターハイにも出場しています。

 

そのため高校3年生の時には大学からスカウトも受けています。

 

ただし後述するように実家の経済状態が悪かったことから、高校時代はバスケットボール部に在籍しながらも深夜にはマクドナルドでアルバイトをして家計を助けています。

 

また高校時代は女子から非常にモテていました。

 

加えて高校3年生の時にジーンズショップで友人と買い物をしていた際に、たまたま沖縄を訪れていた東京の芸能事務所社長にスカウトされています。

 

【主な卒業生】

上原康恒(ボクシング世界チャンピオン)

 

そして羽賀研二さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能界入りしています。

 

高校時代のバスケットボールの実績から福岡大学にスポーツ推薦で入学が決まっていましたが、芸能事務所にスカウトされたため大学に進学しないで芸能事務所入りしています。

 

高校卒業後に上京して、20歳だった1981年にミュージカル「ザ・ファンタスティックス」の舞台でデビューしています。

 

 

すると翌年には「笑っていいとも!」の初代「いいとも青年隊」のメンバーに起用されています。

 

 

初代「いいとも青年隊は」羽賀さんと野々村真さん、久保田篤さんのラインナップですが、非常に人気が高くレコードデビューも果たしています。

 

 

ちなみに「いいとも青年隊」は16代までありますが、レコードデビューをしたのは初代のみです。

 

 

そして羽賀さんは23歳だった1994年にタレントの梅宮アンナさんとの交際を巡って、大きな注目を集めています。

 

 

この際には「誠意」という言葉を連発したため、「誠意大将軍」などと呼ばれています。

 

 

以降は人気タレントとして数々のバラエティ番組に出演しましたが、45歳だった2007年6月に元ボクシングの世界チャンピオンの渡辺二郎さんとともに詐欺容疑で逮捕されています。

 

 

その際には懲役6年の実刑判決で、沖縄刑務所に服役しています。

 

スポンサードリンク

 

羽賀研二の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

羽賀研二さんの出身中学校は、地元沖縄市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

中学時代も3年間にわたって新聞配達のアルバイトをしていました。

 

羽賀さんは中学2年生の時にバスケットボール部に入部すると、持ち前の運動神経を発揮してすぐにレギュラーになっています。

 

ただしバスケットシューズを買うことができなかったことから、ズック靴でプレーしていました。

 

なお中学・高校時代を通じて勉強はあまり得意ではなかったようです。

 

羽賀研二の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

羽賀研二さんの出身小学校は、地元沖縄市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は母親と妹の3人家族です。

 

父親はアメリカ人の軍人でしたが羽賀さんが生まれる前にアメリカに帰国しており、母親はシングルマザーとして羽賀さんを育てています。

 

また妹の父親も羽賀さんの実父とは異なる男性です。

 

子供の頃から経済的に困窮しており、幼稚園の頃から母親の知人の納屋を借りて祖母を含めた4人で生活していました。

 

その際にはトイレと風呂は母屋のものを借りています。

 

母親はスナックでホステスをしていました。

 

羽賀さんも小学校2年生の頃から新聞配達のアルバイトをしていました。

 

当時は朝の4時に起床してアルバイトに行っていましたが朝食は水のみで、学校の給食まで何も食べない生活をしています。

 

加えて住んでいた納屋は日当たりが非常に悪く、室内がカビだらけになって体調を崩したことが多々あったそうです。

 

また小中学校時代はハーフだったことからイジメにも遭っていました。

 

以上が羽賀研二さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

俳優として芸能界デビューを飾りましたが、その後にタレントに転身して人気を博していました。

 

また実業家としても活動しており、宝石の販売や飲食店の経営などで財を成しています。

 

とは言え、詐欺事件で逮捕されてしまったことからすべては水泡に帰しています。

 

2019年には保釈されて沖縄県内の飲食店でアルバイトしていたことが報じられています。

 

 

今後の動向にも注目が集まりそうです。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ