蒼井優の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と若い頃のかわいい画像

人気女優の蒼井優さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。芸能界デビューを果たした中学時代、いじめられっ子を守った高校時代など学生時代のエピソードと情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

蒼井優(あおい ゆう)

 

%e8%92%bc%e4%ba%95%e5%84%aa

 

1985817日生

160cm

血液型はA型

 

福岡県出身の女優

本名は夏井優

 

以下では蒼井優さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 
14歳の時にミュージカル「アニー」のポリー役に1万人の中から選ばれる。

2001年にテレビドラマ「Love Story」「青と白で水色」、映画「リリイ・シュシュのすべて」で女優デビュー。 

2002年に10代目リハウスガールに選ばれて注目される。 

翌年の「高校教師」で連続ドラマ初出演を果たす。 

2004年「花とアリス」で映画初主演。 

2006年に出演した映画「フラガール」の演技が好評で、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞し、演技派としての評価を得る。 

2008年の「おせん」で連続ドラマ初主演。 

2010年に大河ドラマ「龍馬伝」にヒロインとして出演。

2019年6月に南海キャンディーズの山里亮太と結婚した。

 

蒼井優の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:日本大学 芸術学部演劇学科(中退) 偏差値50(普通)

 

 

 

蒼井優さんは高校卒業後は、日本大学に進学しています。

 

多くの芸能人を輩出している同大の芸術学部に在籍し、演劇を専攻して演技を学ぼうとしています。

 

ところが蒼井さんは高校時代から売れっ子で、大学入学後は仕事と学業のいずれもに打ち込めない中途半端な状態だったことから、大学は1年生の時に中退してしまっています。

 

ちょうど主演(鈴木杏とW主演)していた映画「花とアリス」が公開された際に、大学の中退を決意したとインタビューで述べています。

 

「中学校が終わるまで、高校が終わるまで、そのあとは学業に戻ろう、と常に揺れる気持ちを持ってきた。しかし、19歳の時にその迷いを吹き消す出来事が訪れる。「映画『花とアリス』の公開時、学業を止めて、自分の好きな女優活動に専念しようと決めました」

 

当時から蒼井さんは年間4~5本の映画に数本のテレビドラマとかなりの作品に出演していますから、大学で学業に打ち込むことは困難だったようです。

 

とは言え以降の活躍も目覚ましく、20歳の時には「ニライカナイからの手紙」で映画単独主演を果たしています。

 

 

そしてその翌年には映画「フラガール」に出演し、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞などを受賞して、演技派女優としての地位を築いています。

 

 

以降も数々の話題作の連続ドラマや映画に出演する人気女優となっています。

 

スポンサードリンク



 

蒼井優の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

 

 

蒼井優さんの母校は多くの芸能人御用達で知られる堀越高校です。

 

蒼井さんは中学校時代に女優デビューしており高校はより幅広く芸能活動をするために堀越高校の芸能コースに入学しています。

 

後述するように中学3年生の時に母親とともに福岡市内の実家から上京しており、高校時代も母親とふたり暮らしをしています。

 

 

ちなみに当時の同校の同期生には、小池徹平さん、山下智久さん、城田優さん、上戸彩さん(中退)などがいるすごい年代でした。

 

 

高校2年生の時には綾瀬はるかさんも転校してきています。

 

加えて2学年下には女優の鈴木杏さんも在籍しており、鈴木さんとは現在でも無二の親友の仲です。

 

 

ただし蒼井さんは同期の芸能人とはあまり親しくしてはいないようです。

 

また蒼井さんは自身が小学校時代にイジメに遭った経験があったことから、高校時代は親友とともに、クラスでイジメに遭っている生徒と過ごしていたことを「あさイチ」に出演した際に告白しています。

 

「いじめられた子を保護じゃないですけど、一緒に学食行ったり、放課後遊んだりして。いじめって根深いものじゃないから、時間が経てば元通りになる。ちょうどいい感じに元通りにグループが整ってきたなって思ったら…(グループに返す)」

 

また高校3年間は男子生徒と口をきかなかったとインタビューで話しています。

 

「どうやったらいじめられないだろうって入学前に考えて、多分男性としゃべらなければ、いじめにあわないんじゃないかと思って。あと、グループに属さないって決めて、親友をつくって3年間その親友とだけ遊ぶって決めたら、本当にいじめられずに済んで。高校生活はすごい楽しかった」

 

芯の強さで知られる蒼井さんですが、高校時代からしっかりとした信念を持っており、それに従って行動していたようです。

 

高校1年生の時に「リリイ・シュシュのすべて」で映画に初出演しています。

 

 

この作品に出演するまでは蒼井さんは映画のオーディションに合格したことはなく、映画とは縁がないとも思っていましたが、以降は積極的に映画に出演するようになっています。

 

そして高校2年生の時には三井のリハウスの10代目「リハウスガール」に起用されて、知名度が大幅に上昇しています。

 

 

この「リハウスガール」は若手女優の登竜門となっており、宮沢りえさんや一色紗英さん、池脇千鶴さんらも出身者です。

 

%e8%92%bc%e4%ba%95%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%99%82%e4%bb%a3

(高校時代)

 

また高校3年生の時には上戸彩さん主演の「高校教師」に出演して、連続ドラマにはじめてレギュラー出演しています。

 

 

このように蒼井さんは高校時代に女優としてのキャリアを積み上げていきました。

 

ちなみに前記の「フラガール」で女優として大ブレイクした際には、高校時代のこんな写真も週刊誌に掲載されています。

 

 

なお蒼井さんは高校時代に学業が十分にできなかったことから、女優を辞めようとも思ったこともあるそうです。

 

「中学3年生の時にこの仕事をはじめてから、現場に行くと学校とは違う世界の人と出会えたり、映画の話しや演技の話しができるのがすごく楽しくて刺激的で。女優というお仕事ができているのがうれしい反面、学業に専念できないことに対する後ろめたい気持ちがあったんです」

 

堀越高校のトレイトコースは授業に出席できなくとレポートなどでカバーすることができ他校に比較すればかなり緩い条件で卒業することができますが、このあたりには蒼井さんの非常に真面目な性格が現れていますね。

 

スポンサードリンク



 

蒼井優の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:福岡県 筑紫女学園中学校 偏差値55(中の上)

※卒業は江戸川区立葛西第三中学校

 

 

 

蒼井優さんの出身中学校は、私立の女子校の筑紫女学園中学校です。

 

この中学校は1947年開校の仏教系の中学校で、学業優先を条件として芸能活動を認めています。

 

中学校時代は部活動などはおこなっていませんでしたが、幼少期から続けているクラシックバレエを継続しています。

 

蒼井さんは小学校時代から地元のモデル事務所に所属していましたが、中学校2年生の時に1万人の応募者の中から、ミュージカルの舞台「アニー」のポリー役に起用されて女優としての活動を開始しています。

 

 

ちなみに「アニー」に出演するのは小学校時代からの夢で、5回目のオーディションへの応募でようやく大役を勝ち取っています。

 

そして中学3年生の時にはローティーン向けのファッション誌「ニコラ」のレギュラーモデルに起用されています。

 

 

ちなみに「ニコラ」時代には、栗山千明さんや沢尻エリカさんもレギュラーモデルを務めています。

 

なお中学時代は当初は地元の福岡市から仕事のたびに上京する生活をしています。

 

ただし当時のこの中学校は芸能活動を禁止していたことから(現在は学業優先を条件に芸能活動を認めている)、蒼井さんは中学時代に母親とともに上京して東京都の江戸川区立葛西第三中学校に転校して卒業しています。

 

 

そのため以降は蒼井さんと母親は東京、父親と兄は福岡で別々に暮らすことになっています。

 

また蒼井さんが上京して本格的に芸能活動をする際には、父親は猛反対したとも言われています。

 

とは言え後に父親は芸能活動に理解を示して、蒼井さんを応援してくれるようになったそうです。

 

このような経緯もあることから蒼井さんは「家族の支えがあったから、現在がある」とインタビューで話しています。

 

加えて中学3年生の時から女優として活動を開始して現在では日本を代表する演技派女優のひとりとされる蒼井さんですが、過去のインタビューで「好きではじめたわけじゃない」と語っており、当時は女優として活動することにさほど乗り気ではなかったことが窺えます。

 

また中学3年生の時には情報番組「おはスタ」の「おはガール」に起用されていました。

 

 

この際には現在はタレントとして活動しているベッキーさんもおはガールを務めていました。

 

【筑紫女学園中学校の主な卒業生】

山本美月(女優)

小柳ルミ子(歌手)

橋本志穂(タレント)

 

スポンサードリンク



 

蒼井優の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:福岡市立東箱崎小学校

 

 

 

蒼井優さんの出身小学校は、地元福岡市内の公立校の東箱崎小学校です。

 

家族構成は両親と1歳年上の兄の4人家族です。

 

 

父親の職業は不明ですが、母親は元キャビンアテンダントと言われています。

 

なお父親は非常に教育熱心で天体マニアでもあったことから、子供の頃は蒼井さんも一緒に天体観察をしたこともあったそうです。

 

また「NEWSポストセブン」の報道によれば父親は近所でも評判の人物のようです。

 

「優ちゃんが小学校に通っていた頃、お父さんはPTA会長をやっていたんですよ。今でも町内会活動やマンションの自治会活動をとても熱心にやってくれている。人柄がよくて人望も厚い。マンションでひとり暮らしをされていますが、寂しいそぶりはまったくナシ。会見で話されていた通り、茶目っ気があるお父さんですよ」(近隣住民の談話)

 

また母親は元CAだけあってすらりとした美人で、蒼井さんが独り立ちしたあとも東京に残って暮らしているとのこと。

 

2歳の頃からクラシックバレエとピアノを習っています。

 

また蒼井さんは小学校時代にイジメに遭ったことをインタビューで明らかにしています。

 

「小学校の頃いじめられたことがあったんです。しんどかったのって、1人ぼっちでいるのを人に見られるのが嫌だったんですよ。軽いいじめだったんですけど」

 

この経験が高校時代にイジメられてる生徒を守るという行動につながっています。

 

また蒼井さんは小学校時代は「魔女の宅急便」が大好きで、次のようなかわいいエピソードも披露しています。

 

「『魔女の宅急便』が好きで、家に赤いカチューシャと黒いワンピースがあることに気付いてしまい『私はキキかもしれない』と本当に思って、ある時家にひとりでいた時に、今だと思って、それを着たことがありましたね」とにっこり。「ベランダにデッキブラシを持って行って『飛べ!』と言っているような子どもっぽい子どもでした。飛べませんでしたけど、あの頃は、信じ込める力がありましたね」

 

 

なお蒼井さんは小学校時代は芸能活動をしていませんが、前述のようにミュージカル「アニー」に出演するのが夢で、当時からこのミュージカルのオーディションを受けています。

 

ただし当時の蒼井さんはとにかく「アニー」に出たかっただけで特に女優志望というわけではなく、将来の夢はバレリーナになることでした。

 

また前述の筑紫女学園中学校には中学受験をして入学していますが、その際には父親が付きっきりで勉強を見てくれて受験対策も指導してくれたそうです。

 

以上が蒼井優さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

演技派として知られ、役作りにもかなりのこだわりで臨む蒼井さん。

 

 

2015年に出演したドラマ「Dr.倫太郎」の性同一障害の芸者の役はまさに一人二役を見事に演じ切った素晴らしいものでした。

 

そんな蒼井さんでも自分の演技に納得がいかなくて、何度か引退も考えたそうです。

 

このような演技に対するシビアな姿勢が、彼女が演技派たるゆえんでしょう。

 

数多くの話題作の連続ドラマや映画に起用されており、今後も出演作は目白押しです。

 

加えて2019年6月にはお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんとの結婚を発表して大きな話題になっています。

 

 

山里亮太の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

ちなみに「恋多き女」として華麗なる恋愛遍歴で知られる蒼井さんですが、過去には以下のような有名人たちと浮名を流したことから、人生の伴侶として山里さんを選んだことは意外性の面でも話題になっていました。

 

三浦春馬

堤真一

鈴木浩介

大森南朋

岡田准一(V6)

長野博(V6)

瑛太

 

 

とは言え公私ともに充実しており、今後もさらなる飛躍を遂げそうですから注目ですね。

 

スポンサードリンク





ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ