西村博之の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

西村ひろゆき(西村博之)

 

07

 

19761116日生

身長173㎝

血液型はO型

 

神奈川県出身の実業家

2ちゃんねるの開設者

 

以下では西村博之さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

19995月に電子掲示板2ちゃんねるを開設。 

20005月の西鉄バスジャック事件を契機として、利用者が急激に伸びる。 

20091月に2ちゃんねるをシンガポールのパケットモンスター社に譲渡。 

2015年に英語圏最大の匿名掲示板4chanの管理人になることを発表。 

私生活では20144月に入籍している。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:中央大学 文学部教育学科 偏差値58(中の上)

 

 

西村博之さんは高校卒業後は、一年間の浪人生活を経て中央大学に進学します。

 

大学では文学部教育学科に在籍して、心理学を学んでいます。

 

大学1年生の時にインターネットに触れてその可能性を感じて、大学2年生の時には早くもホームページを立ち上げています。

 

また大学時代に起業して会社を設立し、プログラム作成の仕事を請け負ったことから、プログラミングやシステム構築などを独学で学んでいます。

 

大学3年生の時にアメリカの公立大学のアーカンソー中央大学に1年間留学しています。

 

アメリカ留学中にあめぞう掲示板の影響を受けて2ちゃんねるを開設するとすぐに話題となります。

 

 

その際の経緯についてはインタビューで次のように話しています。

 

「1998年から99年、アメリカに留学していたのですが、日本の情報を得るのが総合掲示板サイトしかなかったんです。それで「あめぞう」を見ていたのですがシステムにバグがあって、落ちたりデータが消えたり。そこでプログラムの勉強がてら、「あめぞう」の待機場所を作ろうと「2ちゃんねる」が生まれました」

 

当初は友人とホームページを作成してアクセス数を競い合っていましたが、「手間をかけずにコンテンツが増え、アクセス数が増えるものは何か」と考えた結果、掲示板に辿り着いたと述べています。

 

そして2000年の西鉄バスジャック事件の犯人がユーザーだったことから、事件を契機にワイドショーやニュースで取り上げられたこともあり、2ちゃんねるは爆発的にユーザーを獲得することになります。

 

「手応えを感じたのは西鉄バスジャック事件の頃。99年に開設したんですが、00年の7月ぐらいまでは僕も書き込まれた内容は全部見ていました」

 

その後は巨大電子掲示板へと成長していきましたが、2009年に突然シンガポールの会社に譲渡しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 北園高校 偏差値64(やや難関)

 

 

西村博之さんの出身校は、都立の共学校の北園高校です。

 

同校は昭和3年に開校した都立の伝統校で、古くから進学校として知られています。

 

西村さんは神奈川県の相模原市出身ですが、東京の赤羽育ちでこの高校に進学しています。

 

西村さんは子供の頃からコンピュータープログラマーになるのが夢で、高校在籍時は物理学専攻を希望していましたが、代数の単位を落として希望した理系に在籍することができませんでした。

 

その際には「なぜ数学を勉強しなければならないのか」ということについて教師と言い争って、論破したエピソードもあります。

 

そのためやる気をなくしたようで、高校時代の成績は下から10番以内だったと言います。

 

またそんなことから西村さんは高校時代は荒れており、万引きや自転車のサドルの窃盗をやったほか、マジックマッシュルームを摂取していたと語っています。

 

【主な卒業生】

江守徹(俳優)

吉田日出子(女優)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校・中学校

 



 

出身小学校:不明

 

出身中学校:東京都 北区立北中学校 偏差値なし

※現在は北区立桐ヶ丘中学校

 

 

西村博之さんの出身小学校は、東京都北区の公立校のようですが校名などは不明です。

 

また出身中学校の北区立北中学校は2006年に赤羽台中学校と統合されて、現在は北区立桐ヶ丘中学校になっています。

 

なお西村さんの小学校や中学校時代の情報はほとんど見当たりません。

 

小学校の卒業文集で「クラスが選ぶ明るい人第1位」となったとのこと。

 

以上が西村博之さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2chを巡ってはほとんどの民事訴訟に欠席して敗訴するなどのエピソードでも話題となりました。

 

現在は新たな事業を展開するほか、講演活動などもおこなっており、多くの起業家たちに多大な影響も与えています。

 

 

今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ