山根涼羽(AKB)の学歴と経歴|出身高校どこ?大学や中学校の偏差値|オーディションに落ちまくっていた!

 

「AKB48」の山根涼羽さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は山根さんはAKBのオーディションに落ちまくっており、3度目の挑戦でメンバー入りしていました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介します

 

山根涼羽(やまね すずは)

 

 

2000年8月11日生

身長160㎝

血液型はA型

 

兵庫県西宮市出身の歌手、タレント

アイドルグループ「AKB48」のメンバー

本名同じ、愛称は「ずんちゃん」

 

以下では山根涼羽さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

山根涼羽の学歴~出身高校(飛鳥未来高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:飛鳥未来高校 通信制課程 偏差値なし

 

 

 

「AKB48」山根涼羽さんの出身高校は、飛鳥未来高校の通信制課程です。

 

この高校は奈良県天理市に本部がある通信制高校で、札幌市や東京都、横浜市などの全国の主要都市に10のキャンパスを展開しています。

 

山根さんは出身高校を明らかにしていませんが、高校を卒業した2022年3月にツイッターやインスタグラムで高校の卒業証書の画像をアップして卒業を報告しています。

 

 

この卒業証書は飛鳥未来高校のものです。

 

(参考)

 

当初は兵庫県内の全日制高校に通学していました(校名は不明)。

 

全日制高校での推薦面接の際には、「将来はAKB48に入りたい」と面接官の前で話したことを明かしています。

 

当時は帰宅部で部活動などはおこなっていませんが、学校行事には積極的に参加していました。

 

体育祭や文化祭に参加をしており、友人にも恵まれて幸せな高校生活を送っていました。

 

またアルバイトもできる環境だったことから、オーディションがあった時のためにすぐに東京に行くことができるようにアルバイトをおこない交通費を用意していました。

 

そして山根さんは高校1年生だった2016年10月に、AKB48の第16期生オーディションに合格して芸能活動を開始しています。

 

 

そのため単身で上京をしており、本来であればこの時に転校をしなければいけませんでしたが、当時は非常に忙しくて高校の手続きをする時間もありませんでした。

 

加えてはじめての東京での生活だったこともあり、学業と仕事の両立ができる自信がなかったと振り返っています。

 

母親からは仕事と学校のどっちを取るのか聞かれており、山根さんは迷わずAKB48での活動だと答えています。

 

 

以降は通っていた全日制高校に籍を置いて、地元に帰省をするたびに高校に通う形でした。

 

このような形でしたが学校の先生は親切で本来は「欠席」のところ、「課外活動」と記載してくれていたことに心が和みました。

 

とは言え現実は厳しく出席日数が足りなくなったことから、退学になって全日制高校を辞めています。

 

それからはグループでの活動に専念をしていましたが、新型コロナウイルスの影響で自粛期間などもあり、自身の将来について考える時間が多くなりました。

 

山根さんは「中卒」ということを周囲の人に笑われてしまうこともあり、傷ついたため口に出すこともやめていましたが、もしグループを卒業した時に高校卒業資格がないと視野が狭くなるのではないかと考えるようになりました。

 

同時に山根さん自身も高校卒業資格がなかったことに対して、引っかかっていたこともあって高校卒業資格を取ろうと決意をしています。

 

 

そして母親に相談をしたところ高卒の認定試験ではなく、もう一度高校に通うことを勧められており、19歳の時に飛鳥未来高校の通信制課程に入学をしています。

 

全日制高校での単位も認められてことから、高校2年生の後半からやり直しています。

 

この高校に入学後はレポートなどを必死におこない、仕事との両立に努めています。

 

そして21歳だった2022年3月に高校を卒業しました。

 

なお山根さんは高校卒業後は大学には進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業した2022年には、音楽番組「MUSIC BLOOD」に出演しています。

 

またグラビアなども好評になっています。

 

 

今後は個人での活動も増えていきそうで、楽しみな存在ですね。

 

スポンサードリンク

 

山根涼羽の学歴~出身中学校(西宮市立浜脇中学校)の詳細・オーディションに落ちまくっていた!

 

出身中学校:兵庫県 西宮市立浜脇中学校 偏差値なし

 

 

 

「AKB48」山根涼羽さんの出身中学校は、地元西宮市内の公立校・西宮市立浜脇中学校です。

 

中学時代も帰宅部だったようです。

 

 

山根さんは中学時代からAKB48のメンバーになることを目指しており、中学2年生だった2014年にAKBチーム8のオーディションを受けています。

 

しかし最終審査で落選しています。

 

その際には落ちたことによるショックでダイエットをはじめています。

 

ダイエットは順調でしたが、痩せることへの快感がエスカレートしていき、市販薬の下剤を飲んで食べたものをリセットしようと必死だったことを告白しています。

 

山根さんは同時に拒食症に陥っていたことを明かしています。

 

それでも中学3年生の時には第2回AKBグループ ドラフト会議に挑戦しています。

 

 

その際にも最終候補者に選ばれていますが「指名なし」の結果に終わり、グループ入りはできませんでした。

 

とは言えそれでも諦めておらず、前記のように高校時代にグループ入りを果たしています。

 

 

【主な卒業生】

小寺右子(アナウンサー)

やなぎ浩二(吉本新喜劇)

 

スポンサードリンク

 

山根涼羽の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

山根涼羽さんの出身小学校は、地元西宮市内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

西宮市立浜脇小学校

西宮市立香櫨園小学校

西宮市立用海小学校

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

 

父親は温厚な性格で20年間怒られた経験がないとのことです。

 

山根さんは優しい父親が大好きで中学生の頃まで親戚の集まりなどでは、父親の膝の上に座るほどでした。

 

また母親も非常に優しく「世界中の全員が涼羽の敵になってもお母さんは味方でいるからね。絶対に守るからね」という言葉に救われてきたそうです。

 

家族仲が非常に良好であることが窺えます。

 

以上が「AKB48」山根涼羽さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

前述のように何度もグループのオーディションに落ちていますが、執念でメンバー入りしています。

 

 

このところはグループでの活動のほか、単独での活動も増えています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ