堀江貴文(ホリエモン)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|勉強は全然やってなかった

ライブドア時代に時代の寵児にもなった「ホリエモン」こと堀江貴文さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。堀江さんはかなりのエリートと思われがちですが、意外にも学生時代は問題児でした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

堀江貴文(ほりえ たかふみ)

 

1

 

19721029日生

身長167

 

福岡県出身の実業家、タレント

元ライブドア社長CEO

本名同じ、愛称は「ホリエモン」

 

以下では堀江貴文さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1996年に有限会社オン・ザ・エッヂを設立し、いち早くホームページの制作や運営管理をおこない話題になるとともに、2000年には東証マザーズに上場。 

2002年にライブドアに社名変更。 

2004年にプロ野球球団近鉄の買収に失敗し、翌年にはニッポン放送の買収に失敗する。 

2005年の衆議院議員選挙に出馬するも落選。 

2006年に証券取引法違反で逮捕され懲役26か月の実刑で収監されるも、書籍を刊行するなど精力的に活動。 

20133月に仮釈放。 

以降は実業家、タレントとして活動し、公演などもおこなっている。 

離婚歴があり、子どももいる。

 

ホリエモンの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京大学 文学部(中退) 偏差値70(超難関)

 

 

堀江貴文さんは高校卒業後は、東京大学に進学しています。

 

合格したのは文科Ⅲ類で、その後は文学部に進んでいます。

 

高校時代の成績は振るいませんでしたが、高校3年生の夏休みから猛勉強をはじめて、わずか半年間で東大に合格しています。

 

 

しかし大学でも学業に真面目に取り組むことはなく、ちゃんと通学したのは最初の2カ月間だけでした。

 

インタビューでもほとんど大学には通学しなかったことを述べています。

 

「僕自身も東大中退ですけど、そもそも大学にはほとんど通っていませんでしたからね。それに、日本の大学は「入学するのが難しくて卒業するのが簡単」ということを誰もが知ってるので、僕はその価値だけを得たというわけです」

 

そのため後に「大学に行くのはお金と時間のムダ」と発言しています。

 

大学時代はアルバイトやギャンブル(競馬、麻雀)に明け暮れるとともに、ヒッチハイクで日本全国を旅行もしています。

 

ヒッチハイクでは約100台の車を乗り継いで、鹿児島から東北まで行っています。

 

また当初から就職するつもりはありませんでしたが、大学時代は数々のアルバイトを経験しています。

 

堀江さんは大学4年生だった1994年にプログラミングのアルバイトを通じてインターネットと出会って、衝撃を受けています。

 

以降はインターネットに夢中になって、朝から晩までPCに向かっています。

 

またほどなくしてインターネット関連の会社を立ち上げて起業することも決意しています。

 

そのため大学には完全に通学しなくなって、23歳だった1996年2月に中退しています。

 

その際には父親から大学は卒業するように言われていますが、「無視した」とインタビューで話しています。

 

大学を中退した年にオン・ザ・エッヂを設立しています。

 

 

 

会社は急激に成長して、2000年には売上高2億5000万円となり、東証マザーズに上場しています。

 

 

2002年に社名をライブドアに変更。

 

ライブドア時代には時代の寵児としてたびたびマスコミに取り上げられましたが、逮捕によって収監も経験しています。

 

スポンサードリンク

 

ホリエモンの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:福岡県 久留米大学附設高校 偏差値75(超難関)

 

 

堀江貴文さんの出身校は、私立の男子校(当時)の久留米大学附設高校です。

 

同校は福岡県でも屈指の進学校として知られ、東大や京大などの最難関大学に進学する生徒も少なくありません。

 

2019年度の同校の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。

 

東京大学:50名

九州大学:41名

京都大学:11名

大阪大学:7名

 

慶応義塾大学:27名

早稲田大学:26名

東京理科大学:23名

 

当時は男子校でしたが、2005年から男女共学となっています。

 

堀江さんは高校時代は帰宅部で部活動などはおこなっていません。

 

またこのような「超」のつく進学校に通学していましたが、学業にはあまり真面目に取り組んでいませんでした。

 

 

高校1、2年生の時には麻雀にハマって、ゲームセンターにも入り浸る日々を送っています。

 

堀江さんは高校時代についてはインタビューで次のように話しています。

 

いま思えば、「敷かれたレールを走っちゃう」ってことなんだとわかる。学年の4分の1くらいが東大、半分くらいが九大と九大医学部に進む。もちろん、友達と遊ぶのは楽しかったすよ。ビリヤードやったり、レーサータイプの自転車で山を走ったり。遊びは遊びでいいんだけど、「人生で働く」おもしろさってのは、僕と似た感じの人はいなかった

 

そのため一時は学校の成績が下から10番目くらいにもなっています。

 

そんな成績だったことから、高校3年生の春に受けた東大模試の結果も「F判定」で、合格の可能性はほとんどありませんでした。

 

しかし高校3年生の夏休みから現状を変えるために一念奮起して猛勉強し、最難関の東京大学に現役合格しています。

 

なお東京大学に進学先を定めたのは実家から出るためでした。

 

ちなみに堀江さんが通学していた頃の同校は男子校だったということもあり、高校時代は女性との接点は皆無だったとのこと。

 

【主な卒業生】

孫正義(ソフトバンク会長・中退)

鳥越俊太郎(ジャーナリスト)

本村健太郎(弁護士・タレント)

 

スポンサードリンク

 

ホリエモンの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:福岡県 久留米大学附設中学校 偏差値71(超難関)

 

 

堀江貴文さんの出身中学校は、私立の男子校(当時)の久留米大学附設中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校で、高校へは内部進学で進んでいます。

 

とは言えこの中学校には中学受験で入学しており、相当の学力を有していました。

 

また中学入学当初は成績も学年でトップクラスでした。

 

堀江さんは中学時代も部活動などはおこなっておらず帰宅部でした。

 

 

また中学の入学祝いとして両親から日立のパソコンをもらっています。

 

そのため中学入学直後からプログラミングに没頭していており、独学でゲームや掲示板を作成していおます。

 

また当初購入したのが初心者用のパソコンだったことから、親に20万円を借りてより高性能のパソコンを購入しています。

 

その際の借金は新聞配達をして返済しています。

 

そして中学2年生の時には通学していた英語スクールの教材システムの移植作業を依頼されたことから、堀江さんは1か月間プログラミングに没頭して作業も完了しています。

 

この時の報酬は10万円でした。

 

ただしこのようにコンピューターのプログラミングにのめりこみ、中学3年生の時には麻雀も覚えたことから学校の成績は急落したそうです。

 

なお意外にも堀江さんは中学時代に市民劇団に所属していたこともありました。

 

ホリエモンの学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:福岡県 八女市立岡山小学校

 

 

堀江貴文さんの出身小学校は、地元八女市内の公立校の岡山小学校です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

 

父親は九州NO.1の進学校を卒業していますが、家庭の事情などにより大学に進学せずにトラック販売会社にサラリーマンとして勤務していました。

 

堀江さんは小学校時代は習字と柔道を習っていました。

 

当時は将棋クラブにも入っていました。

 

また小学校時代から成績が非常によく、テストの点数が100点でなければ親に怒られたほどでした。

 

加えて通知表に「協調性が足りない」と書かれるなど、小学校時代はやや問題児でした。

 

それでも小学校時代は地元では「神童」と呼ばれています。 

 

以上が堀江貴文さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ライブドア時代は時代の寵児となって、球団買収やニッポン放送の敵対的買収、宇宙開発事業などで大きな話題をもたらしていました。

 

ところが2006年に逮捕されて、一時は表舞台からも姿を消しています。

 

 

しかし釈放後は再び表舞台に登場し、現在も精力的に活動をしています。

 

頭脳明晰ぶりは疑いのないことですし、歯切れのよいトークも人気を博しています。

 

 

実業家としても再び事業を手掛けていますので、今後の動向も気になります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ