中田敦彦の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

人気お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」のメンバーで、コメンテーターとしても活躍している中田敦彦さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。意外にも中田さんは高校時代は友達がいませんでした。学生時代の情報やエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

中田敦彦(なかた あつひこ)

 

中田

 

1982927日生

身長173

血液型はO型

 

大阪府出身のお笑いタレント

お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」のボケ担当

本名同じ

妻はタレントの福田萌、弟はダンサーのFISHBOY

 

以下では「オリエンタルラジオ」中田敦彦さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

2003年に藤森慎吾と知り合ってお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」を結成。 

翌年に吉本総合芸能学院(NSC)に入所すると、12月に在校中にも関わらずM-1グランプリで準決勝に進出。 

2005年にバラエティー番組「ゲンセキ」でテレビデビューし、その年に武勇伝ネタでブレイクを果たす。 

2007年にドラマ「牛に願いを」で俳優デビュー。  

2012年にタレントの福田萌と結婚した。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

出身大学:慶応義塾大学 経済学部 偏差値70(超難関)

 

 

中田敦彦さんは高校卒業後は、名門私立大学の慶応義塾大学の経済学部に進学します。

 

第一志望は慶応の法学部でしたが不合格に終わり、早稲田大学の法学部にも合格しましたが、こちらの大学に進学しました。

 

中田さんは大学進学後にテニスサークルに入会していますが、ほどなくして辞めています。

 

大学時代には小学校の同級生と漫才コンビ「サメハダ」を組んで、学園祭で漫才を披露するなどして活動しています。

 

ただし最終的にはコンビは大学時代に解散してしまいます。

 

大学3年生だった2003年にアルバイト先の保険会社で藤森慎吾さんと出会って「オリエンタルラジオ」を結成し、翌年に本格的にデビューするために吉本興業の養成所の吉本総合芸能学院(NSC)東京校に入校しています。

 

 

NSCでは「はんにゃ」や「トレンディエンジェル」、「フルーツポンチ」らと同期でした。

 

またNSC時代のコンビ名は「中田藤森」でした。

 

コンビはすぐに頭角を現してNSC時代の2004年に「M‐1グランプリ」でいきなり準決勝に進出しています。

 

 

すると翌年の2006年にはバラエティ番組「ゲンセキ」に起用され、武勇伝ネタで大ブレイクを果たしています。

 

この年には史上最速で冠番組「オビラジ」を持ったり、「笑っていいとも!」のレギュラーを務めるなどトントン拍子に出世街道をばく進することになります。

 

以降は数々のバラエティ番組に起用される人気コンビとなっています。

 

なお中田さんは大学時代からお笑い芸人として多忙だったことから、大学時代は2度の留年を経験しており6年かけて卒業しています。

 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京学芸大学附属高校 偏差値75(超難関)

 

 

中田敦彦さんの出身校は、国立の共学校の東京学芸大学附属高校です。

 

同校は都内でも屈指の進学校として知られており、卒業生のほとんどが難関大学に進学します。

 

ちなみに2019年度の同大の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。

 

東京大学:45名

一橋大学:16名

東京工業大学:10名

京都大学:7名

 

早稲田大学:136名

慶応義塾大学:119名

上智大学:46名

明治大学:88名

 

中田さんは系列の中学校から同校に内部進学していますが、基本的に中高一貫校ではないことから、内部進学のためにも試験をクリアしなければならず、厳しい競争を勝ち抜いて同校に進学しています。

 

後述するように中学時代は部活動をおこなっていましたが、高校時代は帰宅部でした。

 

しかし意外にも、高校時代には同級生に友達は誰もいなかったと語っています。

 

そのため高校時代に放課後に遊んだ経験がないとインタビューで述べています。

 

また当時はコミュニケーションをとるのが苦手で、人と話す練習のためにお笑い番組を見るようになり、お笑い芸人に興味を持ちはじめます。

 

中田2

(高校時代)

 

超のつくような進学校に通って勉強の毎日でしたが、意外にもお笑いのルーツは高校時代にありました。

 

なお中田さんは当時は勉強をするかお笑いのテレビを見るか、そのどちらしかしていませんというほどでした。

 

【主な卒業生】

茂木健一郎(脳科学者)

平井理央(アナウンサー)

香山リカ(精神科医、タレント)

惣田紗莉渚(SKE48

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京学芸大学附属小金井中学校 偏差値67(難関)

※入学したのは山口大学教育学部附属山口中学校(偏差値56)

 

 

「オリエンタルラジオ」中田敦彦さんの出身中学校は、国立の共学校の東京学芸大学附属小金井中学校です。

 

当初は山口県山口市に在住しており、国立の山口大学教育学部附属山口中学校に進学しています。

 

この中学校も山口県内ではトップクラスのレベルを誇る中学校として知られています。

 

中田さんはこの中学校ではサッカー部に在籍しています。

 

当時は丸眼鏡をかけていたことから、「滝廉太郎」のあだ名で呼ばれています。

 

 

また中学時代は成績が非常によく、全国模試でも全国上位に入るほどでした。

 

中学3年生だった1997年4月に父親の転勤で東京都に転居して、東京学芸大学附属小金井中学校に転校しています。

 

ただし転校先の小金井中学校ではなじめずに、友達ができなかったそうです。

 

ちなみにこの中学校では茶道部に在籍しています。

 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:大阪府 高槻市立芥川小学校

※後に山口市立大内小学校に転校して卒業

 

 

「オリエンタルラジオ」中田敦彦さんが入学したのは、大阪府高槻市内の公立校の芥川小学校です。

 

中田さんは生まれたのは佐賀県ですが、父親が転勤族だったことから生後2、3か月の頃に大阪府の高槻市に転居しています。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

弟はダンサーとして活動しているFISHBOYさんです。

 

中田さんは子供の頃から活発で、小学校時代はサッカークラブに在籍してレギュラーとして活躍しています。

 

また運動会で応援団長を務めたり、騎馬戦の大将をやるなど当時は目立った生徒でした。

 

そのため小学校時代は女子にモテています。

 

10歳だった1992年4月に父親の転勤によって山口県山口市に移住して、山口市立大内小学校に転校しています。

 

 

また小学校時代から成績が非常に優秀で、児童会長を務めたほどの模範的な生徒でした。

 

 

以上が「オリエンタルラジオ」中田敦彦さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

前記のようにお笑い芸人を目指してからはいきなりブレイクしており、20代前半で人気お笑い芸人になった稀有な存在です。

 


コンビのほかにも、明晰な頭脳を活かしてクイズ番組やコメンテーターとしても活躍しています。

 

 

今後も楽しみな存在です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ