生瀬勝久の学歴|出身大学高校(同志社大・宝塚高校)や中学校の偏差値|生徒会長だった!

 

俳優の生瀬勝久さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は生瀬さんは小学校では児童会長、中学校では生徒会長を務めたほどの模範的な生徒でした。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

生瀬勝久(なませ かつひさ)

 

004

 

19601013日生

身長178㎝ 70kg

血液型はO型

 

兵庫県西宮市出身の俳優、タレント

本名同じ、旧芸名は槍魔栗三助

 

以下では生瀬勝久さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

生瀬勝久の学歴まとめ

 

出身大学:同志社大学 文学部社会学科

出身高校:兵庫県立宝塚高校

出身中学校:西宮市立塩瀬中学校

出身小学校:西宮市立春風小学校

 

生瀬勝久の学歴~出身大学(同志社大学)の詳細

 

出身大学:同志社大学 文学部社会学科 偏差値60(やや難関)

現在は社会学部

 

 

 

生瀬勝久さんは高校卒業後は、関西の名門私大の同志社大学に入学します。

 

この大学へは1年間の浪人生活を経て入学しています。

 

浪人生活をしていた際にはお好み焼き屋でアルバイトをしていました。

 

大学時代は喜劇研究会に入会して落語やコントを披露するとともに、同大学の劇団「第三劇場」に在籍していました。

 

20歳のときにつかこうへいさんの舞台を観て衝撃を受け、演劇にのめり込んだそうでインタビューで次のように話しています。

 

「あの舞台ってホントに素の舞台で、セットも何もなく、ジャージみたいなので大きな声出して曲がバーンって鳴って、照明だけで、これだけのものができるんだ、ってことに度肝を抜かれちゃった」

 

1982年に学生劇団「そとばこまち」にスカウトをされて入団しており、同年に舞台「猿飛佐助」で舞台デビューを果たしました。

 

当時の生瀬さんのデビュー公演を見た俳優の渡辺いっけいさんは「本当に天才だった」と振り返っており、インタビューでは次のように話しています。

 

「とにかく生瀬勝久さんがすごかった。衝撃のデビューだったんですよ。華があって声がでかくて面白くて一人で引っかき回して…。それをいのうえさんと筧と僕が並んで見ていたんですけど、筧と僕は特にすごいショックを受けるんですよ。『こんなやつがいるんだ。天才だ』って思ってボーッとしちゃって…」

 

005

 

時期は不明ですが、生瀬さんは大学在学中に2年留年をしています。

 

生瀬さんは大学卒業後はリース会社への就職先が決まっておりましたが、役者になりたいという気持ちがあったそうでインタビューで次のように話しています。

 

「当時は大学を卒業して、良い会社に就職をして、有名企業に入ることが当たり前でした。就職が決まって会社に対しての誓約書を書いているうちに本能的にお芝居が好きだと。もちろん芝居は好きですけれど、初めて仕事に就くよりもお芝居をしたいと思ったんです。」

 

しかし親に学費を払ってもらったこともあり自身が生活をしていくためには、どこかの企業に入らないといけないという思いもあったようです。

 

そして両親の目の前で「ちょっと考えさせてくれ」と話したそうで、生瀬さんは1週間考えた後に就職を辞退し、劇団に戻っています。

 

そして1988年には同劇団の4代目座長に就任しており、脚本や演出家としても活躍をしました。

 

またこの年から「探偵ナイトスクープ」に出演して、タレントとしても人気を博します。

 

 

ちなみにこの番組は30年以上続く長寿番組ですが、生瀬さんはオープニングメンバーのひとりです。

 

 

加えてこの年に山口智子さんがヒロインを務めたNHKの朝ドラ「純ちゃんの応援歌」に起用されたことがきっかけで、芸名を槍魔栗三助から本名の生瀬勝久に変更しています。

 

 

ちなみに生瀬さんは旧芸名は当時のNHKでは使用できなかったことから、改名したことをインタビューで明らかにしています。

 

当初はコメディアンやタレントとして注目されますが、後に俳優としての活動が中心になり数多くのドラマにも出演しています。

 

 

またトーク力もあるので、数々のバラエティ番組にも出演しています。 

 

スポンサードリンク

 

生瀬勝久の学歴~出身高校(兵庫県立宝塚高校)の詳細

 

出身高校:兵庫県 宝塚高校 偏差値50(普通)

 

 

 

生瀬勝久さんの出身高校は、県立の共学校の宝塚高校です。

 

この高校は1963年開校の中堅県立高校です。

 

高校時代はバレーボール部に在籍していました。

 

高校生の時に宝塚ファミリーランドでアルバイトをしており、夏にはジュースを売っていました。

 

当時は時給は350円だったそうです。

 

また高校時代には好きな女子と交換日記をして毎日電話をするほど仲が良かったようですが、高校3年生の時に告白をして振られています。

 

ちなみに生瀬さんは学生時代は非常に真面目だったとインタビューで話しています。

 

「真面目だったね。基本、真面目。無骨だったね、どっちかって言うと。平等でいたい、っていうのがまずあるのかも知れないな。だから、偉そうにする人嫌いなんだよ。年取れば取るほど、どんどんそういうの強くなってくるな」

 

【主な卒業生】

東野幸治(お笑い芸人)

 

スポンサードリンク

 

生瀬勝久の学歴~出身中学校(西宮市立塩瀬中学校)の詳細

 

出身中学校:兵庫県 西宮市立塩瀬中学校 偏差値なし

 

 

 

生瀬勝久さんの出身中学校は、地元兵庫県西宮市内の公立校・塩瀬中学校です。

 

中学時代は吹奏楽部に在籍していました。

 

また生徒会長も務めており、模範的な生徒でした。

 

当時の生瀬さんは正義感が強かったようでいじめをしている子に面と向かって注意したこともあったようです。

 

また中学時代に駅伝の地方大会で優勝をしており、運動神経は良かったようです。

 

【主な卒業生】

加納永美子(ファッションモデル)

 

生瀬勝久の学歴~出身小学校(西宮市立春風小学校)の詳細

 

出身小学校:兵庫県 西宮市立春風小学校

 

 

 

生瀬勝久さんが入学したのは、地元西宮市内の公立校の西宮市立春風小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

母親は小学校教師で市議会議員でした。

 

幼少期には将来は社長になりたいと思っていたそうです。

 

小学3年生のときに同じ西宮市の生瀬(なまぜ)に引っ越しており、西宮市立生瀬小学校に転校しています。

 

 

 

生瀬さんは小学生時代も児童会長を務めていました。

 

以上が生瀬勝久さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初はタレントとして注目されましたが、後に俳優として成功しています。

出演はほとんどが脇役ですが、堅い役から軽めの役柄まで様々なキャラクターを演じ分けることができ、名脇役と評価されるほどです。

 

 

今後も多くの作品に出演することから注目です。

 

 

経歴・プロフィールの詳細

 

1982年に座長だった辰巳琢郎にスカウトされて、劇団「そとばこまち」に入団。

1988年に同劇団の4代目座長に就任し、脚本や演出も手掛ける。 

同年から槍魔栗三助(やりまくり さんすけ)の芸名で、コント番組「週刊テレビ広辞苑」に出演して注目される。 

また「探偵ナイトスクープ」の初期メンバーを務めた。 

1988年にNHKの朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のレギュラーに抜擢されて、芸名を本名にする。 

以降は数多くのテレビドラマに出演して、代表作は「トリック」や「ごくせん」、「功名が辻」など。 

2010年に「警部補 矢部謙三」で連続ドラマ初主演。 

2012年の「スープ」で映画初主演。 

妻はモデルの堀本陽子。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ