伊藤美来の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

声優の伊藤美来さんの出身大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。美人声優として知られ、グラビアや写真集も好評の伊藤さんですがどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

伊藤未来(いとう みく)

 

 

1996年10月12日生

身長155㎝

血液型はO型

 

東京都出身の声優、歌手

本名同じ、愛称は「みっく」

 

以下では伊藤美来さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

伊藤未来の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本大学 文理学部国文学科 偏差値54(普通)

 

 

 

 

伊藤未来さんは高校卒業後は、私立大の日本大学に進学しています。

 

在籍したのは文理学部で、国文学を専攻していました。

 

なおインターネット上には伊藤さんの出身大学・学部を日本大学文学部とする情報が複数見られますが、日本大学に文学部はなく誤りです。

 

またインタビューでも国文学科に在籍していることを話しています。

 

「事務所の先輩も大学に行っていたし、それに学生生活の中でもっと得られるものがあるんじゃないかと思ったんです。声優は言葉を扱う仕事でもあるので、自分の引き出しを増やすためにもっと勉強したいと考えて、国文学科に進みました」

 

伊藤さんは仕事も忙しかったこともあり、大学でサークルには所属していませんでした。

 

 

大学時代は単位は1年生の時から積極的にとっていましたが、課題はとても多く深夜まで課題をする日もあったようです。

 

忙しい大学生活の中でも学食でご飯を食べているときは、学生を味わえたようでインタビューで次のように話しています。

 

「王道のカレーとかうどんとか、すごく美味しくて、食べてる時は大学生してるな〜って思います(笑)。本当は部活に入ってみたいんですけどね。華やかな感じがするじゃないですか(笑)。」

 

 

伊藤さんはスーパー戦隊シリーズが好きだそうで、大学時代も「動物戦隊ジュウオウジャー」を観てクオリティーの高さに驚いていたそうです。

 

また大学生の時に本にのめり込んでいたようで、本を読んだり映画を見ることでその世界に自分が生きているような感じになっていたそうです。

 

大学1年生だった2015年5月に豊田萌絵さんと新ユニット「Pyxis(ピクシス)」を結成しています。

 

2016年2月には初のワンマンライブを開催しており、同年10月には1stシングル「泡とベルベーヌ」をリリースして歌手としてソロデビューをしました。

 

 

歌手としてデビューして間もない頃のことについてインタビューで次のように振り返っています。

 

「デビューしたての時は、右も左もわからなくて。そもそも、学生の時から、歌もそんなに歌ってこなかったんですね。友達に誘われたら、カラオケに行くくらいで、歌が上手いって言われたこともなかった。」

 

学生時代は自分の歌に対してあまり意識がなかったそうで、何も分からないままの状態でデビューをしたそうです。

 

また伊藤さんは自身のことをネガティブで考え込んでしまうタイプで、人づきあいが苦手だと分析しています。

 

しかし周囲にはネガティブな部分を出さないようにしているそうで、ヘラヘラしている人と思われているかもしれないとインタビューで話していました。

 

大学4年生の時には残りの大学生活の中で様々なことにチャレンジしたいと言っていたようです。

 

栄養士の資格にも興味を持っていました。

 

 

仕事と学業の両立は大変だったようで、4年間で1度も学園祭に参加することはできませんでしたし遊ぶ暇もなかったとインタビューで話しています。

 

「仕事が忙しくて、遊ぶ余裕はなかったですね……。学園祭も一度も参加できなかったですし。でも、卒業後にゼミの子たちとご飯を食べに行く機会があったので、よかったです。“無”じゃなかった(笑)」

 

また深夜まで課題に取り組んだことも普通にあって、徹夜で勉強してそのまま大学に行ったこともありました。

 

「もうずっと大変でしたね。テスト期間とか、レポート提出の時期は死に物狂いでした。仕事が夜に終わって、それから寝ないで朝まで勉強して学校に行くこともありました」

 

そんな中でも大学は留年することなくキッチリと卒業しています。

 

とは言え公式ブログでは何度も大学をやめそうになったことを綴っています。

 

「正直、大学の卒業を諦めそうになった事もあるし、辞めて仕事に集中しようと思った事も何度もありました。でも受験を決意した日から「絶対に合格して卒業する!」って決めてたし、自分の力を信じてみたくて入学したので諦めずにここまで来れました。」

 

 

声優としてはこのところは話題作のテレビアニメの主役級に起用されています。

 

またグラビアも好評で、2019年12月には「グラジャパ!アワード2019」の声優部門賞を受賞しました。

 

 

また2020年には7枚目シングル「孤高の光 Lonely dark」が初のオリコンTOP10ヒットになっています(7位)。

 

 

声優としても歌手としても注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

伊藤未来の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:不明

 

伊藤未来さんの出身高校は都内の高校のようですが、校名などは不明です。

 

伊藤さんは公式ブログで高校の卒業式の画像をアップしていますが、高校の特定には至っていません。

 

 

中学時代に声優養成所の研修生となったため、高校時代もレッスンに励んでいました。

 

また高校では3年間剣道部に在籍しており、部活動にも打ち込んでいました。

 

合唱コンクールでは指揮者を務めています。

 

伊藤さんは高校時代に女子のグループに入ることにドキドキしていたそうで、周りの女子たちの話に無理やり頑張ってついていったようです。

 

女子高生にとっては学校がすべての世界だったため、そこで生きていくために頑張っていたことをインタビューで明かしています。

 

仕事面では高校1年生の時に事務所のオーディションに合格しています。

 

その際の経緯についてはインタビューで次のように話しています。

 

「もともとドラマやミュージカルなどのお芝居が好きで、いつかそうした分野に携われたらいいなと思っていました。でも女優やタレントを目指すわけでもありませんでした。人見知りでしたし、緊張しいだったので」

 

またはじめてのオーディションだったので記念受験のつもりでしたが、合格しています。

 

「でも初めてのオーディションだし、どうせ受からないだろうと思っていたので、記念受験くらいの感覚でした。お母さんも「記念になればいいね」くらいの感じで」

 

高校2年生だった2013年には、同じ事務所の研修生の豊田萌絵さんと共に声優ユニット「StylipS」に加入しています。

 

 

そして同年に「アイドルマスター ミリオンライブ!」で声優デビューを果たしました。

 

高校3年生だった2014年に「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」でテレビアニメ初主演を果たしています。

 

スポンサードリンク

 

伊藤未来の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

伊藤未来さんの出身中学校は都内の中学校のようですが、校名などは不明です。

 

中学時代は剣道部に在籍しており、部活動にも励んでいました。

 

ちなみに剣道は初段の腕前です。

 

伊藤さんは中学生の頃は目立たないように過ごしていたとインタビューで述べています。

 

中学時代の友人がとてもアニメに詳しかったそうで、その影響で声優という仕事を知ったそうです。

 

そして伊藤さんが声優を目指そうと思ったきっかけになったのが「カードキャプターさくら」だったそうです。

 

2012年2月に第1回スタイルキューブ声優オーディションに合格しており、研修生として活動をはじめました。

 

この頃から伊藤さんは声優のレッスンのほか、歌やダンスのレッスンもはじめています。

 

伊藤未来の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

伊藤未来さんの出身小学校は都内の小学校のようですが、校名などは不明です。

 

家族高裁は両親と弟2人の5人家族です。

 

意外にも上の弟はあまり仲が良くないことをインタビューで話しています。

 

幼少期は全く人見知りをせずに誰にでも話しかけるような子供だったようです。

 

しかし小学生の頃になると自我が芽生えたことで少し落ち着いて、クラスの中でも後ろの方でひっそりと過ごす子供になっていたそうです。

 

放課後は友人と近所の公園で遊んでいたようです。

 

また当時から読書が好きでした。

 

加えて伊藤さんは弟たちの影響で小学校時代から「仮面ライダーシリーズ」や「スーパー戦隊シリーズ」を好きになっています。

 

以上が伊藤美来さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代に声優としてデビューしていますが、着実にキャリアを重ねて人気声優になっています。

 

 

また歌手としても人気が高く、楽曲は軒並みヒットしています。

 

その他にもグラビアも好評で、写真集も売れています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ