島田紳助の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|とんでもないヤンキーだった

 

タレントとして一世を風靡した島田紳助さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は島田さんは学生時代はとんでもないヤンキー・不良で暴走族にも入っていました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

島田紳助(しまだ しんすけ)

 

 

1956324日生

身長170

血液型はAB

 

京都府京都市出身の元お笑いタレント

本名は長谷川公彦(はせがわ きみひこ)

 

以下では島田紳助さんの学歴と経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴

 

1976年に松本竜介とともにお笑いコンビ「紳助・竜介」を結成。 

コンビは1970年代後半から80年代前半の漫才ブームに乗って、人気お笑いコンビとなる。 

1985年にコンビを解散して、以降は単独で活動。 

1990年から「サンデープロジェクト」に出演(2004年まで) 

1994年から「開運!なんでも鑑定団」にMCとして出演。 

他にも「行列ができる法律相談所」や「クイズヘキサゴンⅡ」などの出演番組が軒並み高視聴率を記録。 

20118月に暴力団関係者との交際が発覚して芸能界を引退した。 

私生活では1980年に一般人女性と結婚しており、娘が3人いる。

 

島田紳助の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:京都学園大学 経済学部(中退) 偏差値45(現在・容易)

※現在は京都先端科学大学

 

 

 

島田紳助さんが入学したのは、私立の京都学園大学です。

 

この大学は京都市右京区にあり、2019年に京都先端科学大学に校名が変更されています。

 

在籍した経済学部は現在は偏差値45程度(現在は経済経営学部)ですが、島田さんの時代は入学試験がなく面接のみで入学できたので偏差値はありませんでした。

 

島田さんはこの大学に合格したものの4年間通っても得るものはないと考えていたことや、芸人に弟子入りしたこともあって、親が入学金を納付した直後にこの大学は中退しています。

 

そのため大学へは一度も通学していません。

 

大学を中退した1974年に漫才師を目指し島田洋之助・今喜多代さんに弟子入りしていますが、当時国鉄職員だった父親の猛反対にあっています。

 

しかし最終的に父親が折れて、「好きにしろ」と弟子入りを認めています。

 

21歳だった1977年に、松本竜介さんと漫才コンビ「島田紳助・松本竜介」を結成しています。

 

 

ちなみに松本さんとのコンビ結成を勧めたのは、同期の明石家さんまさんです。

 

当初はなかなか芽が出ませんでしたが、1981年の漫才ブームの際にブレイクしています。

 

 

当時はヤンキーネタや体を張ったゴムパッチンなどの芸風が大ウケしています。

 

 

またピンでもバラエティ番組「オレたちひょうきん族」に出演して、ビートたけしさんや明石家さんまさんとともに人気者となっています。

 

 

ただし人気絶頂期だった1985年にコンビを解散しています。

 

以降は司会者やMCとして活動し、「サンデープロジェクト」や「開運!なんでも鑑定団」、「クイズヘキサンゴンⅡ」、「行列のできる法律相談所」など出演番組は軒並み高視聴率を記録しています。

 

 

そのため島田さんは押しも押されぬ人気タレントになっていますが、2011年に暴力団関係者との交際が明らかになって芸能界を引退しています。

 

 

とは言え、たびたび他の芸能人のYOUTUBEなどに出演して話題になっています。

 

 

未だに根強い人気があるようですね。

 

スポンサードリンク

 

島田紳助の学歴~出身高校の詳細・とんでもないヤンキーだった!

 

出身高校:京都府 大谷高校 偏差値40台前半程度(当時)

 

 

 

島田紳助さんの出身高校は、私立の男子校(当時)の大谷高校です。

 

この高校は1875年開校の伝統校で、スポーツが盛んなことで知られています。

 

現在の同校は進学コースを設置しており偏差値も50~66程度ですが、当時はあまりレベルが高くありませんでした。

 

島田さんが在籍した当時は修学旅行の際もケンカなどの暴力沙汰をおこさないために、他校との接触のない山の中の宿泊施設に宿泊したほどでした。

 

後述しますが島田さんは中学時代に引き続いてグレており、暴走族にも所属していました。

 

 

また当時はヤクザに本気で憧れており、高校時代に車上荒らしで補導されて少年鑑別所に送致された経験もあります。

 

島田さんはその他にも高校時代はタバコやシンナー、恐喝などに手を染めています。

 

ただし父親は当時としては珍しく話で解決するタイプで、1度も島田さんに手を挙げたことはありませんでした。

 

 

学校では応援団に所属しており、文化祭の劇「仁義なき戦い」では主演しています。

 

ただし応援団は面白くなかったそうで、団員も徐々に減っていき島田さんが高校2年生の時には潰れてしまいました。

 

そのためその頃からボクシングジムに通いはじめています。

 

実は家の近所にプロボクサーが住んでおり、ボクシングについては心得がありました。

 

ところがそのボクシングジムには普段は黒縁メガネをかけて無口な高校の同級生がいて、試合をするといつも負けてしまいました。

 

そのため闘志に火がついてその同級生とともに真面目にボクシングに取り組むと、大会に出場できるほど上達しました。

 

 

なお高校時代の島田さんは当初は板前になるつもりでした。

 

しかし高校時代に「B&B」の漫才を見て衝撃を受け、漫才師になろうと思っています。

 

ちなみに芸能界入り直後は「B&B」の島田洋七さんの付け人を務めたことがありました。

 

【主な卒業生】

中岡創一(ロッチ)

 

スポンサードリンク

 

島田紳助の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:京都府 京都市立八条中学校 偏差値なし

 

 

 

島田紳助さんの出身中学校は、地元である京都市南区の公立校の八条中学校です。

 

島田さんは当初は普通の生徒でしたが、中学2年生の頃からグレはじめてしまっています。

 

グレた理由は真面目な国鉄職員の父親が昇進試験の筆記試験では合格するのに、面接試験ではなぜかいつも落ち続けた姿を見て「人間、真面目なばかりじゃダメなんだ」と思い知ったのがきっかけと言われています。

 

中学時代から素行不良で学校の窓ガラスを割ったり、教室で盗品を売りさばいたりしていました。

 

また中学生ながらしょっちゅうパチンコ屋に出入りしています。

 

中学校では剣道部に所属していましたが、部活動に関しては真面目におこなっています。

 

なお中学2年生の頃からほとんど勉強をしなくなりました。

 

島田紳助の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:京都府 京都市立唐橋小学校

 

 

 

島田紳助さんの出身小学校は、地元の京都市南区の公立校・唐橋小学校です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

 

島田さんはひとりっ子だったことから子供の頃から大変甘やかされており、ねだれば数万円もするおもちゃも買ってもらっていたということです。

 

また小学校を卒業するまでは母親が靴下を履かせていたほどです。

 

父親は非常に教育熱心だったことから、小学校3年生の頃から家庭教師をつけられています。

 

なお島田さんの父親は染物屋の次男として生まれ、商売人は勉強する必要ないと言われて育ったことから勉強をしたくてもできませんでした。

 

そのため教育熱心になっています。

 

前記のように学生時代は両親に迷惑ばかりかけていた島田さんですが、芸能界で成功を収めると両親に3階建ての一軒家を建ててあげて、20年以上も毎月30万円もの仕送りをしていたという親孝行ぶりを示すエピソードも残っています。

 

以上が島田紳助さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

既に芸能界は引退していますが、復帰の待望論があるほど根強い人気を誇っています。

 

 

ツイッターの内容もたびたび話題になるなど、未だに多くのファンに高い関心を持たれています。

 

今後の活動などにも注目が集まりそうです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ