Ran(歌手)の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|ミスコンで優勝していた!

 

シンガーソングライターのRanさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実はRanさんは進学校の出身で、高校時代はミスコンでグランプリを受賞していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

Ran(らん)

 

 

2000年8月9日生

身長非公表

血液型非公表

 

福岡県柳川市出身のシンガーソングライター

本名は上津原藍(うえつはら らん)

 

以下ではRanさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

Ranの学歴~出身高校・大学の詳細・ミスコンで優勝していた!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:福岡県 伝習館高校 偏差値64(やや難関)

 

 

 

Ranさんの出身高校は、県立の共学校の伝習館高校です。

 

この高校は1824年開校の柳川藩の藩校を起源とする伝統校で、地元では古くから進学校として知られています。

 

Ranさんはこの高校に一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

高校時代は部活動などはおこなわなかったようです。

 

本を読むことが好きだったため、高校時代は図書館に行きよく本を読んでいたそうです。

 

Ranさんは小学生の頃は活発な性格だったそうですが、高校生くらいになってだんだんと人見知りや人との関りが苦手になってきたそうです。

 

Ranさんは高校2年生の時から作詞作曲をはじめました。

 

曲作りについてはインタビューで次のように話しています。

 

「家に一人でいるときに作っています。ギターを弾いたり、起床してすぐ曲を作ったりすることも多いですよ。恋愛の曲は、気があるそぶりを見せても表に出せない感覚とかを詞にしました。あとは、親しくなって近づきすぎるほど、適応できなくなるとかですね。好きという気持ちが強すぎると、そうなることを表現しました。友人の恋愛なども織り交ぜています」

 

曲作りをはじめた頃から学校でのグループ活動も苦手になっていったようで、仲の良い友人もいたそうですが一人で行動することが多かったそうです。

 

また曲作りをはじめてしばらく経ってからは路上ライブも開始しましたが、この時は自身が作詞作曲したものに自信が持てずにカバーばかりをやっていました。

 

路上ライブは天神の警固公園などでおこなっていました。

 

「実家のある柳川から西鉄電車で福岡市・天神に、そこから地下鉄で祇園に。天神の警固公園でも歌っていました。警備の方によく注意され、申し訳なかったですが…。福岡に帰るたび、懐かしく思います」

 

Ranさんは高校時代に筑後地区の人気女子高校生を決めるコンテスト「ミスいちご姫」でグランプリに選ばれています。

 

 

このコンテストがきっかけで、高校3年生の夏くらいに進路変更をしたことをインタビューで話しています。

 

「高校生の頃、「ミスいちご姫」(筑後地区の人気女子高校生を決めるコンテスト)でグランプリに選ばれました。歌もできるということで、審査員の方から勧められました。通っていた高校のほとんどの生徒は進学していました。私も大学に進学するつもりでしたが、3年の夏の前に変更しました。悔いはなかったですね」

 

加えてRanさんは高校3年生だった2018年にLDH主宰の「THE GIRLS AUDITION」に出場してファイナリストになっていますが、惜しくも受賞は逃しています。

 

 

【主な卒業生】

北原白秋(詩人・中退)

内山田洋(歌手)

 

そしてRanさんは高校卒業後は大学に進学していません

 

高校卒業後しばらくは福岡県に在住して、本名の上津原藍で活動しています。

 

19歳だった2020年8月5日にミニアルバム「無垢」をリリースしてデビューを果たしています。

 

 

このミニアルバムの中に入っている楽曲「靡かない」はRanさんがギターが弾けるようになって、初めて作った曲だそうです。

 

 

Ranさんは今後の目標についてインタビューで次のように話しています。

 

「うれしさや悲しさなど、うまく言えない気持ちを言葉にしたり、多くの人に共感してもらえたりするような音楽を作っていきたいです。」

 

YOUTUBEにも自身のチャンネルを開設しています。

 

 

今後も楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

Ranの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:福岡県 柳川市立昭代中学校 偏差値なし

 

 

 

Ranさんの出身中学校は、地元柳川市内の公立校の昭代(しょうだい)中学校です。

 

中学生の頃からスマホを持っていたそうで、LINEアプリのグループに100人単位のグループまであり「めちゃくちゃだった」とインタビューで話しています。

 

中学1年生の時に書道の太宰府天満宮七夕揮毫大会で最高賞の文部科学大臣賞を受賞しています。

 

後述するようにRanさんは中学3年生まで書道を続けています。

 

そして中学3年生の時からボーカルスクールに通っており、発声練習をしていたそうで簡単に高音が出せるようになったそうです。

 

また同時にギターの練習もはじめています。

 

小学生の頃の友人の影響で阿部真央さんやほかのシンガーソングライターの曲を聴くようになり、いずれは曲作りがしたいと思いボーカルスクールに通いはじめたそうです。

 

またE-girlsの鷲尾伶菜さんがすごく好きで憧れており、インタビューで次のように話しています。

 

「それこそまだ曲とか作ってない頃はあの方(E-girlsの鷲尾伶菜さん)の歌を歌ったりして。心のどこかで諦めきれないものというか、”私は(プロに)なるんだろうな”みたいなものがあったんですよね(笑)。」

 

この頃から本格的に歌手を目指しています。

 

スポンサードリンク

 

Ranの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:福岡県 柳川市立昭代第二小学校

 

 

 

Ranさんの出身小学校は、地元柳川市内の公立校の昭代第二小学校です。

 

家族構成や兄弟姉妹の情報は現時点では見当たりませんでした。

 

小学1年生の頃から書道を9年間やっており、書道は祖母に教えてもらっていたそうです。

 

幼少期から歌が好きだったそうで、いつか歌手になりたいと思っていたそうです。

 

また小学生の頃からアイドル好きだったそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「私は小学生の頃にAKB48が全盛期で、そこから好きになりました。当時『フライングゲット』が流行ってて、メンバーの下敷きも持ってました(笑)。」

 

以上がRanさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2020年にインディーズデビューして、今後はメジャーデビューを目指します。

 

 

純文学に影響を受けた歌詞や地声と裏声の中間のミックスボイスなどが話題になっています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ