DAIGO(メンタリスト)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代や画像

日本で唯一のメンタリストとして活躍しているDAIGOさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。イジメに遭っていた中学時代や勉強を頑張った高校時代、メンタリストを目指した大学時代など、学生時代のエピソードも併せてご紹介いたします

 

DAIGO(メンタリスト)

ダイゴ

 

1986年11月22日生

身長173㎝

血液型はB型

 

静岡県出身のメンタリスト、パフォーマー

本名は松丸大吾(まつまる だいご)

 

以下ではメンタリストのDAIGOさんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:慶応大学理工学部 偏差値65(難関)

 

 

 

DAIGOさんは高校卒業後は、1年間の浪人生活を経て慶応義塾大学に進学しています。

 

後述するように高校時代は成績が悪い時期もありましたが、大学受験の際には猛勉強し、名門私大の慶応大学の理工学部に進学しました。

 

しかし実は当時は「東京大学以外は大学じゃない」と思っており、東大しか受けないつもりでしたが、願書の選択科目のマークミスによって受験できなくなってしまっています。

 

現役時代は化学は「化学ⅠA」と「化学ⅠB」だったところ、それが変更になって「化学Ⅰ」と「化学ⅠA」になったことによる勘違いからのマークミスでしたが、DAIGOさんは当時は予備校に通わずに宅浪していたことからの情報不足が原因でした。

 

「自信を持って臨んだ浪人生時代の大学入試センター試験で、私は人生最大のミスを犯してしまいました。それは、試験科目のマークを間違えてしまったのです。そのミスによって、私は東大受験に必要な科目を満たすことができず、二次試験を受ける資格がなくなってしまったのです」

 

ところが母親が勝手に慶応大学に願書を出しており、そのため急遽この大学を受験して合格しています。

 

当時を振り返ってDAIGOさんは過去問なども見たことがなかったことから「よく受かったな」と話しています。

 

大学では物理情報工学を学んでおり、人工知能を専攻していました。

 

また大学ではサークルや飲み会には参加せずに、何か打ち込めるものを探したと述べています。

 

大学時代はアルバイトも少しだけしかしなかったとインタビューで述べています。

 

「2週間だけ塾講師のアルバイトをしたことはあるのですが、何が哀しくて時給1000円とか2000円とかで中学生が因数分解している姿を見ているのだろうと思ってしまって。まだ若くて、自由で、いろんなことにチャレンジできる時間をアルバイトに費やしてしまって良いのかという疑問を感じた瞬間に辞めてしまいましたね」

 

ただし第一志望の大学ではなかったことから、引け目を感じて入学当初から図書館に籠るようになっています。

 

「これは嫌味とかではなく、自分は東京大学に入ると決めていたのに、慶應義塾大学に入ってしまった。再び浪人をして東京大学を目指すという選択肢もあったのに、自分の心の弱さに負けて、妥協して、慶應義塾大学に入ってしまった。それ故に、何かを成し遂げなければ終わると思っていました」

 

すると友人からイギリスの世界的なメンタリストのダレン・ブラウンにを紹介されると感銘を受け、メンタリストとしても活動しはじめます。

 

 

メンタリストとは心理学や暗示による錯覚などのテクニックを駆使してありえないパフォーマンスを見せることですが、DAIGOさんはダレン・ブラウンの本などを読み漁ってこれを独学で身に着けています。

 

「そこから私の人生は180度変わりました。‶心を操る悪魔” ‶心の魔術師”などと呼ばれている彼のパフォーマンスに衝撃を受け、彼に関する書籍などを読み漁り、メンタリズムを本格的に勉強しました」

 

また大学入学当初から就職するつもりなはなかったとインタビューで話しています。

 

「そもそも僕は大学時代に就職することを諦めているんですよ。エントリーシートを書くのが面倒だったことと、間違ったことには相手が誰であっても「間違っている」と言う性格なので、それを曲げてまで就職したくはないと思い、諦めました」

 

一時は物理の研究者になるべく同大の大学院にも進学しますが、最終的にはメンタリストなどの活動を優先させるために大学院は中退しています。

 

また大学院在籍時の2012年に最愛の母親を癌で亡くしており、研究者としての晴の姿を見せることができなかったのも、大学院を中退した理由のひとつだったそうです。

 

とは言え以降の活躍は周知の通りで、数多くのテレビ番組に出演して驚異のパフォーマンスを披露しています。

 

 

また著書も多数執筆しており、講演活動なども精力的におこなっています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京 高輪高校 偏差値58(中の上)

 

 

 

DAIGOさんの出身校は、私立の男子校の高輪高校です。

 

この高校は東京港区にある1885年開校の伝統校の仏教系の学校で、現在は完全中高一貫校になっており高校からの募集はありませんでしたが、DAIGOさんの頃は高校からの入学も可能でした。

 

また同校は古くから良家の子息が通う学校として知られ、校風も比較的自由で、剣道部は強豪として全国的にも有名です。

 

DAIGOさんは高校時代は人と違うことをやろうと考えて、部活動にも入らなかったり、勉強も塾や予備校に通わずに自分で参考書を探して自宅で勉強していたとインタビューで話しています。

 

「高校時代も多くの人たちが部活動に入部していく中、自分はあえて入部をしなかったり、大学受験で多くの友人が予備校に通い出す中、自分は参考書を買って独学で勉強をしたりと、常に人とは違うことをしていました」

 

またそうはいっても高校時代は友達が多くできており、特にバスケットボール部の部員たちとは仲が良く、高校時代はそれなりに楽しかったとコメントしています。

 

後述しますがDAIGOさんは中学時代には深刻なイジメに遭っていたので、それと比較すると高校時代は一変したようですね。

 

高校入学直後は成績も悪かったのですが、一念奮起して下から3番目位だった成績を学年で3位以内の成績になるほど猛勉強したそうです。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

青空球児(漫才師)

宮本浩次(ミュージシャン・エレファントカシマシ)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:東京都 高輪中学校 偏差値62(やや難関)

 

 

 

DAIGOさんの出身校は、私立の男子校の高輪中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校で、そのため高校へは一般受験ではなく、内部進学で進んでいます。

 

母親が勉強熱心だった影響で中学受験をして入学しています。

 

DAIGOさんは小学校に引き続いて中学時代もイジメにあっており、当時を「暗黒期」と語っています。

 

 

トイレで水をかけられたり、上履きに画びょうを入れられたことなどがあったそうです。

 

当時はイジメられていた経験から目立つことや人と違うことをやることが怖かったとコメントしています。

 

また超ネガティブで人前に立って喋ることもできずに、友達もいなかったそうです。

 

しかし中学2年生の時にイジメっ子に反撃したことで自分が変わったとのこと。

 

DAIGOさんはその時のエピソードを脳科学者の茂木健一郎さんとの対談で次のように語っています。

 

「8年間耐えていたんですけど、8年経って、初めて母親のことをバカにされたんですね。それでカチンときてしまって、バカにされたのが工作室で、足元にナタがあって”殺してやろう”と思ってナタを投げたんです。でも、スポーツテストではハンドボールが5メートルも飛ばないような投擲能力しかなくて、前に投げたつもりが横の壁に刺さっちゃったんですね」

 

このいきなりの行動によって、「あいつヤバイ」と周囲の目が変わったと言っています。

 

さらに次のように続けています。

 

「今までは、クラスが変わったら誰かが助けてくれるかも、先生が変わったら助けてくれるかもと待っていたんですけど。自分が行動して、こんなに簡単に周りの見る目が変わるんだったら、全部自分で変えてやろうと思ったんです。それで、今までの自分の特徴を全部紙に書き出して、全部逆にしたんですね。例えば、当時天然パーマだったので、ストレートパーマをかけたり。メガネをコンタクトレンズにしたり、成績で言ったら下から3番目、それをトップ3って決めて、一個ずつクリアしていったんです」

 

中学時代のこの経験は、メンタリストとして活躍するDAIGOさんの大きな糧となったようですね。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:千葉県 市川市立新浜小学校

 

 

 

DAIGOさんの出身小学校は、地元市川市の公立校・新浜(にいはま)小学校です。

 

家族構成は両親と3人の弟の6人家族です。

 

 

また母親は薬剤師です。

 

ちなみに四男の松丸亮吾さんは東京大学の工学部(偏差値68・超難関)に進学しており、タレント活動をしており、「今夜はナゾトレ」などのテレビ番組にも出演しています。

 

 

他の2人の兄弟の学歴などは不明ですが、四兄弟のうち少なくとも2人が一流大学卒というのは驚きですね。

 

DAIGOさんは小学生時代は眼鏡をかけた太めの体型で、小学校1年生の頃からイジメに遭っています。

 

そのため小学生の頃は、友達が一人もいなかったと話しています。

 

小学生時代から読書が好きで、母親が持っていた薬学書なども読んでいます。

 

 

ちなみに現在でも1日に20~30冊もの本を読むことがあるそうです(速読ができる)。

 

また1度に20~30冊の書籍を購入し、1か月の本代が100万円以上になることもあり、蔵書は3000冊にも及ぶとのこと。

 

 

以上がDAIGOさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

現在はメンタリストに留まらず多方面で活躍するDAIGOさんですが、これまで数多くの苦しみや悲しみを乗り越えているようです。

 

だからなおさら人の気持ちを読めるのかもしれませんね。

 

DAIGOさんはマジシャンでもトリックでもないのに人の心理を読んで操るメンタリズムでたびたびテレビ番組に登場して、多くの視聴者を驚かせています。

 

 

今後の大きな飛躍にも期待したいところです。

 

松丸亮吾の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

スポンサードリンク





ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ