小西真奈美の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|母子家庭で貧乏だった!

 

女優の小西真奈美さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。演技派女優の小西さんですが、実は母子家庭に育っており、学生時代は貧乏でした。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

小西真奈美(こにし まなみ)

 

小西

 

19781027日生

身長168

血液型はAB型

 

鹿児島県川内市出身の女優、タレント、シンガーソングライター

本名は藤木一恵、愛称は「こにたん」

 

以下では小西真奈美さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

子供の頃に両親が離婚し母子家庭に育つ。 

当初はモデルとして活動していたが、1997年に北区つかこうへい劇団に入団し、翌年の「寝取られ宗介98」で女優デビュー。

1999年には同劇団の代表作「蒲田行進曲」のヒロインを務める。 

同年の「コワイ童話」でドラマ初出演し、2000年の映画版「世にも奇妙な物語」で映画デビュー。 

2001年から出演したバラエティー番組「ココリコミラクルタイプ」で注目され、同年に出演したNHKの朝ドラ「ちゅらさん」でブレイク。 

2002年に出演した映画「阿弥陀堂だより」で日本アカデミー賞新人賞を受賞。 

2006年の「UDON」で映画初主演。 

2007年の「きらきら研修医」で連続ドラマ初主演。 

その後も「BOSS」や「チーム・バチスタ3」、「Nのために」などの連続ドラマの話題作に出演。 

映画でも「のんちゃんののり弁」や「猿ロック」、「振り子」などに出演している。

 

小西真奈美の学歴~出身高校(鹿児島県立川内商工高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:鹿児島県 川内商工高校 商業科 偏差値46(やや容易)

 

 

 

小西真奈美さんの出身高校は、県立の共学校の川内(せんだい)商工高校です。

 

この高校は1926年開校の実業高校で、普通科の設置はなく工業系の学科と商業科のみを設置しています。

 

また同校は以下の4つの学科を設置していますが、小西さんは商業科に在籍していました。

 

商業:偏差値46

インテリア:偏差値45

機械:偏差値45

電気:偏差値45

 

高校時代は柔道部のマネージャーを務めていたようです。

 

 

後述するように母子家庭で家計が苦しかったことから、高校時代は回転すし屋や美容院の受付でアルバイトをして家計を助けるなどしていました。

 

当時の心境についてエッセイで「やりたいことが何もない」、「楽しいことなんてひとつもない」と明かしています。

 

小西さんは音楽を聴くことが好きでベッドミドラーの「ローズ」という曲を聴いて意味を調べたところ、「冬は雪が積もって寒くて何もないようだけれど、その下にはつぼみがあって春には花が咲く」という一節がありました。

 

学生だった当時の小西さんには頑張っていればきっと良いことがあると希望を感じさせてくれて、その歌詞がすごく自分に響いた経験だったとインタビューで語っています。

 

また高校時代は芸能界に興味は持っておらず、フライトアテンダントを志していました。

 

そのため英語の専門学校に通おうと思い、進学資金を貯めていたようです。

 

小西1

 

【主な卒業生】

にわのまこと(漫画家)

 

なお小西さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、ファッションモデルとして活動を開始しています。

 

小西さんは当初は専門学校に進学するためにアルバイトとしてモデルをおこなっていました。

 

そして「エリートモデルルック」に応募をしてグランプリを受賞しており、日本代表として世界大会に出場後は雑誌のモデルとして活動をしていました。

 

 

19歳の時にはモデル活動をおこなう傍ら、つかこうへいさんが主宰をする劇団に入団をしました。

 

つかさんは演技指導でも定評がありますので、小西さんも劇団時代には演技力がかなり磨かれたようです。

 

23歳だった2001年に出演したNHKの朝ドラ「ちゅらさん」で、女優としてブレイクしています。

 

小西2

 

また翌年に出演した映画「阿弥陀堂だより」で日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。

 

 

以降も数々の話題作の映画やテレビドラマに出演しています。

 

また本名の藤木一恵名義でシンガーソングライターとしても活動しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

小西真奈美の学歴~出身中学校(川内市立中央中学校)の詳細

 

出身中学校:鹿児島県 川内市立中央中学校 偏差値なし

※現在は薩摩川内市立中央中学校

 

 

 

小西真奈美さんの出身中学校は、地元鹿児島県川内市内の公立校・川内市立中央中学校です。

 

中学時代は軟式テニス部に在籍をしており、前衛を担当していました。

 

 

中学時代には洋楽を聴くようになり、友人と共に英語の歌詞をカタカナにして覚えて歌っていました。

 

また当時はブルーハーツやZARDなどの曲を聴いていたといいます。

 

中学生の時には漫画「SLAM DUNK」にハマっており、当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「中学2、3年生のときにアニメですごくはやっていて、今は全巻持ってます。夢を追いかける中で、挫折、仲たがい、勝ち負け、悔しさがあったり、でも喜びもあって……。仲間と一緒に進んでいくことの大切さみたいなものが、多感な時期の私には響くことが多くて、すごくハマりましたね。」

 

 

【主な卒業生】

濱田玲(ファッションモデル)
 

スポンサードリンク

 

小西真奈美の学歴~出身小学校(川内市立川内小学校)の詳細

 

出身小学校:鹿児島県 川内市立川内小学校

※現在は薩摩川内市立川内小学校

 

 

 

小西真奈美さんの出身小学校は、地元川内市内の公立校の川内小学校です。

 

家族構成は両親と4歳年上の姉の4人家族です。

 

幼少期に両親が離婚をしており、母子家庭で育っています。

 

そのため生活は貧しく家賃1万円弱の市営住宅に住んでいました。

 

市営住宅ではお湯が出なかったこともあり、冬であっても水で食器などを洗っていたそうです。

 

とは言え田舎の自然が豊かな場所で回りは山や海に囲まれて、伸び伸びと育ったとのことです。

 

加えて母親は昼は事務員として働き、夜はお菓子屋の店員のアルバイトをしてやりくりをしていたことから、子供の頃から家事を手伝うなど、かなり親孝行な娘でした。

 

以上が小西真奈美さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初はファッションモデルとしてデビューしましたが、女優として成功も収めることになります。

 

確かな演技力を誇っており、出演作に花を添えています。

 

 

今後の活躍も楽しみな女優のひとりです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ