山内瑞葵の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|劇団四季出身だった

 

「AKB48」の人気メンバー山内瑞葵さんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は山内さんは小学校・中学校時代に劇団四季の数々の舞台に出演していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

山内瑞葵(やまうち みずき)

 

 

2001年9月20日生

身長160㎝

血液型はO型

 

東京都江東区出身の歌手、タレント

本名同じ、愛称は「ずっきー」

「AKB48」のメンバー

 

以下では山内瑞葵さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

山内瑞葵の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:進学せず

 

山内瑞葵さんは高校卒業後は大学などに進学しません。

 

2020年3月のインタビューで、「高校卒業後はグループの活動に専念する」と述べています。

 

「AKBは私の人生。今年、高校を卒業するので、卒業してからはAKB一筋で、AKBを盛り上げることに専念したい」

 

この月にリリースされたAKB48の57枚目シングル「失恋、ありがとう」でははじめてセンターに起用され、次世代のエースとも呼ばれています。

 

 

高校卒業後は活動の幅も広がりそうなので楽しみですね。

 

山内瑞葵の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:目黒日本大学高校 通信制課程(偏差値なし)

 

山内瑞葵さんの出身高校は、通信制高校の可能性が高いと思われます。

 

 

高校に進学した際や2020年には「この春に高校を卒業する」などとメディアに報道されているので、高校に通学して中退などすることなく卒業すること自体は疑いの余地はありません。

 

ただし堀越高校や目黒日本大学高校(旧日出高校)など、芸能人が多く在籍する主要な高校を調べても在籍情報や目撃情報は一切ありませんでした。

 

また山内さん自身もインタビューなどで、高校生活や定期テストなどについて語ることもほぼありません。

 

これらに鑑みれば、やはり山内さんの在籍する高校は通信制高校の可能性が高いと言わざるを得ません。

 

※追記

2020年2月21日に山内さんは高校を卒業して、画像などとともに公式ブログで報告していますが、この画像によって目黒日本大学高校(旧日出高校)の通信制出身だったことが判明しています。

 

 

また同じAKB48の小栗有似さんや乃木坂46の久保史緒里さんや遠藤さくらさん、賀喜遥香さんが同級生でともに卒業したことも判明しました。

 

その中でもN高校などのスクーリングが少なくて済む広域制通信制高校の可能性が高いでしょう。

 

山内さんは中学3年生の時にAKB48に加入したので、高校3年間にわたってグループで活動しています。

 

高校2年生だった2018年3月のグループの52枚目シングル「Teacher Teacher」で、研究生ながら選抜メンバーに起用されて大きな注目を集めています(楽曲のリリースは同年の5月)。

 

 

当時はグループ入りから1年あまりでしたので、異例のスピードで選抜メンバーとなっています。

 

この際には山内さんは次のようにインタビューで話しています。

 

「嬉しいです! こうして選んでいただいて、頭がごちゃごちゃしています。 選んでいただけたのはファンのみなさんのおかげだと思っていますので、これから私、山内瑞葵のことをもっと知っていただけるように、そしてたくさんの方を『ラッキーずっきー』にできるように頑張っていきたいと思います。ありがとうございます」

 

 

以降もコンスタントに選抜メンバーに選ばれており、グループの主要メンバーに成長しています。

 

スポンサードリンク

 

山内瑞葵~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 江東区立有明中学校(有力) 偏差値なし

 

 

山内瑞葵さんの出身中学校は、地元江東区の有明中学校が有力です。

 

中学ではダンス部に入りたかったのですが、なかったので入部せずに帰宅部だったことをインタビューで明らかにしています。

 

そのため放課後にはダンス教室に通っています。

 

また山内さんは中学時代は小学校時代に引き続き「劇団四季」のジュニアクラスに在籍しており、「葉っぱのフレディ」などの数々の舞台に出演しています。

 

 

しかもすべてオーディションで役を勝ち取っており、ジュニアクラスの中でもかなりの実力者でした。

 

また山内さんは後述するように、小学校時代に会ったHKT48の宮脇咲良さんの影響で中学時代からアイドルを目指しています。

 

そして中学3年生の時にAKB48の16期生オーディションに応募して、見事に合格しています。

 

 

その際はミュージカルへの未練もあったそうですが、アイドルは若いうちしかできないと決断しています。

 

加えて山内さんは小学校時代からミュージカルの舞台に出演していたことから、16期生の中では歌やダンスのスキルが抜群で、当初からひと際目立つ存在でした。

 

 

ただし山内さんは人見知りだったことから、AKB48に加入当初は先輩メンバーとのコミュニケーションに苦労したそうです。

 

山内瑞葵の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

山内瑞葵さんの出身小学校は、地元江東区内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

江東区立有明小学校

江東区立豊洲西小学校

江東区立東雲小学校

 

家族構成は両親と兄、妹の5人家族です。

 

インターネット上には父親は学校の先生との情報もありますが、確証はないようです。

 

山内さんは子供の頃はゲーム機が欲しかったのですが買ってもらえなかったことから、紙で自作のゲームを作ったエピソードを明らかにしています。

 

ミュージカル好きだった父親の影響で幼稚園時代に劇団四季の「ライオンキング」を観に行った際に、劇団四季のジュニアクラスを勧められてテストに合格しています。

 

 

そのため幼稚園時代から歌やダンス、バレエのレッスンを受けており、小学校2年生の時にジュニアクラスに昇格しています。

 

そして小学校時代に「ライオンキング」の舞台にヤングナラ役として出演しています。

 

 

また小学校6年生の時に同じく「ライオンキング」に出演していた宮脇咲良さんと出会っています。

 

 

ほどなくして宮脇さんはHKT48に入りアイドルとして活動を開始したことから、山内さんもアイドルに興味を持ちはじめています。

 

インタビューでも「その時からアイドルというものがどんどん大きな存在になっていきました」と振り返っています。

 

以上がAKB48山内瑞葵さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

劇団四季での実績からAKB48に加入当初から期待が高いメンバーでしたが、グループ入り後も期待通りの活躍でトントン拍子に人気メンバーになっています。

 

 

2020年3月には初のセンターに起用されており、今後もグループをけん引していく存在になりそうです。

 

 

高校卒業後は活動の幅も広がりそうなので、注目ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ