大友花恋の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

若手人気女優の大友花恋さんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りします。女優としてまい進した高校時代や学業も頑張った中学校時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

大友花恋(おおとも かれん)

 

03

 

1999109日生

身長161

血液型はA型

 

群馬県出身の女優、ファッションモデル

本名は大澤花恋

 

以下では大友花恋さんの出身高校や中学校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 
2012年のドラマ「結婚同窓会」で女優デビュー。 

同年の「悪夢ちゃん」で地上波連続ドラマ初出演。 

以降も「夫のカノジョ」や「恋仲」、「こえ恋」などの話題作の連続ドラマにレギュラー出演。

2013年にファッション誌「Seventeen」のミスセブンティーン

2013で、田辺桃子とともにグランプリを獲得し、同誌の専属モデルとなる。 

2014年の「大人ドロップ」で映画初出演し、「悪夢ちゃん」や「金メダル男」などの映画にも出演。 

20174月よりバラエティー番組「王様のブランチ」にレギュラー出演。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:高崎経済大学附属高校(中退) 偏差値60(やや難関)

※その後他校に転校して卒業

 

 

大友花恋さんが入学したのは、市立の共学校の高崎経済大学附属高校です。

 

同校はその名の通り公立大学の高崎経済大学附属高校ですが、早稲田や慶応といった難関大学に進学する卒業生もいます。

 

またサッカー部が県内では強豪として知られています。

 

大友さんは中学生の頃に女優デビューしたほか、ミスセブンティーンでグランプリを獲得してモデルとしても活動。

 

そんな中でもこのようなレベルの高校に進学できたのは、頭脳も明晰な証拠です。

 

ちなみに後述するように大友さんは公立中学校の出身なので、この高校にも一般受験で入学しています。

 

高校1年生の時には「案山子とラケット」で映画初主演(平祐奈さんとW主演)しています。

 

 

また高校2年生の時には若手女優の登竜門として知られる「全国高校サッカー選手権」の第12代目応援マネージャーに起用されています。

 

 

この高校サッカー選手権の応援マネージャーはそうそうたるメンバーが務めており、永野芽郁さんや広瀬すずさん、新垣結衣さんや広瀬アリスさん、堀北真希さんらが名を連ねています。

 

当時の大友さんへの期待の高さがわかりますね。

 

そんな応援マネージャーに選ばれた際には、大友さんは次のようにインタビューで述べています。

 

「ビックリしました! 歴代の先輩方の姿を家族とテレビで見ていて、「いつか私も目指したいな」と目標の一つにしていました。お話をいただいた時は本当に嬉しくて、心がフワフワしちゃいました(笑)。家族に報告した時はみんな泣いていました。特にお父さんが泣いている姿は見たことがなかったので、親孝行が一つできたと思います」

 

ちなみに大友さんのお父さんはサッカーの大ファンで、弟もサッカーのクラブチームに所属しており、家族の喜びはひとしおでした。

 

また「お迎えデス」や「こえ恋」などの連続ドラマにもレギュラーとして起用されていました。 

 

(こえ恋)

 

当初は地元の高崎市から仕事の都度上京していましたが、往復で約4時間もかかることからどうやら限界だったようで、時期は不明ですがこの高校は中退してしまっています。

 

05

(高校在籍時)

 

ただし首都圏の高校あるいは通信制高校に編入しており(転校先の高校は不明)、高校は3年間でキッチリと卒業しています。

 

なお大友さんは堀越高校のトレイトコース(偏差値37)に転校したとのお情報もありますが、確証はありませんでした。

 

大友さんは2018年3月の卒業の際には、インタビューで次のように話しています。

 

「高校3年間は光よりも音よりもあっという間で 学業と仕事の両立、なんてよく聞くけれど、口にするほど簡単ではなかったです(笑)」

 

高校を転校するくらいですから、やはり学業と仕事の両立に苦しんだようです。

 

そして大友花恋さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業する際には社会人になることを明言しており、今後については次のように話しています。

 

「全てから解き放たれた今、無重量だからこそ動き出せない。動き出したら止まれない無重力のように宙ぶらりんの私はわくわくと不安のサンドイッチのど真ん中にいます。」

 

とは言え入学した高校のレベルを考えると、大学に進学できるだけの学力を備えていたことは間違いなさそうです。

 

以降も、女優としては注目の若手女優として名前が挙がるほどの人気を博していますし、連続ドラマや映画の主要キャストとしても起用されています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:群馬県 高崎市立吉井中央中学校 偏差値なし

 

 

大友花恋さんの出身中学校は、地元高崎市内の公立校の吉井中央中学校です。

 

大友さんは小学校6年生の時に芸能界入りしており、中学校1年生の時にテレビドラマ「結婚同窓会」で女優デビューを飾っています。

 

 

また高校2年生の時には「幽かな彼女」や「夫のカノジョ」などの話題作の連続ドラマにレギュラーとして起用され、女優としての幅を広げています。

 

 

さらに高校2年生の時には田辺桃子さんとともに「ミスセブンティーン」のオーディションでグランプリを獲得して、人気ファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルに起用されています。

 

 

大友さんは高校卒業後も「SEVENTEEN」の専属モデルを続けていますが、同時期には広瀬すずさんや永野芽郁さん、中条あやみさんや西内まりやさんなども専属モデルを務めており、豪華な世代でした。

 

 

このように中学時代も仕事で非常に多忙だったようですが、中学時代の学校の成績は非常によく、学年で4位となったこともありました。

 

また中学時代は学級委員長も務めており、模範的な生徒だったようです。

 

ちなみに大友さんは学級委員長の仕事は「向いている」とインタビューで話しています。

 

「元々クラスメイトがのんびりしていたりすると、『ちょっとそこ、やっておいて』と頼んじゃうほうなんですが、学級委員でもないのに、この場を仕切っちゃったらどうなんだろう? となるのが嫌だった。だったら学級委員になっちゃったほうがスムーズだなと思って。みんなを引っ張っていくほうが好きです」

 

また学校では友達がたくさんいるそうで、クラスメイトたちにも好かれているようです。

 

加えて当時は読書にも熱心に励んでおり、中学時代には既に湊かなえさんなどの作品を読んでいました。

 

 

なお大友さんは芸能活動もあったことから、中学校・高校時代を通じて部活動の経験はありません。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

大友花恋さんの出身小学校は、高崎市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からは、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

高崎市立吉井小学校

高崎市立吉井西小学校

高崎市立多胡小学校

 

家族構成は両親と弟、妹の5人家族です。

 

 

2歳の頃から11歳の頃まで水泳を習っていました。

 

また小さい頃から芸能界に憧れていたことをインタビューで話しています。

 

「普段自分が来ている服とは違うかわいい服をたくさん着られて、その上テレビに出られるなんて羨ましくて」

 

ただし当時は芸能界入りしたかったことは誰にも話していなかったそうです。

 

大友さんは小学校6年生の時に雑誌の読者モデルのオーディションを受けて合格して、芸能界入りしています。

 

「小さいころから女優さんかモデルさんになりたいと思っていました。本格的に考えたのは、よく読んでいる雑誌で読者モデルを募集しているのを見た時です。お母さんに協力してもらって応募したら受かりました」

 

オーディションは自らの意思で受けており、母親からはこれがダメだったら諦めるように言われていました。

 

また周囲に芸能活動をしている友達などがいなかったことから、当時はみんなびっくりしたそうです。

 

ただし小学校時代は目立った活動はしておらず、雑誌のモデルなどが活動の中心だったようです。

 

 

なお小学校時代から女優の仕事に興味があったことを明らかにしています。

 

「小さいころからお母さんが見ているドラマを一緒に見ていて。最初に真剣に見たのは、『小公女セイラ』です。お姫様系の話が大好きだったので、お嬢様が貧乏になってしまうストーリーにときめいたというか、こういう立場になったらかっこいいんじゃないかなと思って。自分もその中でお芝居をしてみたいと思いました」

 

 

以上が大友花恋さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

女優としては中学時代から注目されており、数々の話題作の連続ドラマや映画に出演してきました。

 

 

主要キャストでの起用は多いものの、欲を言えばもう少し主演作がほしいところです。

 

今後は主演作なども出てきそうですし、さらに演技力を磨けば大ブレイクの可能性もあります。

 

彼女の今後の動向には注目です。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ