真空ジェシカ・川北茂澄の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|勉強ができた!

 

お笑いコンビ「真空ジェシカ」の川北茂澄さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は川北さんはかなりの進学校に通学しており、名門大学に合格していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

川北茂澄(かわきた しげと)

 

 

1989年5月23日生

身長172㎝

血液型はB型

 

埼玉県三芳町出身のお笑い芸人

お笑いコンビ「真空ジェシカ」のボケ担当

本名同じ

 

以下では「真空ジェシカ」川北茂澄さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

川北茂澄の学歴~出身大学(慶応義塾大学)の詳細・勉強ができた!

 

スポンサードリンク

 

出身大学:慶応義塾大学 総合政策学部 偏差値70(超難関)

 

 

 

「真空ジェシカ」川北茂澄さんは高校卒業後は、名門私立大の慶応義塾大学に進学しています。

 

この大学には1年間の浪人生活を経て入学しました。

 

とは言え一般受験でこの大学に進学しているので、高い学力を有していました。

 

 

川北さんは大学時代はお笑いサークル「お笑い道場O-keis」に在籍をしており、5代目代表に就任しています。

 

このサークルに入ってすぐにはお笑いコンビ「石川くんとたぬきばばぁ」を組んで活動をしていました。

 

ただし相方だった石川さんが他のサークルに行ってしまったため、半年ほどでこのコンビは解散しています。

 

その後、大学2年生の時にはお笑いコンビ「レジェンデル」を結成して、M-1グランプリにも出場しましたが、相方がプロの芸人を目指していないと知り解散しました。

 

現在の相方のガクさんはコンビを結成する前の川北さんの印象についてインタビューで次のように話しています。

 

「とがってる印象はそのときはなかったです。めちゃくちゃストレートな『設定×設定』の掛け合わせ漫才をしていて。『真摯にネタに取り組む男』ですね。他のサークルの人とかと馴れ合いもせず、とにかくネタ職人みたいな感じでしたね。」

 

大学2年生だった2011年1月に川北さんがガクさんを誘い、お笑いコンビ「真空ジェシカ」を結成しています。

 

ガクさんによれば実際にコンビを組んだ後の川北さんは、思ったよりこだわりの強いややこしい男だったと話していました。

 

お笑いコンビを結成して2ヶ月後にはお笑いコンテスト「漫才を愛する学生芸人No.1決定戦」に出場をしており、決勝進出を果たしました。

 

このコンテストに出場したことがきっかけとなり、人力車からスカウトをされています。

 

川北さんは人力舎からスカウトをされていなければ、吉本総合芸能学院(NSC)に入る予定だったとインタビューで話していました。

 

さらにこの年には「大学生M-1グランプリ」で準優勝をしています。

 

2013年にはピン芸人として、「R-1ぐらんぷり」に出場して準決勝まで進出しました。

 

川北さんは卒業論文の提出が「R-1ぐらんぷり」の準決勝前で、「R-1ぐらんぷり」のほうが大切だったためネタを書いて提出しています。

 

川北さんは大学の卒業論文についてインタビューで次のように話しています。

 

「完全に『フリップネタ』を出しましたね。ファイル形式で提出しなきゃいけなかったんで当時ピンでやっていたネタを写真で撮って、Wordにそのまま貼り付けて、下の方に『これはデシリットルの弟子ですね』とか書いて。そういうのをいっぱいやって提出しましたね。」

 

とは言え大学時代からプロのお笑い芸人として活動していましたが、大学はキッチリと卒業しています。

 

 

コンビは2017年にYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

コンビは2021年にメディア出演が増えはじめて、「有吉の壁」などのバラエティ番組に出演しています。

 

 

またこの年には「M-1グランプリ」の決勝に進出して、にわかに大きな注目を集めています。

 

 

もともと実力派として知られているので、本番での健闘も期待ですね。

 

真空ジェシカ・ガクの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|進学校の出身だった!

 

スポンサードリンク

 

川北茂澄の学歴~出身高校(埼玉県立川越高校)の詳細

 

出身高校:埼玉県 川越高校 偏差値69(難関)

 

 

 

「真空ジェシカ」川北茂澄さんの出身高校は、県立の男子校の川越高校です。

 

この高校は1899年開校の伝統校で、県内でも屈指の進学校のひとつとして知られています。

 

2021年度の同校の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。

 

東京大学:4名

一橋大学:8名

東京工業大学:10名

京都大学:5名

 

早稲田大学:118名

慶応義塾大学:51名

上智大学:26名

 

川北さんはこの高校に一般受験で入学しており、かなりの学力を有していました。

 

高校時代は剣道部に在籍をしており、関東大会に出場経験もあるほどです。

 

剣道3段を取得しています。

 

川北さんは高校時代は剣道ばっかりやっていたことから、成績は良くなかったそうです。

 

そのため現役での大学受験に失敗して、1年間の浪人生活を送りました。

 

ちなみに浪人生活中には予備校の四谷学院・池袋校に通って受験勉強をしていました。

 

【主な卒業生】

梶田隆章(学者・ノーベル物理学賞受賞)

辛坊治郎(キャスター)

内田康夫(小説家)

 

真空ジェシカ・ガクの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|進学校の出身だった!

 

スポンサードリンク

 

川北茂澄の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

「真空ジェシカ」川北茂澄さんの出身中学校は、地元埼玉県三芳町の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし三芳町には以下の3校しか中学校がないので、このうちのいずれかの可能性が高そうです。

 

三芳町立三芳中学校

三芳町立三芳東中学校

三芳町立藤久保中学校

 

中学時代も剣道部に在籍していました。

 

また応援団長として活動をしており、中学時代は3年連続で「最優秀指揮者賞」を獲得しいています。

 

中学の学芸会でお笑い芸人レギュラーの「あるある探検隊」のパロディネタを披露したことがきっかけで、将来は芸人を志すようになりました。

 

川北さんは中学時代を「人生の絶頂期」と語るほど、充実した学校生活を送っていました。

 

川北茂澄の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

「真空ジェシカ」川北茂澄さんの出身小学校は、地元三芳町内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

また家族構成やきょうだいの有無についても現時点では不明です。

 

川北さんは2歳の頃からゲームの「ぷよぷよ」にハマっていました。

 

幼稚園の頃には女子のスカートめくりをして、小学校に入学後は同じ女子を追いかけまわすなどしていたことから学校から親に連絡をされたこともあったようです。

 

小学3年生の時に剣道をはじめました。

 

また川北さんは習字で8段を所持していることから子供の頃に習っていた可能性が高いでしょう。

 

以上が「真空ジェシカ」川北茂澄さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

 

コンビは2021年に「M-1グランプリ」の決勝に進出して注目を集めています。

 

多くのコンビがこの大会を機にブレイクしていますから、結果次第ではブレイクの可能性もありそうです。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

真空ジェシカ・ガクの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|進学校の出身だった!

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ