小室圭の学歴と経歴|出身大学高校や小中学校の偏差値と学生時代はチャラ男?

 

眞子さまの婚約者である小室圭さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。学生時代は「チャラ男」だったとの情報もある小室さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

小室圭(こむろ けい)

 

04

 

以下では小室圭さんの学歴や高校、大学の偏差値、高校時代・大学時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 




 

小室圭の学歴・経歴・プロフィールの略歴

ふりがなこむろけい04
氏名小室圭
生年月日1991年10月5日
出身神奈川県
身長非公開
血液型B型
学歴・経歴
19910歳神奈川県横浜市生まれ
19965歳大倉山アソカ幼稚園入園
19987歳国立音楽大学附属小学校入学
200211歳父親が逝去
200413歳国立音楽大学附属小学校卒業
200413歳カナディアン・インターナショナルスクール中学部入学
200716歳カナディアン・インターナショナルスクール中学部卒業
200716歳カナディアン・インターナショナルスクール高校部入学
201019歳カナディアン・インターナショナルスクール高校部卒業
201019歳国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科入学
201019歳「湘南江の島 海の王子」として活動
201221歳眞子さまと出会い、交際に発展
201221歳アメリカ・UCLAに留学
201423歳国際基督教大学教養学部を卒業
201423歳三菱UFJ銀行に就職
201625歳三菱UFJ銀行を退職
201625歳奥野総合法律事務所に入社
201625歳一橋大学大学院・国際企業戦略科に入学
201726歳眞子さまとの婚約が発表される
201827歳一橋大学大学院を卒業
201827歳アメリカ・フォーダム大学ロースクール法学修士コースに入学
201928歳アメリカ・フォーダム大学ロースクール法学博士コースに入学
202130歳アメリカ・フォーダム大学ロースクールを卒業(最終学歴)
202130歳弁護士法人ローウェンスタイン・サンドラー社に入社
202130歳眞子さまと結婚

 

小室圭の経歴・学歴~就職・留学・大学院

 

スポンサードリンク

 

小室圭さんは大学卒業後は三菱UFJ銀行に就職しています。

 

 

 

UFJ銀行は説明不要のメガバンクで、東大や京大、早稲田・慶応の難関大学の卒業生の就職先として知られていますが、そんな中でも当時の同僚は小室さんの英語力は「抜群だった」と語っています。

 

その一方で「週刊女性」の報道によれば、部長を含めた10名ほどのランチの際には小室さんは話題に入らずに黙々と食事をしていたとのこと。

 

そのため銀行時代はよほどプライベートについて語りたくなかったとされています。

 

小室さんは同行の丸の内支社に配属されて法人営業などの職務を担当していましたが、わずか2年弱でUFJ銀行を自主退職しています。

 

国際弁護士になりたいという理由で退職していますが、報道によればどうやら銀行の業務にやりがいを見いだせなかったようです。

引用:週刊女性PRIME

また元同僚は銀行時代の小室さんは同僚たちとあまり交流していなかったと週刊誌に語っています(眞子さまとの交際が知られてしまう可能性があったので)

 

早期で銀行を退職すると都内の法律事務所に転職し、事務員として勤務していました。

 

(法律事務所時代)

 

勤務先は「奥野法律総合事務所」という法律事務所で、大学時代にアメリカ留学した際に交流を深めたカリフォルニア州で弁護士をしている立川珠里亜さんからの紹介で入所したとの報道がありました。

 

小室さんは日本の司法試験に合格していないことから、法律事務所ではパラリーガルとして勤務しています。

 

パラリーガルとは弁護士の指揮のもとその法律業務を補佐し、定型的な事務を代行する職業です。

 

この頃眞子さまとの婚約報道がなされましたが、「将来設計が不明瞭」との指摘もなされています。

 

また夜は一橋大学大学院国際企業戦略科に入学して、国際経営戦略や金融戦略、経営財務や経営法務なども学んでいます。

 

 

公式HP:一橋大学大学院

 

ちなみに一橋大学の大学院は法曹関係のコースではなく、経営戦略のコースに通学しています。

 

そのためこの頃は国際弁護士になるのは諦めたとの報道もなされています。

 

そして2018年8月に国際弁護士の資格を取得するために、アメリカのフォーダム大学のロースクールに留学しています。

 

 

公式HP:フォーダム大学ロースクール
フォーダム大学はアメリカのニューヨークに位置する名門私立大学(難関)で、トランプ大統領も一時在籍したことで知られています。

 

また併設のロースクールもニューヨークの「3大ロースクール」のひとつに数えられ、これまで多くの法曹関係者を輩出しています。

 

アメリカのロースクールに入学するにはまず共通テストである米国法科大学適性試験を受けなければなりません。

 

このテストは180点満点ですが、フォーダム大学のロースクールの合格者の163点ですからおよそ90%程度の正答率が必要となります。

 

その上でTOEFLのスコアや自己アピール文、勤務先の上司や大学の教官などの推薦状2通が求められ、総合的に判断して合格者が決定します。

 

小室さんはこれらをクリアして同大のロースクールに合格しています。

 

(ロースクール時代)

 

ちなみにこのロースクールの合格率は約31%ですから、なかなかの狭き門をクリアしたことになります。

 

加えてフォーダム大学のロースクールの授業料はおよそ年間5万9500ドル(約660万円)なので、3年間で約1980万円に上ることになります。

 

既修者コースなら2年間で済みますが、小室さんは大学の法学部ではないので、3年間の通学が必要となります。

 

そのため小室さんは奨学金を活用して学費に充当し、生活費などは勤務先の法律事務所が支援するとのこと。

 

奨学金に関しては学年で1人しか選ばれない返済不要の「マーティン奨学金」を受給しており、ロースクール側も「最上級待遇」で迎えたとの報道もありました。

 

※追記

「週刊女性」の報道では全額免除の奨学金は1年目で打ち切りとなり、別途留学を継続するための資金調達が必要になったと報じています

 

さらにこのロースクールの学習スケジュールは授業がだいたい4~6時間程度で、次回の予習に6~8時間程度かかると言われています。

 

 

そのため1日あたり10時間以上の学習が求められるので、相当の努力と覚悟が必要なようです。

 

加えて小室さんが仮にアメリカの司法試験に合格したとしても、最低現地で2年間勤務しなければ日本で国際弁護士としての資格を認められないことから、合格後もしばらくはアメリカでの生活が続くことになるようです。

 

ちなみに小室さんには眞子さまとの婚約が内定以降はSPがついており、現在では現地の警察あるいは大学側が雇った警備員が警護にあたっています。

 

 

また週刊ポストの報道によればその費用は2年間で1.5億円に上る可能性があるとのことです(なお海外での警護については日本政府は費用を負担しないとの見解もあり)。

 

 

なおフォーダム大学のロースクールは3年間なので、小室さんの帰国は早くても2021年6月以降になります。

 

加えて小室さんが弁護士資格を取得してアメリカで弁護士として活動すれば、高収入を得ることは可能です。

 

「法律事務所の規模によって給与には差が出ます。弁護士数500名以上の大規模ローファームが一番待遇がよくなりますが、50名の事務所でも1000万円ほどです。ロースクールを卒業後、ある程度の規模があるローファームで経験を積みながら高収入を得ることは十分可能でしょう」

 

アメリカでは日本より弁護士は高収入を得る傾向にあり、国際企業のM&Aなどを手掛ける敏腕弁護士はけた違いの報酬を得ています。

 

なお眞子さまの父親である秋篠宮親王は2020年11月に2人の結婚を認める発言をしています。

 

 

 ただし宮内庁はまずは小室さんの母親の金銭問題への対応が必要としており、このあたりの動向には注目が集まるでしょう。

 

なお小室さんは2021年6月に、フォーダム大学のロースクールを卒業しています。

 

またこの年の7月にアメリカ・ニューヨーク州の司法試験を受験しています。

 

司法試験の結果は12月までに判明するとのことです。

 

小室さんは司法試験に合格した場合は、ニューヨーク州の法律事務所に就職する予定と報じられています。

 

※追記

2021年9月1日に小室さんと眞子さまが年内に結婚する予定であることがマスコミで報じられました。

 

 

結婚後はアメリカで生活する予定とのこと。

 

※追記

小室圭さんは2021年のニューヨーク州の司法試験でまさかの不合格になりました


引用:Yahooニュース

今後は2022年2月の再試験に向けて勉強をすることになります

 

またニューヨーク州の弁護士資格を持ち、コメンテーターとして活動する清原博氏は2月の司法試験に不合格ならば、法律事務所を辞める可能性があることを次のようにコメントしています。

 

「2月の試験は難易度こそ変わりませんが、合格率が20%ほど下がります。2月に試験を受ける人の多くは、大学を卒業して仕事をしながらの受験となり、勉強に割ける時間が少なくなるためで、小室さんも同様です。 またもし仮に2回目も落ちた場合、事務所の中で小室さんは弁護士になれる可能性が低いとみなされ、事務所にいられなくなるかもしれません。実際、2回立て続けに落ちて負い目を感じ、自ら事務所を辞める方が結構いらっしゃいます。厳しい状況にいることは間違いないでしょう」

 

眞子さまのためにもぜひとも2月の試験は頑張ってほしいところです。

 

※追記

2022年10月21日に3度目の挑戦で、ニューヨーク州の司法試験に合格したことが判明しました

 

小室圭の経歴・学歴~就職先の法律事務所はどこ?

 

小室圭さんは2021年9月に法律事務所に就職したことが判明しています。

 

週刊誌では就職先の法律事務所は「L社」と報じられており、ニューヨークやワシントンD.C.などに計5つのオフィスを構えて、弁護士だけでも370人以上在籍している大型法律事務所です。

 

そしてこの「L社」とはLowenstein Sandler(ローウェンスタイン・サンドラー)社です。

 

この法律事務所は1961年設立で、ニューヨークを本拠地にしており年間の売上も3億800万ドル(日本円で380億円)以上あるそうです。

 

 

小室さんはこの法律事務所のHPで次のように紹介されています。

 

「Keiは、起業家、新興企業、投資家に、ベンチャーキャピタルの資金調達、M&A、事業体の形成、および一般的な企業問題について助言します。彼は東京で法律事務所と外国為替銀行の両方で働いた経験があり、認定証券ブローカーの代表として、外国の法人顧客向けにローンと外国為替サービスを提供し、財務分析を準備しました。Keiは日本語が堪能です」

 

司法試験の結果が出るのは2021年12月頃と言われており、それまでは法務助手という立場で働くことになります。

 

とは言えこの事務所の新人弁護士の標準的な報酬は2000万円とも言われています。

 

アメリカは一般的にサラリーマンでも能力不足とされれば簡単に解雇することが可能で、その反面「能力あり」と判断されれば高額の報酬を得ることも可能です。

 

そのため有能な弁護士と認められれば、日本円で1億円以上の年収を得ることも可能です。

 

小室さんの弁護士としての今後の成長や頑張りにも注目ですね。

 

眞子さまの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

秋篠宮文仁親王殿下の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃はやんちゃだった

 

紀子さまの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

スポンサードリンク

 

小室圭の学歴・経歴~出身大学の詳細

 

出身大学:国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科 偏差値65(難関)

 

 

公式HP:国際基督教大学(ICU)

 

小室圭さんは高校卒業後は、国際基督教大学(ICU)の教養学部に進学しています。

 

同大の入学試験は英語の成績に重点が置かれており高い英語力を求められますが、小室さんはインターナショナルスクール出身だけあって英語は非常に得意でした。

 

また大学2年生の時に奨学金の試験に合格して、以降の学費は奨学金で賄っていました。

 

ちなみにこの大学の入学金と初年度の学費は高校時代にアルバイトで貯めた貯金を切り崩して工面しています。

 

また小室さんの代理人は2020年12月に大学2年目以降の奨学金は既に完済目前とコメントしています。

 

在学中のTOEICの点数も950点と、海外の一流大学に留学できるほどの高得点を記録しており(満点は990点)、大学3年生の時にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に留学しています。

 

大学では部活動やサークル活動はおこなっていなかったとのこと。

 

大学1年生だった2010年には「湘南江の島 海の王子」として、イベントや観光キャンペーンに携わっています。

 

 

ちなみに同時期に「海の王子」を務めた柏木元気さんは当時の小室さんについて、「週刊女性」のインタビューで次のように話しています。

 

「インターナショナルスクール出身だからなのか、フランクで親しみやすい方でした。丸2日間、立ちっぱなしでパンフレットを配るのはつらいのですが、彼は笑顔を絶やさず、たまに冗談を言ったりして場を和ませていましたね」

 

 

また大学時代には、アナウンサー養成学校の「テレビ朝日アスク」にも通っていた経験があります。(大学の先輩であるテレビ朝日アナウンサーの小松靖さんの紹介だと言われています)

 

 

ちなみに小室さんがアナウンサーを目指したのは、母方の親戚の日本テレビアナウンサー・辻岡義堂さんの影響だと言われています。

 

なお辻岡さんも2005年に「海の王子」に選ばれており、こちらも辻岡さんの影響かもしれませんね。

 

辻岡義堂アナの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|小室圭の親戚だった

 

加えて大学時代は他の学生と同じように学生生活を楽しんだようで、週刊誌などでは「チャラ男写真」なども掲載されています。

 

 

 

 

なお小室さんは大学2年生の2学期からは、自宅から学内の男子寮で生活をしはじめています。

 

寮では「コムロック」と呼ばれており、みんなからは好かれていたそうです。

 

ちなみに「週刊文春」の報道によれば、男子寮に入寮する際の自己紹介で小室さんはここに住む理由については「男を上げたい」と宣言し、「コムロックと呼んでください」と言ったとされています。

引用:週刊女性PRIME

 

また当時の同じ寮生だった後輩はインタビューで当時のことを次のように話しています。

 

「寮のメンバーで飲み会が開かれたときには、みんなが2次会に流れる中で“ごめん、勉強するから帰ります!”と、ひとりだけ寮へ帰っていました。勉強と遊びのメリハリがついている人でしたね」

 

そして同大在学中に眞子さまとは同級生になっており、その後に交際に発展しました。

 

大学3年生の時の交換留学生の説明会の際に、小室さんは眞子さまとはじめて話しています。

 

また眞子さまの在籍したスキーサークルのトレーニングにも参加していましたが、「合宿に行くお金がない」ことを理由に正式には入部していません。

 

そしてこの年の8月の交換留学生として出発する前には交際に発展していたと報道されています。

 

 

またその年の9月に眞子さまはイギリスのエディンバラ大学に留学しており、アメリカのUCLAに留学した小室さんとはバラバラになっていますが、それでも連絡をとりあって交際を続けています。

 

さらに眞子さまは大学卒業後はイギリスのレスター大学大学院に入学して半年間の留学をしていますが、この際も小室さんは眞子さまに会うためにイギリスまで行ったことをマスコミが報じています。

 

 

なお小室さんは高校時代からアルバイトをしていたフランス料理店には大学時代も引き続き勤務しており、当時のデート費用もすべて小室さんが支払っていたとのことです。

 

ちなみにUCLAに留学中には仮装パーティーなどに参加しており、学生生活を謳歌していたようです。

 

 

眞子さまの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

秋篠宮文仁親王殿下の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃はやんちゃだった

 

紀子さまの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

スポンサードリンク

 

小室圭の学歴・経歴~出身高校の詳細

 

出身高校:カナディアン・インターナショナル・スクール 普通レベル

 

 

公式HP:カナディアン・インターナショナルスクール
小室圭さんは中学校に引き続いて、カナディアン・インターナショナル・スクール(高等部)に通学しています。

 

(高校時代)

 

この学校は東京の品川にあるインターナショナルスクールで、プリスクール(3、4歳児対象)やキンダーガーデン(5歳児対象)、小学部、中学部、高校部を設置しています。

 

カリキュラムはカナダの教育カリキュラムに沿って行われており、授業はすべて英語で進められます。

 

インターナショナルスクールらしく年間の授業料は180万円と高額で初年度には次のような費用もかかります。

 

入学金:30万円

教育充実費:45万円

管理運営費:15万円

※入学金と教育充実費は初年度のみ

 

つまり初年度は270万円もの費用がかかることになります。

 

なお名門インターナショナルスクールのアメリカンスクール・イン・ジャパンや清泉インターナショナルスクールに比べると、この学校は入学のハードルも低く、学費も安いとのこと(両校は年間200万円以上の学費がかかる)

 

また同校は1999年開校で歴史が浅く、東京のインターナショナルスクールの中では普通レベルで、さほどの難関校ではありません。

 

加えて同校は文部科学省の認定を受けているインターナショナルスクールなので、日本の高校卒業の資格の取得も可能です。

 

 

高校時代になると小室さんも学費の足しにするために、高校3年生の時からフランス料理店でアルバイトをはじめています。

 

ちなみに小室さんが高校時代から大学時代にかけてアルバイトしていたフランス料理店は横浜市北区大倉山にある「ビストロ・ファミーユ」というお店です。

 

(ビストロ・ファミーユ ※現在は閉店)

 

このお店にはもともとお母さんとともに客として訪れていました。

 

高校時代の小室さんはウェーターとしてこのお店に入店して、夕方から働いていたそうです。

 

大学時代は奨学金をもらったことで、このお店でのアルバイトは週末のみだったようです。

 

お店のオーナーによると勤務態度は非常に真面目で、大学時代には「学内で眞子さまを見かけた」という報告は受けていましたが、まさか交際しているとは思ってなかったとのこと。

 

 

なお小室さんは高校時代の成績が優秀だったことから、高校時代も学費の免除や軽減措置を受けていた可能性もあります。

 

眞子さまの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

秋篠宮文仁親王殿下の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃はやんちゃだった

 

紀子さまの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

スポンサードリンク

 

小室圭の学歴・経歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:カナディアン・インターナショナルスクール 普通レベル

 

 

公式HP:カナディアン・インターナショナルスクール

小室圭さんは小学校卒業後は東京品川区にあるカナディアン・インターナショナルスクールに進学しています。

 

この学校は世界の中でも教育水準がトップレベルのカナダ式の教育スタイルを特徴としています。

 

また他のインターナショナルスクール同様、中学部も年間の学費が180万円と高額です。

 

後述するように小室さんは小学校は普通の学校に通学していますが中学でインターナショナルスクールに進学したのは、母親の意向が強かったとの報道もされています。

 

 

とは言え、インターナショナルスクールに通学していただけあって、小室さんの英語力は既に中学時代に「ペラペラ」でした。

 

ただしこの中学に入学する際には英語力が足りなかったようです。

 

この学校の事務長のインタビューによると小室さんは小学校6年生の3月に母親とともに面接に臨んでいます。

 

 

その際には教育熱心という感じで、小室さんもハキハキと質問に答えて好印象でした。

 

しかしこの時は小室さんの英語力は、授業をすべて英語でおこなうこの学校の入学基準に満たなかったそうです。

 

 

そのため入学前に英語力の強化クラスとサマースクールに参加して、課題やレポートもしっかりこなして短期間で英語力を向上させて入学基準の英語力を身に着けています。

 

スポンサードリンク

 

小室圭の学歴・経歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:東京都 国立音楽大学附属小学校

 

 

公式HP:国立音楽大学附属小学校

小室圭さんの出身小学校は、私立の共学校の国立音楽大学附属小学校です。

横浜市出身ですが幼少期からヴァイオリンを習っていたことから、小学校は東京都国立市にある国立音楽大学附属小学校に進学しています。

 

 

恐らくは将来の国立音楽大学への進学を見据えた入学と思われ、小学生時代は母親とともに国立市に住んでいました。

 

※追記

後に母親が当時は小室さんをヴァイオリニストにするか音楽関係の仕事に就かせたかったの報道がありました。

 

「佳代さんは圭くんをバイオリニストにするか、音楽関係の仕事に就かせたかったようです。小学校入学前から地元・横浜でピアノやバイオリンを習わせ、佳代さんは圭くんの才能を疑わなかった。周囲には、“この子はバイオリンの天才なのよ”とほめちぎっていましたね。小学校入学後は、家族で国立に引っ越し、父の敏勝さんは国立から勤務先の横浜まで通っていたほど、圭くん中心の生活を送っていました」

 

この小学校は1学年80人程度の小規模な学校だったことから、小学校時代はひときわ目立つ存在でした。

 

特に両親のことを「お父様」「お母様」と呼んでいたことは保護者の間でも話題になっていたそうです。

 

ところが小学4年生の頃に横浜市役所に勤務していた父親の敏勝さんを通勤中に亡くし、状況が一変します。

 

「その日、保護者会があって、午前中は僕の母親が圭くんのお父さんに『ご無沙汰してます』って挨拶したそうです。元気そうだったと聞いています。『午後から仕事があるので、また』と、そう言ってお父さんは早めに帰られた」

 

その直後に敏勝さんは亡くなったと報じられています。

 

その一方で父親の死からすぐに小室さんが「おじさん」と呼ぶ男性が現れたことも報道されています。

 

「ただ、今思えば、可哀想なところもあった。お父さんが死んですぐに、圭くんが『おじさん』って呼ぶ男性が学校に現れたことがあった。髭を生やしたダンディな感じの人で、お母さんの新しいパートナーだということでした」

 

母親が非常に教育熱心だったことから、菓子店など様々な職業を経験して女手ひとつで育てました。

 

そのため年間の学費が、およそ60万円ともいわれるこの小学校も無事に卒業しています。

 

 

※追記

後に小学校5年生と6年生の時の学費120万円については、この小学校の互助組織から奨学金を受けて卒業したとの報道もありました。

 

ただしヴァイオリンは小学校限りで辞めてしまいました。

 

 

以上が小室圭さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

このような小室さんの学歴や経歴を見ると、学生時代は苦学生だったものの、かなりの努力家であり向学心もあるようです。

 

大手銀行を辞めてまでも自分の夢を追求するなど、向上心もかなり高いようです。

 

とは言え眞子さまとの婚約の延期も報道されましたが、一部では「破断含み」だとも報じられています。

 

どうやら母親の金銭トラブルの影響のようですが、このあたりは小室さんの母親側の主張と元婚約者の主張内容が大きく異なっており、平行線を辿るばかりです。

 

(母親と)

 

なお週刊誌の報道によれば金銭トラブルは小室さんの大学の入学金を巡ってのことのようです。

 

 

留学中の小室さんの動向も含め、このあたりの報道には注目が集まりそうです。

 

眞子さまの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

秋篠宮文仁親王殿下の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃はやんちゃだった

 

紀子さまの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ