戸田恵梨香の学歴|出身高校や中学校の偏差値と高校時代

人気女優の戸田恵梨香さんの出身中学校や高校などの学歴情報をお送りいたします。グラビアが嫌でたまらなかった中学時代や女優として開花した高校時代など、学生時代のエピソードも併せてご紹介いたします

 

戸田恵梨香(とだ えりか)

 

03

 

1988817日生

身長163

血液型はAB型

 

兵庫県出身の女優

本名は戸田惠梨香

 

以下では戸田恵梨香さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

  

小学生の頃から子役として芸能活動を開始して、NHKの朝ドラの「オードリー」や「浪花少年探偵団」などに出演していた。

2003年のヤングジャンプの「制コレ03」にエントリーされる。 

2005年の「ビクター・甲子園ポスターモデル」に選ばれ注目される。

同年から本格的に女優として活動を開始して、「エンジン」や「野ブタ。をプロデュース」などの連続ドラマに出演。 

2006年の「デスノート」で映画初出演。 

2007年の「Presents」で映画初主演。 

2010年の「SPEC」で連続ドラマ初主演。 

以降も「大切なことは君が教えてくれた」や「書店員ミチルの身の上話」などの連続ドラマに主演。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

 

※追記

戸田恵梨香さんは堀越高校を中退している可能性もあります

以前はWikipediaにも「堀越高校卒業」とありましたが現在は削除されています

 

戸田恵梨香さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる堀越高校です。

  

中学生の頃には既に子役としてテレビドラマに出演し、高校卒業を機に上京することが決まっていたので、より芸能活動を幅広くできるように同校の芸能コースに進学しました。

 

また上京と同時にひとり暮らしもはじめています。

 

高校では俳優の石黒英雄さんや植原卓也さん、女優の多岐川華子さんらと同級生でした。

 

戸田さんは高校時代にダンスにチャレンジしていますが、半年で挫折したことをインタビューで話しています。

 

また小学生の頃からずっと芸能活動をしているため、学生時代はアルバイト経験がないことを明らかにしています。

 

01

戸田さんは高校1年生の時から本格的に女優活動を開始して、堀北真希さん主演の「放課後。」で連続ドラマにはじめて出演しています。

 

 

また高校2年生の時には木村拓哉さん主演の連続ドラマ「エンジン」にレギュラーとして起用されています。

 

 

同じ年には亀梨和也さんと山下智久さんがW主演した連続ドラマ「野ブタをプロデュース。」にも出演しています。

 

 

このように戸田さんは高校時代に話題作の連続ドラマに立て続けに起用されており、若手女優としての地位を築いています。

 

また高校時代にCMにも起用されはじめ、KDDIやジョンソンエンドジョンソン、ディズニーシーなどのCMに出演しています。

 

【妻夫木聡と共演したKDDIのCM】

 

【ディズニーシーのCM】

 

なお戸田恵梨香さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校3年生の時にはじめて映画に主演するなど、既に注目の若手女優のひとりだったので、女優活動一本に絞ったようです。

 

また当時は複数の作品を掛け持ちするほどでしたので、かなり仕事で多忙だったようです。

 

そして高校を卒業した年にテレビドラマ「LIAR GAME」で主演して注目されています。

 

 

以降は「コード・ブルーシリーズ」や「流星の絆」、「BOSSシリーズ」などの話題作の連続ドラマに立て続けに起用されて、人気女優の階段を上っていきました。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:神戸市立 鷹匠中学校 偏差値なし

 

 

戸田恵梨香さんの出身中学校は、地元神戸市内の公立校の鷹匠(たかしょう)中学校です。

 

戸田さんは中学時代までは関西の芸能事務所に所属しており、仕事のたびに上京する生活を送っています。

 

 

その美少女ぶりから中学1年生の時には写真集も発売されています。

 

 

また当時から明るい性格でクラスの人気者で、中学時代は同級生とお笑いコンビ「エビマヨ」を組んで、ネタを披露したこともありました。

 

ちなみにこの時は本気で将来は吉本興業入りを目指していますが、後述のように中学卒業とともに戸田さんは上京しなくてはならなくなったので、コンビは解散しています。

 

 

戸田さんはたびたび地元の名物の明石焼きが好物だと話しており、学生時代もよく食べたことをインタビューで述べています。

 

「明石焼きやたこ焼きは学生の頃友達とよく食べました。青春時代の思い出の食べ物。当時は三宮センター街に自分で焼いて食べる店があって、そこは家族ともよく行きました」

 

ただし当時から勉強が非常に苦手だったことを明らかにしています。

 

「塾に行っても全然身にならないし、嫌いなんですね。全部苦手でした。得意なものはなかった」

 

また以前テレビ番組で中学時代のクラス内での成績の順位について聞かれた際には、次のように答えています。

 

「やばいです。もう言えないです(笑)」

 

それでも当時の戸田さんは学校の成績が悪いことは気にもとめずに平気だったと話しており、そのため当時の先生たちも勉強のことであれこれ指導するのは諦めていたとのこと。

 

加えて両親も戸田さんの気持ちを理解してくれて、特に勉強を強制するようなことはなかったそうです。

 

また戸田さん自身も女優になった後は哲学書や心理学の書籍などを読むようになっており、勉強が嫌いでないことに気づいたと話しています。

 

中学3年生の時に「週刊ヤングジャンプ」の「制コレ03」にエントリーして、受賞はしなかったもののメンバーに起用されています。

 

 

ちなみにこの時のグランプリには今野成美さん、準グランプリには川村ゆきえさんが選ばれています。

 

(左から戸田恵梨香、堀切麻紀、近野成美、川村ゆきえ、田代友里恵)

 

当時の戸田さんの貴重な映像がありました。

 

そして中学3年生の終わりごろに現在所属している芸能事務所「フラーム」からスカウトされて事務所を移籍しています。

 

事務所を移籍した経緯についてはトーク番組「サワコの朝」に出演した際に、次のように話しています。

 

「当時グラビアをやっていたのですが、なんかこう水着を着ることにすごく違和感を持っててやめようと思いますと伝えた時に、恵梨香に会いたい人がいると知らされて会ったのが今の事務所の社長だったのです」

 

そのため中学卒業直後に慌ただしく上京しています。

 

 

その際には父親からも「神戸にいないで東京に行きなさい。女優一本でいけ」と背中を押してもらったそうです。

 

戸田さんも父親の決断には「勝算があったみたいですね」と語るとともに、「勉強が苦手だったから」ともしています。

 

そしてこの事務所移籍の際に、「この世界で本気でやっていこうと思うようになりました」と述べています。

 

また上京する際には3人の親友とカラオケ店に行って、19の「以心伝心」という曲を親友たちに「置き土産みたいな感じ」で捧げたエピソードをテレビ番組に出演した際に話しています。

 



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:神戸市立高羽小学校

 

 

戸田恵梨香さんの出身小学校は、地元神戸市内の公立校の高羽小学校です。

 

家族構成は両親と6歳年上の兄、6歳年下の妹の5人家族です。

 

 

父親は神戸市内で少林寺拳法の道場を開いています。

 

 

また6歳年上の兄は超進学校の灘高校に入学して、神戸大学に進学しています。

 

 

また6歳年下の妹は看護師をしていると言われており、戸田さんのインスタグラムに2ショットが投稿されたこともありました。

 

 

子供の頃から明るい少女で、積極的な性格でした。

 

戸田さんは6歳の時に阪神淡路大震災での被災経験があります。

 

町全体が倒壊して、隣近所の方も亡くなりました。いまでもその光景は鮮明に覚えていて、子どもながらに恐怖心や虚無感、不甲斐なさを感じました」

 

小学校の頃から習い事を多くやっており、書道やジャズダンス、ピアノなどを習っていました。

 

両親は戸田さんが興味を示したことを可能な限りやらせてくれたと話しています。

 

また兄とともに父親から少林寺拳法も習っています。

 

 

加えて戸田さんは小学校時代から習い事の発表会など、大勢の観客を前にして舞台に立つことが大好きだったと語っています。

 

その一方で小学校時代から勉強は大嫌いでした。

 

11歳の時に地元の芸能事務所から子役としてデビューしていますが、きっかけは両親が勝手に応募したとインタビューで話しています。

 

「知らないうちに両親が地元の芸能事務所に応募していて、そのオーディションに合格していつの間にか仕事をはじめていたという感じなんですけど(笑)」

 

「ピアノやジャズダンスなど、人前に出て何かをするのが好きだったんです。それで父がそういう方向に進むのがいいと思ったようです」

 

ただし戸田さんもテレビのNG集などを見て、当時から芸能界に興味を持っていたとのこと。

 

 

当時の学校生活は楽しかったのですが、「なにか心が充実していない感覚があって」芸能界入りしたとも話しています。

 

ただし当初はあまり仕事という感覚はなく、自分が興味を持てるもの、楽しめるものがようやく持てたとしています。

 

小学校6年生の時にはNHKの朝ドラ「オードリー」にも出演しています。

 

 

「オードリー」では戸田さんは大竹しのぶさんの幼少期を演じていましたが、出演時間はわずか1分程度でした。

 

それでも脚本を担当した大石静さんが「うまい子だなぁ」という印象を持っていたことを明らかにしており、当時から演技派女優の片りんも見せていました。

 

以上が戸田恵梨香さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

20代前半で女優としてブレイクして、その後は多くの作品に起用され、連続ドラマや映画でも主演するほどの人気女優となりました。

 

もともと演技力には定評があり、様々な役柄も演じ分けることができることで高い評価を得ています。

 

現在でも売れっ子女優のひとりですが、さらに演技力を磨けば大女優になることができる可能性も秘めています。

 

年齢的にも伸びしろがありそうですから、今後の更なる飛躍にも期待です。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ