雨宮天の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|進学校出身だった

 

人気声優の雨宮天さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は雨宮さんは進学校に通学していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

雨宮天(あまみや そら)

 

 

1993年8月28日生

身長160㎝

血液型はAB型

 

東京都出身の声優、歌手

本名非公表、愛称は「てんちゃん」

 

以下では雨宮天さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

雨宮天の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 富士高校 偏差値66(難関)

 

 

雨宮天さんの出身校は、都立の共学校の富士高校です。

 

この高校は1919年開校の伝統校で、古くから都立の進学校として知られています。

 

雨宮さんはこの高校に一般受験で入学しているので、高い学力を有していました。

 

高校時代の雨宮さんは、軽音部でボーカルを担当していました。

 

部活動以外でも自発的にボイトレの本を何冊も読む努力家だったようです。

 

「軽音部でボーカル担当」と言えば明るく活発な性格を連想してしまいがちですが、実は物静かな性格でお昼休みは一人でお弁当を食べることが多いなど、いわゆる「ぼっち」だったと噂されています。

 

しかし軽音部の活動中でステージに立つと普段の内気な性格とは違う活発な一面も見せていました。

 

仲のいい友人もいたようで、雨宮さんが高校2年生のとき、その中のアニメ好きの友人との会話から「沢城みゆき」さんが演じるキャラクターを集めた動画サイトをすすめられます。

 

(沢城みゆき)

 

この出来事が雨宮さんにとっての転機だったのかもしれません。

 

雨宮さんは様々な役を演じる沢城さんの演技を見て「かっこいい、私もなりたい」と考えるようになりました。

 

沢城さんの動画サイトをMP3に変換し、毎日の登校中繰り返し聞いていくうちに声優という職業を目指すようになっていったようです。

 

のちに本人が「アニメが好きで声優になったというより、声優が好きで声優になった」と述べていますが、雨宮さんの中で「沢城みゆき」という存在はとても大きいのではないかと推測することが出来ます。

 

高校3年生だった2011年から本格的に声優を目指して、第2回ミュージックレインスーパー声優オーディションに麻倉もも、夏川椎菜と共に合格しています。

 

ただし高校時代はレッスン中心だったようで、プロの声優としては活動していません。

 

【主な卒業生】

北村有起哉(俳優)

森本毅郎(キャスター)

有吉佐和子(作家)

池澤夏樹(作家)

 

そして雨宮天さんは高校卒業後は大学などには進学せず、声優を目指しています。

 

当時の声優としての仕事量や、インタビューに対して「学生の頃は~」といった言い回しをしていることから大学に進学することなく声優活動に専念していたものと考えられます。

 

出身高校のレベルからしてみれば大学に進学できるだけの学力は備えていたと思われますが、高校時代にオーディションに合格して声優の道が開けたので夢を追っています。

 

そして19歳だった2012年に声優としてデビューしています。

 

 

21歳だった2014年にテレビアニメ「一週間フレンズ」の主役に起用され、この年に声優としてブレイクしています。

 

 

また同じ頃に前記の麻倉さんや夏川さんとともに、ユニット「TrySail」を結成して音楽活動も開始しています。

 

 

翌年には「声優アワード」の新人賞を受賞しています。

 

 

以降は人気声優の地位を確立して、数々の作品で主役級の声を担当しています。

 

スポンサードリンク

 

雨宮天の学歴~中学生時代の詳細

 

出身中学校:不明

 

雨宮天さんの出身中学校は、都内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

前記のように「アニメが好きで声優になったというより、声優が好きで声優になった」と上記していますが、雨宮さんは決してアニメやマンガが嫌いというわけではありません。

 

雨宮さんの中学時代の一番の思い出は、お年玉を5,000円握りしめ近所の書店で「今日から俺は!!」を大人買いしたことだそうです。

 

「今日から俺は!!」に関しては最初はアニメがきっかけで好きになり、マンガも読みたくなって購入したそうで現在でも特装版を所持しているようです。

 

小さい時から目立ち、人気者だった雨宮さんですが、中学時代に人間関係をこじらせ内向的な性格になってしまいます。

 

このことについてはあまり多くは語られていません。

 

原因は小学生時代にとても自信家だった雨宮さんが中学生になると、その自信満々の言動が友人から拒絶されてしまったことだそうです。

 

それが積み重なりだんだんネガティブになってしまったとされています。

 

そのネガティブな性格を直すためにも、高校時代は軽音部に入部するという経緯につながります。

 

雨宮天の学歴~小学生時代の詳細

 

出身小学校:不明

 

雨宮天さんの出身小学校は、都内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族のようです。

 

雨宮さんは小学生時代とても目立ち、活発な少女だったようです。

 

子供の頃はマンガでは子供向けホラー「学校の怪談」シリーズを好む一面もあったようです。

 

学芸会では一番目立つ役割を率先してこなし周囲から褒められる存在でした。

 

この頃の雨宮さんはテレビで見る女優よりも「自分が世界で一番かわいい」という意識があったそうです。

 

人より目立つ行動を重ね、褒められることを繰り返していくうちに「やっぱり私は目立つ存在なんだ」と、どんどん自信をつけていきます。

 

そしてこの頃すでに「人前に立つ仕事がしたい」と漠然と考えるようになっています。

 

しかし好きな音楽は「白鳥の湖」や「エリーゼのために」などの悲しげな曲を好むといったアンバランスな一面もあったようです。

 

以上が雨宮天さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

声優としては数々の人気アニメやゲームに起用され、有数の人気声優となっています。

 

 

その傍らでアーティストとしても積極的な活動を展開しており、ソロ歌手としても「PARADOX」などのヒット曲をリリースしています。

 

 

その他にもラジオ番組のパーソナリティやナレーターとしても活躍しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ