百田尚樹の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|ラブアタックに出場していた!

 

人気作家の百田尚樹さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は百田さんは大学時代に恋愛バラエティ番組の「ラブアタック!」に何度も出場していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

 百田尚樹(ひゃくた なおき)

 

 

1956223日生

身長174.8㎝

血液型はA型

 

大阪府出身の作家、放送作家

本名同じ

 

以下では百田尚樹さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1970年代後半に放送作家としてデビューして、バラエティー番組「探偵ナイトスクープ」のチーフライターを25年以上務める。

2006年に「永遠の0」で小説家デビュー。 

作品は300万部を超えるベストセラーとなって、映画やテレビドラマも製作された。 

以降も「BOX!」や「モンスター」、「風のマリア」といった作品を発表。

2013年の「海賊と呼ばれた男」で本屋大賞を受賞。 

タレント活動もしており、「行列のできる法律相談所」や「笑っていいとも!」、「SMAP×SMAP」などのバラエティー番組に出演。 

20157月から「真相!虎ノ門ニュース」のレギュラーコメンテーターを務める。

既婚者で2人の子供がいる。

 

百田尚樹の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:同志社大学 法学部(中退) 偏差値60(やや難関)

 

 

 

百田尚樹さんは高校卒業後は、関西の名門私大の同志社大学に進学しています。

 

ただし現役での合格ではなく、浪人生活を経ての進学です。

 

詳細は後述すしますが、出身高校はおよそこの大学に進学できるようなレベルではありませんでした。

 

そのため浪人時代はかなりの猛勉強をしたと思われます。

 

百田さんは大学では法学部に在籍していました。

 

大学時代は体育会のボクシング部に在籍して、部活動に打ち込んでいます。

 

百田さんは当時についてインタビューで次のように振り返っています。」

 

「大学時代はボクシング部だったので、朝から晩まで練習ばかりやっていました。昔から好きでいつかやってみたいと思ってたんです。もともと運動は好きで、自分で走ったりしていました。(中略)高校にはボクシング部はなかったので、大学で入ってみたら楽しくて、毎日練習してました。そこでしっかり勉強もしていたら文武両道になれたんですけれど、文はなかったですね。ひたすらどうやって相手をどつこうか考えていました」

 

ただし上のインタビューにあるように、大学時代はあまり勉強はしなかったようです。

 

また百田さんは後に作家デビューをしていますが、意外にも大学時代は本をあまり読んでいなかったとのこと。

 

「大学時代に読んだものは10冊もないと思うんですけれど、憶えているのが井上靖の『敦煌』。先輩に面白いから読めといわれて読んだら、本当にすっごく面白かった。でも僕の常で、そのあと井上さんの作品は読んでいません」

 

また当時は恋愛バラエティー番組「ラブアタック!」に何度も出場しており、現在の妻も番組出演がきっかけで知り合っています。

 

 

ちなみに「ラブアタック!」に出場したのは、大学の友人が出場してひたすら笑いをとっていたからでした。

 

百田さんも番組のディレクターに「必ず笑わせますから出させてください」とお願いして出場しています。

 

すると大爆笑だったので、その後もネタを考えてトータルで6度も出場しました。

 

ちなみにその際には視聴者から200通ものファンレターをもらっています。

 

百田さんは大学は5年生で中退しましたが、「ラブアタック!」時代を知るディレクターやプロデューサーから放送作家になることを勧められています。

 

 

その後は放送作家となりましたが、とても暇だったことから読書をはじめたことをインタビューで話しています。

 

「放送作家なんて職業があるとは思ってもいなかったけれど、何もやらんよりいいわと思って始めました。でもアルバイト気分でしたね。仕事というのは朝起きて出社するものと思っていたのに、お昼くらいとか深夜に会議を2~3時間したらもう終わりで、それも週に2日か3日しかない。ヒマな時間がすごく多かったのですが金もないし、過ごしようがない。毎朝起きて散歩しても、長時間過ごせるわけではないから、それで本を読み始めたんです」

 

23歳から30歳ごろまでは年間200~300冊もの本を読んでおり、この経験が後の作家デビューにつながっています。」

 

放送作家としては「探偵!ナイトスクープ」などの人気番組を手掛けていました。

 

50歳で小説を書きはじめると、デビュー作「永遠の0」がいきなりベストセラーとなって、人気作家の仲間入りを果たしています。

 

 

またYOUTUBEの自身のチャンネルも好評です。

 

 

その他にもツイッターなどでたびたび自身の主張などを発信して話題になっています。 

 

スポンサードリンク

 

百田尚樹の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:奈良県 添上高校 偏差値39(かなり容易)

 

 

 

百田尚樹さんの出身校は、県立の共学校の添上(そえかみ)高校です。

 

同校は1906年創立の伝統校で、スポーツサイエンス科を設置するなど部活動が盛んです。

 

百田さんは中学時代までは大阪市に在住していましたが、高校に上がるタイミングで奈良県に引っ越したのでこの高校に進学しています。

 

(高校時代)

 

百田さんはスポーツが好きで高校時代も部活動をおこなっていましたが、団体行動が苦手だったことから様々な部活を転々としていました。

 

高校時代はまったく勉強しておらず、ウェイターなどのアルバイトなどに没頭していました。

 

インタビューでも高校時代は非常に成績が悪かったことを明らかにしています。

 

「奈良県に引っ越したんですが、県内でトップを争うくらいのアホな高校にいきまして。成績表も5段階評価の2ばかりでした。こんだけ勉強でけへんのに2ってことは、俺よりアホがあるんかと思っていたら、卒業した後で分かったのが、学校が1はつけないという方針やった。僕の2は実際は1やったという」

 

その一方で当時から映画が好きで学校をさぼって観に行くこともあり、同じ作品を13度観るほどでした。

 

そのため当時の夢は放送作家や小説家ではなく、映画監督でした。

 

また映画監督になるために浪人をして大学に進学しました。

 

スポンサードリンク

 

百田尚樹の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大阪府 大阪市立十三中学校 偏差値なし

 

 

 

百田尚樹さんの出身中学校は、大阪市内の公立校の十三(じゅうそう)中学校です。

 

百田さんは中学1年生の時に創刊したばかりだった「ビックコミック」に衝撃を受けたことをインタビューで話しています。

 

「ちょうど『ビッグコミック』が創刊された頃だったんです。創刊メンバーに手塚治虫さん、藤子不二雄さん、石ノ森章太郎(当時は石森章太郎)さんがいて。僕にとっては神様です。手塚さんは『地球を呑む』という長編を連載していて、これが大人向けの漫画やったんです。主人公は学も教養もない、酒を飲むのが大好きという男。テーマは金と愛と美貌。すごいエロティックで、絶世の美女が出てきてあらゆる男を虜にするんです」

 

 

そのため中学時代はマンガに熱中しており、他にも「少年サンデー」などの漫画雑誌も読んでいました。

 

【主な卒業生】

中村紀洋(元プロ野球選手)

 

百田尚樹の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:大阪府 大阪市立西中島小学校

 

 

 

百田尚樹さんの出身小学校は、大阪市内の公立校の西中島小学校です。

 

家族構成や兄弟姉妹の情報は見当たりませんでした。

 

父親は水道局に勤務していました。

 

百田さんは子供の頃から活発な少年で、小学校時代は野球に熱中していました。

 

また父親が映画好きだった影響で、百田さんも小学校時代から映画が大好きでした。

 

そのため毎週「日曜洋画劇場」を楽しみにしていました。

 

他にも当時から漫画が好きで、貸本屋に通って様々な漫画を読んでいました。

 

以上が百田尚樹さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

放送作家としては数々の人気番組を手掛けていました。

 

 

作家デビュー後は「永遠の0」や「海賊とよばれた男」などのベストセラーで知られています。

以降も数々の人気作を発表しており、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ