平野綾の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|大学時代にブレイク!

 

声優の平野綾さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。大学時代に「涼宮ハルヒの憂鬱」で大ブレイクした平野さんですが、そのために仕事が多くなって大学は中退してしまいました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

平野綾(ひらの あや)

 

 

1987年10月8日生

身長157㎝

血液型はO型

 

愛知県名古屋市出身(東京都育ち)の声優、歌手、タレント

本名同じ

 

以下では平野綾さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

平野綾の学歴~出身大学(玉川大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:玉川大学 芸術学部(中退) 偏差値40~43(学科不明のため)

 

 

 

平野綾さんは高校卒業後は、私立大の玉川大学に進学をしています。

 

平野さんはこの大学の系列の高校に通っていたことから内部進学で進んでいます。

 

在籍したのは芸術学部ですが、専攻した学科などの詳細は不明です。

 

大学1年生だった2006年に、テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の主役に抜擢されています。

 

 

このアニメの影響で非常に忙しくなりインタビューでは次のように話しています。

 

「私がハルヒの声を演じていたのは、大学1年生の時です。この時期から忙しくなっていたのでなかなか学校に行けなくて、仕事の合間を縫って通ってましたね。しかも大学が遠かったので、1講義のためにかなり時間くらいかけて通っていました。」

 

平野さんは当時大学に入学したばかりでしたが、学業と仕事の両立が難しくなり入学後わずか2週間で休学という選択をせざるを得ない状況だったといいます。

 

そして最終的には大学を中退しており、このことについては次のように話していました。

 

「代表作といえる役をいただいたのは19歳の時です。大学に通えなくなり中退。寝る間もなくずっと働いている状態でした。」

 

 

平野さんはこの時にはほかにも週に10本以上のレギュラーを抱えており、無理が祟って入院をしています。

 

またこのアニメのハルヒ役として出演したことでイメージが定着してしまい、周囲から求められるイメージにプレッシャーを感じていました。

 

当時のことについては次のように話しています。

 

「ハルヒを通して楽しかったこと、すてきな経験もたくさんさせていただきました。でも当時の私はまだ10代だったこともあり、人格形成がやっと出来上がりつつあるような時期。プレシャーを感じて、とにかくつらかった」

 

とは言えこの作品で声優として大ブレイクを果たしています。

 

 

またこの頃から歌手としても活動を開始しており、「冒険でしょでしょ?」や「Super Driver」などのヒット曲もリリースしています。

 

 

加えて女優としても活動しており、27歳だった2012年1月には「ミューズの鏡」で連続ドラマではじめて主演に起用されています。

 

 

他にもタレントとして数々のメディアに出演しています。

 

 

スポンサードリンク

 

平野綾の学歴~出身高校(玉川学園高等部)の詳細

 

出身高校:東京都 玉川学園高等部 偏差値59(中の上)

 

 

 

平野綾さんの出身高校は、私立の共学校の玉川学園高等部です。

 

この高校は1924年開校の玉川大学の系列の私立高校で、自由な校風が特徴です。

 

また古くから芸能活動を認めているので、多くの芸能人を輩出しています。

 

平野さんはこの高校の系列の中学校に通っていたため、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

 

中学・高校時代は非常にまじめな生徒で成績はほとんどオール5に近い成績だったそうで、このことについては次のように話しています。

 

「でもオール5は取ったことがないんですよ!家庭科が4だったり、体育が4だったり。毎回、『あと一歩!』で。どっか抜けているんですよねー(笑)。」

 

また当時の勉強方法については次のように話しています。

 

「勉強は、一気にまとめてやるタイプでした。何時にスタートして、何時までに終わらせるっていうのを毎日考えて、それを守ってやっていました。『教科書の何ページまでやる』って計画だと時間がのびのびになっちゃうので、それがイヤで、時間を決めて集中して、できなかった所は次の日に回していました。」

 

 

平野さんは後述するように小学生の頃から仕事をやっていたため、時間の使い方が上手だったと振り返っていました。

 

また自身の学生生活については次のように話していました。

 

「私自身は10歳で子役デビューした後、ドラマやCM、アイドル活動をやっていたこともあって、ずっと仕事優先でした。だから、学生生活が楽しかった記憶があまりないんですよね(笑)」

 

仕事面では高校1年生だった2003年に、伊藤彩華さんと吉田有希さんとともにアイドルユニット「Springs」を結成しています。

 

 

また当時から女優や声優としても活動しており、高校3年生だった2005年にテレビアニメ「アイシールド21」ではじめてヒロインの声に起用されています。

 

【主な卒業生】

石川界人(声優)

大鶴義丹(俳優)

藤田朋子(女優)

風間杜夫(俳優)

 

スポンサードリンク

 

平野綾の学歴~出身中学校(玉川学園中等部)の詳細

 

出身中学校:東京都 玉川学園中学部 偏差値46(やや容易)

 

 

 

平野綾さんの出身中学校は、私立の共学校の玉川学園中学部です。

 

中学・高校時代は仕事もあったことから部活動はおこなわずに帰宅部でした。

 

中学1年生だった2000年に、テレビドラマ「多重人格探偵サイコ 雨宮一彦の帰還」で女優デビューしています。

 

 

また翌年にはテレビアニメ「おとぎストーリー 天使のしっぽ」で声優デビューを飾っています。

 

平野さんが声優としてデビューすることになったきっかけについてはインタビューで次のように話しいています。

 

「子役として出演したドラマの中に、語りやアニメパートのある珍しい作品と出会いました。その時の演技を見ていた事務所のマネジャーから、『アニメのオーディションを受けてみないか?』と声をかけられ、この時受けたオーディションに受かり、14歳で声優の世界に足を踏み入れました。」

 

 

平野さんは声優としてのレッスンなどは受けたことがないまま、すぐに現場デビューをしたことから最初は右も左もわからない状態でほかの声優の見よう見まねをしながら必死でした。

 

中学生時代の平野さんは優等生で校則もしっかり守り、学校では黒縁の眼鏡に三つ編みでした。

 

休み時間には教室で本を読んでいるような生徒で、図書委員を務めており暇さえあれば図書室に寄っていたそうです。

 

当時は1日1冊くらい本を読んでおり、かなり集中力もあったと話しています。

 

 

また勉強も好きで自身の中にどんどん知識が増えていくことが楽しかったといいます。

 

平野綾の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

平野綾さんの出身小学校は不明です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

愛知県名古屋市で生まれていますが、後に父親の仕事の都合で東京都に転勤しています。

 

平野さんは子供の頃から家族でミュージカルを観劇することが多く、「素敵な世界だな」と思ったことから児童劇団に入団し、その後は子役として活動をしていました。

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「自分で『児童劇団に入らせてください!』って両親にお願いして、そうしたら両親が『これを一生の仕事にする覚悟があるならいい』って。私はなぜかその時に自信満々で、『絶対に私はこの世界で一生やっていける!』って思ったんですよね(笑)。」

 

 

また平野さんは子供の頃は海外アニメをよく観ておりインタビューでは次のように話しています。

 

「小さいころに見ていて、凄く馴染みがあります。日本のアニメももちろん見てたのですが、アメリカのアニメを見てたなぁという印象ですね」

 

子供の頃はディズニーの英才教育を受けたかのように育ったと話しており、生活のすべてにディズニーが関わっていて父親の仕事の影響もあって自宅には分厚いディズニーの図鑑のようなものまであったといいます。

 

平野さんの子供の頃の将来の夢はミュージカルに出演することでした。

 

 

また小学生の頃からピアノやスイミングを習っていました。

 

以上が平野綾さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」で声優として大ブレイクしました。

 

人気絶頂期には連続ドラマの主演に起用されるほどでした。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ